男2人で東大女子会に潜入してみたら、本音が聞け過ぎて変な汗出てきた件

2016.04.27
男子校の化身

biscUiT女子会ってなに?

2月某日、渋谷ヒカリエの近くで、ある特殊なイベントが開かれました。
男子率8割の東京大学の女子が30人近く集まり、東大OGの皆川恵美さんと初代ミスター東大の山口幹生さんと恋愛について語るという、biscUiT主催のイベントです。
(※biscUiTとは・・・東大女子により年2回発行されている東大女子向けのフリーペーパーの名称。またそれを発行している団体の名称。)

「社会に出ると、恋愛対象として見られにくい。」
「逆に、圧倒的男子率の東大では引く手数多でモテモテである。」
そんな都市伝説の当事者たちの真実のつぶやきを、UmeeTの男2人で取材させていただいてきました!

さらに恋愛経験豊富な初代ミスター東大による、モテるテクニック(通称モテック)は、取材陣が聞いても確かにおちるな・・・という折紙付のものです!
今後の人生で確実に使えるものだと思います!

東大女子ってぶっちゃけ需要あるの?

左が初代Mr東大の山口さん、右がOGの皆川さん


まず最初に出た話題はやはりこれ!
「東大女子って需要あるの?」
東大男子として言わせてもらえば、需要はあります。
だって男女比8:2ですよ?
1人につき4人は候補がいるわけですから、その内1人くらいは好きになってくれる人がいるはずです。

おっと、ちょうどこの話が出てきました。
「バイト先でモテないって言うと、『いっぱい東大に男いるじゃん。なんで彼氏出来ないの?』って言われるんです。」
”いや、そういう問題じゃないんだよなぁ”と思った東大女子!
そんな東大女子の心の声がこれではないでしょうか?
「女子なら誰でもいいって言う人はありえない。他大女子がいいとか言う東大男子も始めから眼中にない。そうやって除外していくと付き合いたい人がいなくなる」
あっ、僕たち東大男子が逆に東大女子から引かれてる部分があるんですね・・・

そういえば「東大女子はオシャレに無頓着!」とか言ってディスる東大男子いるじゃないですか?
でもテレビを見ているとヒールを履いて、服装もファッショナブルな東大女子が多いです。
そこで僕は気付きました。おそらく東大女子はこう思っているのです。
「なんでおめえらみたいにダッセー男どものために無理してオシャレしなきゃいけねぇんだよ。人に物言う前に、まずそのチェックシャツ脱ぎ捨てて、寝癖直してこいや!」
女子って怖いです・・・(全部妄想)
東大女子がオシャレになれないのは東大男子がダサいからなんですね。
今日確信に変わりました・・・(切腹)

人のフリ見て我がフリ直せ

余談でしたが、東大女子はモテないっていうか、「(彼氏作る気を)モッテない」人が一定数存在してますね。
裏を返せば、彼氏を作ろうと思えば作れる人がいるわけです。
実際今回の女子会の参加者の中にも彼氏持ちの方が多数いました。(これめっちゃ意外でした。非リアだからこそ、女子会してるイメージだったので)
なんならこんな贅沢な悩みまで飛び出していました!

モテすぎるがゆえの悩み

常に異性との出会いを求めている東大男子の我々としては、なんとも驚きの悩み。
入学して初めてできた彼氏が、人生で初めての彼氏だった方の悩みなのですが・・・・。
「彼氏との別れ方がわからない」
付き合うという経験が高校時代までまったくなかったため、異性と付き合うという経験が、今の彼氏で絶対化されていて、不安だということなのでしょうか?
確かにキャンパス内でも、男子学生の数は圧倒的に多く、きっと彼女たちは引く手数多なのでしょう。
そんな中で、より良い将来の旦那さん候補を探すためには少なくとも数人との恋愛経験の中で比べる基準を設けることが重要なのかもしれません。
しかし、彼女の悩みは、これぞ東大女子というものでした。
「スキルとして、彼氏との円満な別れ方がわからない」
何に対しても、理屈や妥当性の高い方法論を欲してしまうのです。

モテるエピソードだったはずが、東大女子らしいこじらせエピソードのようになってしまいました。
話に耳を傾けていると、次々と東大女子こじらせが飛び出してきました。

東大女子こじらせ

男子校こじらせならぬ、東大女子こじらせ。
実際に社会に出て、独立して仕事をしている皆川さんは、 最も恋愛をこじらせていた時期のエピソードを紹介してくれました。
東大女子には、普通の女子には考えられないような、偏差値のたか~い恋愛の悩みがある。

「彼氏と話してても楽しくなくて、それなら家で本読んでるほうが楽しいなって。」

「勉強はやった分だけ成果が出るけど、恋愛はそうじゃない。生産効率性を求めた結果、恋愛から遠ざかってしまいます。」

「相手の行動パターンが大体読めるようになると、学習完了。そろそろ別れた方がいいのかな…と思っていました」

 これは・・
思わず我々も顔を合わせて、苦笑いを浮かべてしまいました。
ここまでこじらせていると、正直恋愛対象としては見られないかも知れません・・・
このようなこじらせを聞いたMr東大の山口さんがポイントとして挙げたのは「恋愛経験」
恋愛経験の量がものをいうと言います。

恋愛経験は一瞬で見抜ける

山口さんは参加者の東大女子の中で、モテるだろうという女の子を会話やしぐさの中で、すぐに見抜いておられました。
その女の子は、中高と女子校で育ってきました。
大学に入ると同時に、せっかくなら、男子と積極的に触れ合ってみようと思い、入学後男子と積極的に二人でご飯を食べに行ったそうです。
その中で、自分と最も相性のいい男の子を見つけ、見事射止めたそうです!
 
「初対面の人や、そこまで仲が良くない人とも積極的に交流することで、そのスキルを自分の中で体系化することができ、運命の出会いがあった時、自信を持って動けるようになる」
山口さんはこうおっしゃりますが、このように積極的に行動出来る人ばかりではありません。
異性とのコミュニーケションに自信がない方も多くいます。

恋愛経験の少なさが邪魔をする

「東大女子は恋愛と勉強を比べると、圧倒的に勉強と向き合ってきた時間が長い。その結果、恋愛経験が少ない人が多いから、自分が本当に好きな人に出会ったときに相手を喜ばしてあげるテクニックが不足している傾向がある。」
そう語る山口さん。
すぐに実践できるモテる法則を男の立場から伝授して下さいました。

何かをしてあげる方が気持ちがいい

「東大女子はポテンシャルが高いので、甘えるという経験が不足している人が多い」
確かに東大女子ってなんでも自分で出来てしまうし、出来ないことでも自分なりに調べてやってしまいます。
それが悪いこととは言いません。
むしろそれが東大に合格した由縁と言えるでしょう。
ただそんな才能は恋愛の前では無力です!東大女子の皆さん!男子をとことん使ってやってください!

ミスターが落ちた、最強の小手先モテック

話の中で、恋愛経験豊富な初代ミスター東大の山口さんが、ご自身の経験を踏まえて明日から使える最強のモテック(モテテクニックの略称)をご教授くださいました!

すでに意中の男性がいる方には、耳寄りの情報ではないでしょうか。
とてもシンプルな方法です。

バーって走って行って
上目遣いで
「明日空いてない?」
空いてないって言われたら
「空けて」
と言う。

「明日空いてない?」

これ、真理です。
男は、単純なので、本当に少しでも脈ありな子だったら即落ちます。

ちなみに男子校の化身のおすすめモテックは

「避けてもいいんだよ?」って言いながら、意中の相手にキスを迫る

こんな経験があるわけではありませんが、これをやられて避けられる男なんていないはずです。

ぜひぜひ試してみてください(笑)

・・・とはいうものの、「東大女子のモテ期は大学生まで」なんて言葉をよく耳にします。

社会人になった東大女子ってバリバリキャリアウーマンみたいなイメージがあるので、より近づき難い気がします。

実際のところはどうなのでしょうか?

東大女子って社会に出るとモテないの?

「まずモテる以前に、不利だなぁと思う瞬間がよくあります。必要以上にミスをしたときに『東大女子なのに』という言葉が使われている気がします。」

女の子が東大に入ると損することがあるという認識がいまだに親世代の中では根強く残っており、それが東大の男女比率の改善の妨げとなっているという分析もあるようです。

一方女性の立場から皆川さんの経験談。
「別業種や同じ職場で普通に結婚して、家庭を築いている女性は沢山います。男性に変わって、大黒柱として支えているというような人もいます。」
大学時代は他大の男子から敬遠されがちかもしれませんが、職場に入ってしまえば必要以上に気にすることはないのかもしれません。

「昔はまさに東大生同士で結婚して、夫が海外赴任することになって、それに付いて行くために仕事を辞めるみたいなケースがありましたけど、今は自由度が上がっていると思います。社会の価値観が変わってきているのかな。東大女子は自分で選択する力があるので、「自分にとって」 何が大事かということをまず考えておくことが大切です。」

今ではもうキャリアウーマンなんて当たり前の時代です。夫に合わせて、自分のキャリアを諦める「必要性」はなくなり、あくまで「選択肢」の1つに落ち着きました。
自分の志望する会社に入れば、仕事の話などで盛り上がることが出来る男性との出会いがあるでしょう。
そこできっと生涯をともにする男性も見つかるはずです。
東大女子だからこそ、「結婚」などという社会の枠組みにはめ込まれることなく、何も恐れずに自分の進みたい道を選択して進んでいけばいいのではないでしょうか。

東大女子会に興味を持たれた方へ

次回の開催はまだ正式に発表されていませんが、またいつか開かれる日が来るはずです。
いつも東大女子同士で集まって話しているのとは少し違った視点で、先輩や知らない子の話を聞いてみるのも貴重な体験になると思います。
今回の記事を読んで、共感するところが1つでもあった方はまず半年に1度発行されるキャンパスに置かれているフリーペーパー『biscUiT』を読むところから始めてはいかがでしょうか?
【biscUiT情報】
メール:biscuit.todai@gmail.com
Twitter:@UT_biscUiT
facebook:東大女子のためのフリーペーパーbiscUiT
HP:http://utbiscuit.xxxx.jp/

この記事を書いた人
男子校の化身
はじめまして! 男子校の化身です。UmeeTのライターをやっています。よろしければ私の書いた記事を読んでいってください!
記事一覧へ