「【Q:スキー部って夏に何やってるの?? A:70km走ってます】スキー部が夏に行うトレーニングに密着」のサムネイル画像

【Q:スキー部って夏に何やってるの?? A:70km走ってます】スキー部が夏に行うトレーニングに密着

2021.04.15

初めまして、上田です!

私、スキー部に入ってるんです〜

さて突然ですが

「スキーやってるんです〜」っていう人がいたら、どう思いますか?

イケてそう

かっこいい

かわいい

夏何やるの??

こんな風に思われてるかと思います。特に最後の「スキー部夏何やってるの問題」は私たちがn回聞かれる質問であり、毎回私たちは困ってしまいます。

…それは、何もやっていないからではありません。

説明が難しい…(゚∀゚)

もちろん基礎体力作りのためのランニングや筋トレはしているのですが、下手するとそれしかしないおもんない部活と思われてしまうのです。

しかぁし、そんなことはありません!

①スキー部って夏何してるの?

一口にスキーと言っても、様々な種目があり、スキー部ではアルペン、クロスカントリー、ジャンプの3つのパートに分かれています。(皆さんが思い浮かべるスキーはアルペンスキーです)

それぞれ競技の特性が全く異なるため、夏のトレーニングも違います。

そして、今回紹介するのは雪上のマラソンこと、クロスカントリースキーの夏トレ!

は?

おいおい、話が違うぜ、騙しやがったな!

そんなよく分からん競技のこと見にきたんじゃねぇぞコラァ!

そうお怒りのみなさん、ちょっと待ってください。

皆さんはスキーの始まりっていつだか知っていますか??

スキーはリフトなんて無かったその昔、紀元前から存在しているのです。

じゃあスキーをかついで山を登っていたのか?

まさか、違います。

スキーは移動手段、狩りの手段として誕生、発展したのです!!

現在よく知られるスキーは下りでないと滑ることができませんが、狩りの手段としてのスキーは自分で推進力がえられるので、雪原や雪山を自在に駆け回ることができます。

そしてそれが現代に残っているのがクロスカントリースキー。 

つまりこれは、スキーの原点なのです!!

原点、ルーツを知らずして語るなんて東大生のプライドが許せますか?

許せないでしょうねぇ。

じゃあ続き、読もっか?

で、結局クロスカントリースキーの夏トレでは何をしているのか。それが「ローラースキー」です!

先ほどの画像にかなり似ていますよね??

実際、板を履いてるのか、ローラーを履いてるのかが違うくらいで、ブーツやストックは同じものを使ってるんです!

さあそして今回は、このローラーを使って、70kmの道のりを走ります。

地獄のレースの始まりです!

②ローラー

それでは実際にどんなことをしているのか、皆さんに地獄のレースの様相をお見せします。

出走者はこちらのバカ2名。

私上田と前主将です。

天気と景色が最高ですね!

コースは、新砂からスタートして、彩湖(画像のさいたま市の辺りの湖)まで行き、戻ってきます。

スキーは移動手段だということを証明して見せましょう!

片道35km、往復70kmの地獄のレース、スタートです!!!

先が長いので、ゆっくり進んでいるとスカイツリー発見!

映えてる〜

8km、17km地点通過。

この辺は普段もやる距離なので、まだ余裕ですね

大体20km地点。

普段はここの付近で練習しています。

お花がきれい〜〜

こんな感じで走ってます〜

そしてついに折り返し!!

ご飯を食べる場所を探す変態

ようやく半分です。

だがここからが長かった、、、

 

休憩、給水給食を挟みながらようやくここまで。

ラスト1km!

この1kmが体感5kmくらいに感じました。長すぎる、、

そして感動のゴール!!!

達成感でいっぱいです!

ラスト10kmが本当にしんどくて、無限に感じてました。

足もつりかけましたが、なんとか無事完走!

9:00にスタートして、ゴールはなんと17:00

もう二度とやらんぞ、、、

③まとめ

まずは一点。

安心してください、普段はこんなことしませんよ!

実際私たちが冬に出るレースは10kmや15kmの距離です。

練習もせいぜいそれよりちょっと長いくらいです。

(ただ、ワールドカップなどでは50kmのレースもあります。恐ろしい、、)

そして二点目。

冬はちゃんとスキーしてますよ!

OB・OGの方々やコーチの方々をはじめ、様々な方々のおかげで、東大スキー部はスキーをするのに最高の環境が整っています!

色々な面で、非常に恵まれた環境でスキーに真剣に打ち込むことができます!

部所有のロッヂ「白嶺荘」。スキー場まで歩いて行けて、一泊500円で泊まれます。

冬は仲間と一緒にここに籠もってスキー三昧!

そして、ここまで読んでくれた皆さん、

こういってはなんですが、別にスキー部に入ってくれなくてもいいんです。(本末転倒

ただ、これを読んで面白いな、とクロスカントリースキーに少しでも興味を持ってくれれば、それ以上に嬉しいことはありません。

北欧でクロスカントリースキーは、老若男女楽しむ超メジャースポーツで、通勤通学で使われるくらい生活の一部になっています。

だから、競技としてやらなくてもいいんです。

ゲレンデスキーと同じように、レジャー感覚で楽しむこともできます。

下記の場所では道具のレンタルもでき、普通のスキー場からも近いので、オススメです!

白馬クロスカントリー競技場(スノーハープ)

童話の森スノーウェーブ

そして、もし私たち東大スキー部にも興味を持ってくれたなら、ぜひ説明会、練習会等参加してみてください!!

随時、男女問わず、選手・マネージャーを募集しています!

最新情報はTwitterにて発信中!

もちろん、今回紹介したクロスカントリー以外

にもアルペン、ジャンプとやっています!

こんなことできないよ〜と思った方も安心してください。(クロスカントリーも普段はこんなこと絶対にしません)

Twitter

HP

P.S.

一応”アルペン、ジャンプの夏トレーニングも紹介しておきます。

アルペン:「グラススキー」

ジャンプ:「サマージャンプ」

え?

こっちの方が面白そう?こっちの話を知りたい?

それなら是非、説明会や練習会に参加して直接部員に聞いてみてください!

お待ちしていま〜す!!

この記事を書いた人
東大スキー部
はじめまして! 東大スキー部です。UmeeTのライターをやっています。よろしければ私の書いた記事を読んでいってください!
記事一覧へ

こんな記事も読まれてます