【栄えある初代優勝記事は?】新歓記事コンテスト、ついに結果発表!【16団体の頂点】

max16011528
LINEで送る
Pocket

 

ゴールデンウィークも明け、今年の新歓も大詰めとなってきました。

3月末より開催していた「第一回UmeeT新歓記事コンテスト」、ついに決着です!

追い込みをかけたい上級生の皆さんも、そろそろ決めちゃいたい新入生の皆さんも、ご注目ください!!

【新入生を一網打尽!】 新歓記事コンテスト、開幕!!【募集開始】

ちょうど40日前、新歓記事コンテストの開催を発表してからというもの、

なんと16団体ものみなさまに投稿をいただきました!

部活・サークル・ゼミ・学生団体など、ジャンル問わず結集した東大の魅力の数々。どれも気合と愛のこもった、すばらしい記事でした。ありがとうございました!

 

しかし、お約束のとおり、優勝を決めなければなりません!

 

おさらいです。

最も全力で魅力的な記事を書いてくれた優勝団体には、

『UmeeTが全力でその記事を拡散+全力で優勝団体を取材してもう1本記事を書きます!!』

全力には全力でお応えします。お約束します。

 

 

<審査方法>

  • 記事ごとのPV数により、上位3記事をノミネート。
  • 編集部メンバーで一人1票の投票により決定。

まずは栄えあるノミネート記事の顔ぶれをご覧ください!

東京大学オリエンテーリングクラブ(東大OLK)

足で勝てないあいつをぶっ潰してやりたいキミへ~頭脳のスポーツ、オリエンテーリング~

運動で勝てない奴をギャフンと言わせたい。この感情ってホントに多くの人が共感できると思います。それをしかも頭脳で出し抜けるとなれば、東大生のほとんどは燃えざるを得ないのでは・・・

魅力的なコンセプトに写真や動画を交えて、あまり知られていない「オリエンテーリング」の魅力がビンビン伝わってくる記事でした!

東京瀧本ゼミ 企業分析パート

【瀧本哲史インタビュー】流されるまま東大:消化試合としての人生

顧問でエンジェル投資家の瀧本哲史さんのインタビューを、なんと3部作に渡って寄稿いただきました! 辛口だけどなるほどその通りだと思わされる切れ味バツグンの指摘の数々。

「そのままでいいのか、もっと上を目指さなくて良いのか」と東大生に迫る言葉に、ドキリとさせられた人も多いのでは?

東大フィギュアスケート部

文武両道、才色兼備を目指すなら!〜氷上へのアツいお誘い【東大フィギュアスケート部】

新入生を氷上に誘うとにかく情熱にあふれた記事でした。まず写真が可愛い。なるほど才色兼備。憧れて新歓に行ってみた新入生も多いのでは?

文章からあふれ出す、「見るだけじゃない」フィギュアスケートの魅力。思わず挑戦したくなっちゃいますね。

優勝記事、発表!!

 

大変お待たせいたしました。

 

実はめちゃくちゃ僅差で、何度も同率になっては投票締め切りを延ばした今回の審査。

 

記念すべき第一回優勝記事は・・・

 

足で勝てないあいつをぶっ潰してやりたいキミへ~頭脳のスポーツ、オリエンテーリング~

東大オリエンテーリングクラブ OLK!!!

 

おめでとうございます!!!

知らない人も多いオリエンテーリングというスポーツの魅力を、鮮やかにお伝えいただきました。ほとんど編集を加える余地もなく、初稿をいただいたときから完成度が高かったことが印象に残っています!

他大のOLK新歓へも影響を及ぼし、今年の新歓の顔と言っても良いでしょう。

 

130以上もリツイートされました。
というわけで、OLKのみなさま、なんらかの形で僕たちに記事を書かせてください! ご連絡させていただきます!

 

そして参加してくださったすべての団体のみなさま、ライター担当のみなさま、ありがとうございました! 是非また書いてください! 団体告知第二弾でも、全然別のネタでもウェルカムです!

 

またお会いしましょう!

 

LINEで送る
Pocket

max16011528

ABOUTこの記事をかいた人

杉山大樹

UmeeT編集長 常にエンターテイナー的でありたいです。 笑論法創設代表・東大エンターテイメント広報部部長

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ