【五月祭】クラリネット、サックスの魅力を堪能。クラ同サク同合同演奏会

2016.05.12
東京大学クラリネット同好会

皆さんこんにちは!
東京大学クラリネット同好会・東京大學サクソフォン同好会です。
 
突然ですが
クラリネット」「サクソフォン(サックス)」って楽器、知ってますか?
 
「は? 東大生なめてんの?ww そのぐらい分かるわ。あの壊れちゃうやつ(※かの有名な童謡)でしょ。」
「サックスってなんかかっこいいやつだよね。ジャズとかで使うあれ。」
 
じゃあ、その音色、しっかり聴いたことあります? どんな音が出るか知ってますか?
 
「…」
 
…そう、この2つの楽器、知名度はそこそこあるけれど、その本質はあまり知られていないんです。
 

クラリネット、サックスって、どんな楽器?

それでは、簡単な楽器紹介から始めたいと思います!
(知ってるよと言う方は読み飛ばしてください汗)
まずはクラリネット。簡単に言うと黒い縦笛です。グラナディラという木でできている木管楽器です。木管特有の、柔らかくてあたたかな音色です。最低音から最高音までの幅が広く、伴奏からメロディーまで吹きこなす万能選手です。

サクソフォンは、金属でできた木管楽器です。もともと、吹奏楽において金管楽器と木管楽器の橋渡しをするために発明された楽器。金管の華やかさと木管の柔らかさを兼ね備えた楽器です! 音色や音量に幅があるため、ダイナミックな演奏が特徴です。

クラリネットもサックスも、楽器の長さや管の太さの違いで種類が分かれていて、音の高さや音色にバリエーションを持たせることが出来ます。
 

アンサンブルの魅力

私たち東京大学クラリネット同好会・東京大學サクソフォン同好会は、今回の五月祭にて、合同でアンサンブルコンサートを開催いたします!
大規模なオーケストラや吹奏楽が好きな人は多いと思いますし、演奏を聴く機会も沢山ありますよね。でも、クラリネットアンサンブルやサックスアンサンブルって、なかなか触れる機会がないのではないでしょうか? 単に規模や雰囲気に圧倒されるのではなく、個々の楽器の音をじっくり楽しめるのがアンサンブルの魅力です。
 
「…いや、そうはいっても管楽器だし、クラシックとかそういうお堅い曲ばっかやるんでしょ?」
「音楽あんまり詳しくないし、たぶん私寝ちゃうと思う」
そんな方のために、次はこの演奏会の見どころを紹介します。
 

見どころ紹介

その1 幅広いジャンルのプログラム構成
演奏するのはクラシックだけではありません! 団員が作曲したオリジナル曲から、あの有名な名探偵コナンのテーマ超絶技巧を盛り込んだゲーム音楽メドレーまで、様々なジャンルの曲を演奏いたします。耳にしたことのあるメロディーに新たな彩りを添えてお届けします。
もちろん、『トルヴェールの「四季」より 夏』や『クープランの墓』など、ハイレベルな曲も! 経験者の方も存分に楽しめる内容ではないでしょうか(^^)
このように、詳しい方もそうでない方も楽しんでいただける構成になっています!
 
その2 個性豊かなメンバー
クラ同、サク同のメンバーは、現役東大生を中心に、社会人や音大生も所属しています。
さわやかサックス奏者に、

頭おかしい面白いクラリネットのお兄さん方、

※写真中の扇風機は演奏では使用いたしません。

ゆるふわ(?)東大女子

華麗に連符を吹きこなす激つよメンバー

など。
どうでしょう?
こんな人たちが一体どんな演奏をするのか、ちょっと興味が湧いてきませんか?
湧いてきましたよね?()
 
皆さまのご来場、団員一同心よりお待ちしています!!
五月祭2日目のランチの後はぜひ二食ホールへ(^^)
 
【イベント概要】
クラ同サク同五月祭合同演奏会
日時 5月15日(日)13:00開場 13:30開演
場所 安田講堂エリア 第二食堂三階 ホール
 
 
facebookイベントページにて曲紹介を行っています!
こちらを読んでからご来場いただくと7割増で楽しめます。(たぶん)
https://www.facebook.com/events/866961883412423/

この記事を書いた人
東京大学クラリネット同好会
はじめまして! 東京大学クラリネット同好会です。UmeeTのライターをやっています。よろしければ私の書いた記事を読んでいってください!
記事一覧へ