東大生がスナップを撮られたくて原宿を歩きまわったら・・・完結編

LINEで送る
Pocket

スナップを撮られたい

こんにちは、いっちーです。常にスナップを撮られたいと思って日々を生きています。

ストリートスナップ (Street Snap) とは、街で見かける若者たちの服装や着こなしを撮影したスナップ写真のこと。ファッション雑誌などでファッションスナップストスナ(ストリートスナップの略称)と表記されることもある。

ー「ストリートスナップ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年7月18日 (月) 07:54, UTC

URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%97

 

実は以前、その思いを実現すべく寒空の下ひたすら原宿を歩き回ったにも関わらず成果なしで終わってしまったということがありました。

※スナップ企画第一回の模様はこちらから

しかし、転んでもただでは起き上がらない取材陣です。

四六時中、再チャレンジの機会を探していました。

ただ現実は厳しいもの。状況を打開する一手をつかめないまま、ただ虚しく時は過ぎて行きました。このまま再チャレンジしても、どうせまた失敗に終わるだろう。そうした諦めムードが漂っていたのです。

 

そんななか、友人からこんな情報を聞きました。

「俺達、東大ブルゾン作ったよ。めっちゃかっこいいから、スナップ撮ってもらえるっしょ」

aprilfool_woman

と、と、東大ブルゾン!?!?!?

どうやら、東大生であることを誇れない君に。というコンセプトで有名デザイナーとコラボしてブルゾンを作ってしまったとのこと。

写真を見せてもらいました。

ブルゾン

か、かっこいい・・・!!!!

「これならいけるはず」そう確信しました。

※東大ブルゾンの詳細はこちらから

さらに今回、嬉しいことにメンバーもかなり増えました。それだけ「スナップに撮られたい」という思いが共感を呼んだのだと思います。

それでは、今回スナップ撮られることに挑戦するメンバーです!

今回のチャレンジャーたち

エントリーNo.1 いっちー

DSC_1113_1

カメラマンも2人体制です。

前回同様、ブランドで身を固めました。

ソール5cmの靴、イッセイミヤケのプリーツパンツ、そしてコムデギャルソンの水玉シャツ。その上に東大ブルゾンを着て、完璧な装いです。

エントリーNo.2 浪人侍

DSC_1141_1

「月曜から夜ふかし」に出演したとのことです。

前回に引き続きの参加。最近裏原宿のスニーカーショップでバイトを始めて、ファッションに対する造詣が深くなった浪人侍。その20歳とは思えない大人びた雰囲気で、スナップを狙います。

エントリーNo.3 もっちゃん

DSC05667

ブルゾンを着て楽しそうです。

紅一点にして元ユニクロ店員。そしてよくテレビに出ていることでも知られます。どれだけの爆発力をもたらしてくれるのか、期待の新星です。

エントリーNo.4 ひろむ

DSC_1178

タバコを吸う姿、様になっています。

「スナップ撮られる企画やるよ」の声を聞きつけて駆けつけてくれたひろむ君。実はなんと、スナップを撮られた経験があります。

ひろむスナップ

「男は黙ってモノトーン」は一時期流行語になりました。

「俺こそがゲームメーカーだ」と語る彼、圧倒的な活躍に期待です。

※前回開始1時間で帰宅したどぅーんは、今回はベトナムにいるため参加できず。「応援してるで!」のメッセージとともに写真が送られてきました。

楽しそうです。

楽しそうです。

どうでしょう、このメンバー、いけそうな気がしませんか?

大幅なメンバー増強、そして東大ブルゾンの全面的な支援。どうやら機は熟したようです。

次ページ、万全の体制でスナップ企画第2弾スタートです!

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

空回りシティボーイ

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ