【東大入試】白熱議論10時間!現役東大生が東大現代文をガチで解いてみた【2017年度解答速報】

eye-min
LINEで送る
Pocket

こんにちは、三度のメシより議論が好きなSchipです。

この前の土日は東大入試でした。受験生の皆さん、本当にお疲れ様です。

ところで、東大現代文の模範解答に、完璧な正解はないことをご存知ですか。

先日SchipとUmeeTで共催した【東大現代文解答コンテスト】では、こんな話になりました。

どの模範解答もそれなりに欠点を持っている。

だからこそ、それを問うをぶつけることが、東大現代文攻略の近道だ!

記事はこちら: 【東大現代文】某予備校の得点は58点??模範解答って本当に正解??【東大現代文解答コンテスト】
(大反響ありがとうございました!)

ならば、出来たてほやほやの2017年の入試でも議論するしかない!

ということで、やります。

現役東大生による、2017年の東大現代文についての白熱議論の幕開けです。

※解答例だけ先に見たいという方は仕方ないですが →  こちら


schip_logo_both@285
―解くから問うへ― Schipとは?

解き方を学び、問題を解く時代から、

問い方を学び、問いを立てる時代へ。


IMG_6301

2017年の東大現代文は、伊藤徹『芸術家たちの精神史』から出題された。
問題は こちらで入手できる(2017/3/2時点)。

この記事は、ぜひ自分で問題を一読してから読み進めてほしい。

問題文の主題は、テクノロジーと人間の関係性だ。大学では「科学技術社会論」で学ぶ内容である。人工知能の台頭もあいまって、現在大注目の分野である。東大では 教養学部の学際科学科などで学べる (ファンキーな髪型の教授がいる)

難易度は、そこそこ。一昨年の『傍らにあるということ』には遠く及ばないが、昨年の『反知性主義者たちの肖像』と比べると難しい。例年より、全体像を理解して記述することが求められる作問構成であった。

IMG_6302

今年の大注目ポイントは、設問が一つ減ったことである!

これは何を意味しているのか…。

しっかり問うて解答を書いてほしいという東大からのメッセージなのだろう(そしてこれはSchipのメッセージと全く同じだ)。

設問を一つ減らした分、一つひとつの問題を深く考えてほしい。その声に耳を澄ませながら読み進めていこう。

闘いに挑むのは、この三名である。

icon_kodama-min

こだま

・学んでいるもの:言語学
・東大の好きなところ:食堂で温かいお茶が無限に飲める。
「お寿司だけは議論と同じくらい好きです。」

icon_taniguchi-min

ユージン

・学んでいるもの:社会学
・東大の好きなところ:キャンパスが広い。
「好きなスミスはアダムです。」

icon_kameoka-min

かめ

・学んでいるもの:教育学
・東大の好きなところ:綺麗な建物と汚い建物が同居しているところ。
「本に埋もれて死ねるのなら本望です。」

次ページ:人間がハマってしまった落とし穴

LINEで送る
Pocket

eye-min

ABOUTこの記事をかいた人

解くから問うへ Inqiuring based learning https://schip.me

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ