編集長のクリスマスのご報告。

LINEで送る
Pocket

新年を迎えて、いかがお過ごしでしょうか。UmeeT編集長の杉山です。

1週間ほど前に、東大生の非リアクリスマスを特集したこの記事を書きました。

【しらべぇコラボ記事】東大生の圧倒的にツラすぎるクリスマスの実話

すると何人かから、「お前あんなこと書いといて、どうだったんだ自分のクリスマスは」「ゆーてリア充してたんじゃねぇのか」

などと厳しく追及されました。

 

結論から言いましょう。

 

クリスマスは早朝に飛行機を逃し、成田空港で丸一日、誰とも話さずにふて寝してました。

 

「東大非リアクリスマス記事」で別格のクリスマス対策を披露してくれたバヤシコさんを見習い、僕はできるだけ早くイルミネーション輝くこの魔都東京を脱出する計画を立てていました。

年末に鹿児島で所用があることにかこつけて、意味も無く25日早朝の飛行機を予約し、始発の電車に乗ったところまでは良かったんです。

途中でなぜか単純な乗り換えミスをし、成田についたころには飛行機はもう飛んでました

 

クリスマスが僕に残したのは、マイナス2万円のプレゼント(換えの飛行機代)だけでした。

 

結局夜まで空港でふて寝。

深夜になってから、霊験あらたかと呼び声高い「成田山新勝寺」でひたすら世のリア充に呪いをかけました。

12468258_730175823783968_1931019025_n

すごくいい雰囲気のお寺だったんですが、僕の瘴気が移ってか禍々しい写真に仕上がりました。

 

さて、僕みたいにクリスマスがつらかったみなさん。

大丈夫です。今年もUmeeTはみなさんの味方です。

 

新年を迎えた今、UmeeTが誕生後から「いかに一途に非リアを応援してきたか」、振り返ってみましょう。

 

まずはUmeeTのOpen後、長らくぶっちぎりの人気を誇った「男子校の化身」氏による非リア男子校出身者コラム。

中高一貫・男子校のこじらせ男子たちの運命とは

そして男子校のさらなる闇に迫った、第二弾。

【男子校こじらせ第2弾】男子校という名の竜宮城から、社会に帰ってきた僕は。

でも男子校だってリア充になれるんだという希望を掲げた、ミスター東大候補花田くんインタビュー。

男子校出身のイケメンミスター東大候補者と、男子校こじらせの僕が会ってみた

さらには男子校出身であることを全力でポジティブに表現する「男子校バンド」に迫ったこの記事まで。

男子校って、最高じゃない? 全ての男子校こじらせに捧ぐ、俺らが”男子校”だ

あれ、非リアってより男子校応援じゃない?

っていうか男子校記事率が異常じゃない??

 

というわけで、

非リアな方もそうでない方も、

男子校出身の方もそうでない方も、

 

今年もUmeeTをよろしくお願いいたします。

 

 

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

杉山大樹

UmeeT編集長 常にエンターテイナー的でありたいです。 笑論法創設代表・東大エンターテイメント広報部部長

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ