イケメン東大生が語る「庭球部は最高の環境」【インタビュー】

2016.04.17
東京大学庭球部

大学で、何をしますか?
 
人の数だけ答えはありますね。
スポーツ、学生団体、音楽…
 
その中で、「大学スポーツ」といえば何を思い浮かべますか?
ラクロス?今話題のラグビー?それともサッカー・野球?
 
たくさんあるけれども、東大での競技人口が多いのは間違いなくテニス、でしょう。
 
せっかく何かやるなら、中途半端より思いっきり本気で打ち込みたくありませんか?
そう、きっと多くの人がやるであろう、テニス、せっかくなら本気でやりたくありませんか!!!!!!
いきなりうるさくてすみません。東京大学庭球部のミナトです。 UmeeTで新歓記事を募集していると聞いて駆けつけました。乗るしかない!このビッグウェーブに!!!


ということで、記事を書こうとなったわけですが、困ったことに頼んでもみんなやってくれない。仕方がないから、僕が頭の中のリトルミナトのインタビュー(脳内)に応じることにした。めっちゃテンション上げて(一人で)答えているので、読んでね!!!!!


【庭球部が誇るイケメン・ミナトさんへインタビュー】

―今日は東大庭球部のミナトさんに来ていただきました!ミナトさん、よろしくお願いします。
 
ミナト:よろしくお願いします!!!!!

―自己紹介をお願いします。
 
ミ:東京大学庭球部のミナトです!3年です!!!
経済学部でめっちゃ経済の勉強をしています!
 
―すごいですね!ミナトさんさすが!東大生の鑑!!!
―早速ですが、庭球部と言うのはテニスサークルですよね?あまり聞いたことないですが…
 
ミ:そうなんですよ、あんま知られていなくて…いや!!違いますから!!!!
 
―え!違うんですか!??
 
ミ:庭球部っていうのは東大公認の部活です!!!!!サークルじゃないんです!!!
庭球部は百年以上の歴史と伝統を持つ部です。
歴史が深すぎて、過去にはインカレ(大学の全国大会)出場どころか、優勝しているOBさんもいらっしゃいます。めっちゃつえー。
 
―そうなんですね…失礼いたしました。

部旗


―気を取り直して、庭球部について詳しく話を聞いていきたいと思います。

【東大庭球部とは?】

―庭球部の方々はどこで練習しているのですか?
 
ミ:本郷キャンパスの端っこのテニスコートで練習しています。そこに部活専用のキレーなオムニコート4面(しかもナイター付き!)と、冷蔵庫・ロッカー・シャワー完備のキレーな部室があります!!!

テニスコートでの練習風景


 
―部活専用のコートがあるのはいいですね。
 
ミ:そうなんですよ。おかげでめちゃくちゃ練習出来てます。コートは日の出から21時まで使い放題です!!正規の練習の時間以外も空きコマや授業後に打つことができます。
ボールも良質なものが物凄い数用意されているので練習も捗ります。これも伝統ある庭球部のOBの方々が支援してくださるおかげです。
 
―確かに、充実した練習環境があるのは部活ならではという気がします。
―でも、本郷だと、1,2年生の間は駒場との移動が大変ですよね。
 
ミ:正直、最初は面倒くさいと思ってました。でも慣れちゃえばすぐ!!瞬間移動したんじゃないかってくらいすぐ。マジで。
テニスサークルと比較しても楽だと思います。実はどんなテニスサークルもいつも駒場で打てるわけじゃありません。駒場のコートが使える日が決まっているので、それ以外の日は外部コートを取って練習することがほとんど。むしろ部活の方が移動はいつも駒場⇔本郷だけなので、お金もさほどかかりませんし楽だと思いますよ。
それから、3年生になってしまえばほとんどの人は授業が本郷になるので、3,4年生になれば環境は最高です!!
 
―なるほど、本郷キャンパスに通うのも思ったより大変ではなさそうですね。
―ここからは、部員について少し話を聞いてみたいと思います。
 

【個性的な部員たち】

―部員の方はミナトさんみたいな完璧な東大生ばっかりなんですか?ゴリゴリの体育会系ばっかりですか?
 
ミ:いやいや、さすがに僕は完璧過ぎますね。まがいなりにも東大生ですから、部員はそんな脳筋ばっかりじゃないですよ。もちろん一部脳筋で東大生なのが怪しい奴もいますが。
すごく個性的で魅力的な人が揃ってますよ。すごくアットホームな雰囲気で、仲の良い部活です。本当は全部員35人を紹介したいのですが…とりあえず3人くらい!
 
まずは2年生!小林悠人くん!

キュートな写真ですね。彼は麻布出身でいつも自分がキュートかどうか気にしています。部室で「僕、キュートですか?」って聞いてきます。
 
というのも男子校で育ってきた彼は、まだ彼女がいたことなく、寂しい日々を送っているそうです。 UmeeTの記事に出てる、「男子校こじらせ」のまさに典型例。

寂しすぎて最近道を踏み外しかけているので、先輩として心配です。彼と付き合ってくれる人、大募集中です!!!!ちなみに彼の汗は凶器並みに臭いです!!!
 
次に僕と同じ3年生にして庭球部のエース・松村一太朗選手!

彼はインカレ選手に勝つ実力者。高校の時にはインターハイにも出場し、鳴り物入りで東大に入学して、1年の時からレギュラーを張っています。
彼はまさに「テニスをわかっている」と思わせる試合をします。的確なコースにショットを放ち、相手を揺さぶり、逆を突く。ベテラントッププレーヤーばりの貫禄ある試合は一見の価値あり。
でも彼は貫禄がありすぎて、バイト先では45歳と言っても突っ込まれず、精神年齢を測れば40越え、好きな食べ物はポテトと枝豆。あれ、これ普通におっさんじゃね…?
 
最後に4年生!今期庭球部男子主将の桑田幸祐選手!
彼の魅力はなんと言っても一生懸命さ。主将として格上の選手に食らいつき、勝つ力強いテニスを見せてくれます。

そんな男らしい、ガッチリとした彼ですが、彼の趣味は誰かれ構わず抱きつくことです!!!怖いですね!!!
でも、彼は自分の力が筋トレのせいで凄まじく強いことを自覚していないので、抱きつかれたり、絡まれた時、40%の確率で危うく怪我をしそうになります!!!本当にやめて欲しいです!!!
 
―なかなかキャラが濃いですね…
 
―何となくですが、庭球部の雰囲気が伝わってきました。ストイックで個性的な人達が集まっている、そんな東大庭球部が目指しているものを聞いていきたいと思います。

【庭球部の目標】

―庭球部の方々は何を目標にして日々活動しているのでしょうか?
 
ミ:庭球部の1年間の最大の目標は関東大学テニスリーグにおける「男子3部昇格、女子4部昇格」です。男子部は現在、関東大学テニスリーグ全7部中4部にいて、9月に行われるリーグ戦での昇格を目指しています。
関東大学テニスリーグは一部あたり6校が所属し男子は全7部あるので、ぱっと聞くと「4部ってそんな強くもねーじゃん」と思うかもしれませんが、それは大間違い。
 
テニスは競技人口が非常に多いスポーツです。1部から3部までの大学は、ほぼテニスの推薦で入ってくる人達で埋まっています。さらにテニスは関東が一強。他の地方から全国王座(団体戦の全国大会)制覇はほぼほぼありません。その強豪ひしめく関東の中で、4部で戦っていて、2014年には4部優勝2015年には4部準優勝しているんです!!!推薦のない大学の中では最上位といっても過言ではないでしょう!!
惜しくも2年連続で入替戦に敗退し、3部昇格の目標は達成できていませんが、今年こそという思いを部員一同が持っています。
また、女子部も昨年8年ぶりに5部決勝トーナメントに進出し、今確実に勢いがあります!
 
 
サークルに入ったor入っている人!
 
「いや、そんなこと言ってるけど、東大オール(サークルの東大の校内戦での上位者)の方が強いわ。先輩はそう言ってたし」
 
と思ってませんか?
 
確かに、5〜6年前ほどまで、サークルの方が強い状態が続いていました。強い人がトマトなどの上位サークルに進んで入っていたそうです。
しかし、ここ最近その現状は完全に変わりました。2〜4年生の東大生の中で一番強い人は庭球部にいると、自信を持っていうことができます。それだけでなく、層の厚さでもどんなサークルよりも群を抜いています。
 
思ったより健闘していて驚きました!!推薦校の壁を乗り越えるべく、団体戦の昇格を目標にして日々の練習を頑張っていらっしゃるということですね。

対抗戦のときの円陣


―男子部は現在関東大学リーグ4部ということですが、1年間の目標に掲げている3 部昇格は実際のところ達成できそうですか?
 
ミ:そこなんですよ。庭球部には相当な実力者が揃っていると自負しているものの、推薦校の壁を越えられていないのが現状です。実際、2年連続3部との入替戦に進出するも、惜敗しています。
それはこれからの部員全員の努力と、新入部員のエネルギーにかかっています!
 
―新しい人達が必要ということでしょうか?
 
ミ:はい、部員全員を刺激してくれるような、テニスが大好きな人たちに是非部活に入ってほしいです!庭球部には圧倒的に上達できる環境があるので、実力は関係ありません!!

【最後に〜庭球部に興味を持っていくれている人へ〜】

―ミナトさん、最後に何か言いたいことはありますか?
 
ミ:はい!!新入生や、2年生以上でも庭球部に入部しようかどうか迷っている人へ向けてメッセージを伝えたいと思います!!
 
皆、実際に見る前から可能性を消すなんてめっちゃもったいないぞ!!!
少なくとも僕には、むしろなぜ庭球部以外でテニスするのかわからないくらい庭球部は最高に魅力的なところだから!!!
 
大学からテニスを始めて経験者と渡り合える実力を身に付けた人もいるし、高校時代に勝てなかった人を追い抜くぐらい上達している人もいるのが庭球部。
 
「やっぱりジュニアからやってるやつは違うな」
「東大生はテニスで他大学に勝てない」
そういう常識を覆してみたくないですか?
 
せっかく大学でテニスするなら、一番強いところで最後の青春、懸けてみませんか?
 
東大庭球部で僕と一緒にテニスする人が一人でも増えてくれることを僕は心の底から望んでます!!
 
今年自分たちは、とにかく「3部昇格」ということを意識し続け、強豪校との練習試合や今までにまして厳しいトレーニングをこなしてきました。
結果、各個人の実力がメキメキとついてきているのを実感していますし、3部がかなり近くなっているのは間違いないです!!
そんな東大庭球部にぜひ、新入生・新入部員の皆さんの力をお借りして、9月のリーグ戦での昇格に向けて、さらなる飛躍を遂げたいと思います!!!
 
―なるほど、熱い話が聞けてよかったです。個人スポーツとばかり思っていたテニスですが、大学の部活ならではの団体戦に懸ける思いがしっかりと伝わってきました。
―ミナトさん、本日はありがとうございました!
 
ミ:こちらこそありがとうございました!!!


はい、最後まで読んでくれたそこのあなた!!
あなたからテニス部員としての素質をひしひしと感じます!
一緒にテニスしましょう!!!セレクションなど全く無いので、興味を持った方はいつでもコートにいらしてください!!!

 
↓新歓ホームページです!!ぜひ見てください!!
https://peraichi.com/landing_pages/view/uttennis2016
 

この記事を書いた人
東京大学庭球部
はじめまして! 東京大学庭球部です。UmeeTのライターをやっています。よろしければ私の書いた記事を読んでいってください!
記事一覧へ