「僕はみかんで生きてゆく」こたつみかんから始まるサクセスストーリー。

LINEで送る
Pocket

「蛇口からみかんジュース」の伝説

— そのあと、5月祭ではみかんジュースを蛇口から出すというイベントをやって、話題をさらいましたよね。

 

大きな理念掲げちゃったし、なんかやらなきゃなと。色々考えていた時に、「蛇口からみかんジュースを出す」というイベントが東京タワーで行われるらしいとTwitterで知って。次の日にすぐ行きましたね

 

— 行動早い!

 

「僕、みかん愛好会をやっていて・・・」といきなり提携をお願いしました。

五月祭まで1ヶ月を切っていて、イベント開催のための手続きは締め切られていたのですが、必死に五月祭委員会と交渉して、なんとか許可していただきました。

 

12179478_746317562166573_2075183782_n

蛇口からみかん。

— 1ヶ月前から準備して蛇口からみかんジュース出したんですか

 

ギリギリでしたね。でも蛇口企画があったことで、適当そうに見えるサークルだけど、すごいじゃんみたいな評判が立って。これが転機だったと思います。

メディアに取り上げてもらったので、それを実績にあらゆるみかんに関わる人たちに営業をかけました。まずは日本園芸農業連合会。みかん農協というみかんのプロモーションの部署もっているところで、今年1月にみかん5000個無料配布の協賛となって下さいました。

若い人がみかん食べてないことに問題意識があったから、向こうも自分たちのしている活動を求めていたようで、歓迎してもらいました。

 

— みかん無料配布、私も美味しくいただきました。

 

そうやってつながりを増やしていったことが、今のさまざまな企画に生きてます。

東大前のらーめん山手とコラボしたみかんラーメンとか、みかん酒飲み比べ、東大美女図鑑とコラボした合格いよかんJTBと連携したみかん電車……

 

IMG_0038

らーめん山手とコラボしたみかんラーメン!!

— そんなにいろいろやってたんですか!? らーめん!?  電車!? ものすごい面白そうな企画やってるじゃないですか! 単なるみかん好きの集まりかと思ってたの、反省です……

 

話題を作った甲斐あって、2015年の新歓では60人が入ってくれました。

お話してきた通りみかん愛好会は名前のゆるさに反して、実は企画をガリガリ回していく団体なので、セレクションも検討したんです。

でも僕自身セレクションに苦い思い出があったこともあり(笑)、セレクションは一切せず、むしろ新歓を通してみかんの魅力に目覚める「ガチみかん好きを育てる」というコンセプトで新歓イベントを充実させました。

デザインワークショップやアイディアワークショップをしたり、みかんラーメンの商品開発を入会希望者と一緒にやったり。

 

— 充実してますね。

 

はい!この新歓イベントが効いたのか、たくさんの1年生が企画の最前線で活躍してくれています。あのときセレクしていたら、入ってくれなかっただろう子までみかんに目覚めて活躍してくれてるのは感慨深いですね。

ちなみにこの新歓戦略が評価されて、面白法人カヤックの学生新歓コンテストで準優勝しましたよー。

 

— どこがユルいんですか、もうガチじゃないですか笑

スクリーンショット (162)

— 現在のみかん愛好会は、メンバーにとってどんな場になっていると思われますか。

 

プラットフォームかなと思っています。

単にみかんが好きなだけでみかん愛好会に入ったメンバーが、例えば活動で産地に行ったのをきっかけに農業や地域活性化に興味を持ったり、みかん愛好会の繋がりを生かして個人では出来ないような大きな企画を実行したり……

あとはメンバーのアイデンティティにもなれているんじゃないかな。みかん愛好会に入ってるって自己紹介、つかみが良いんです。

メンバーの他のコミュニティーでのあだ名が大体「みかん」関連だったり(笑)

みかんで億、狙ってます

IMG_0451

自分の話をするより、みかんの話をする方がイキイキする清原さん。「このみかんは珍しい品種で・・・」

 

— 今後たくらんでいることはありますか?

 

みかん愛好会とはまったく別に、「株式会社みかん」を立ち上げようと思ってます。

 

— 株式会社みかん!?

 

みかん産地ってお互いライバル意識があって、あんまり協力できてないんですよね。そこを、愛好会で培った人脈を活用しながら、つなげていけたら面白いかなと。

実は温州みかんだけで3500億円の市場があります。0.1%でも3億円。チャンスはあるかなと。今はビジネスモデルを練っている段階です。

 

— ほんとに人生みかんに捧げる感じですね!

S__32858127

みかん愛好会立ち上げ期の一枚。

一回、脇道にそれてみたら?

— では、最後に、同じように進路に迷う東大生に、何か一言お願いします。

 

頭は良いけど、その分「これしなきゃいけない」とか、「こういう進路にいかなきゃいけない」、と思っている人が多いかもなと。

でも、ちょっとくらい脇道にそれてみてもいいんじゃないですか?

僕は、みかん愛好会を作るなんていう、思いっきりの脇道を突き進んだおかげで、いまや「それで生きていこう」と思えるくらいになっていきました。

みなさんの軸も、もしかしたら脇道に転がってるかもしれません。

 

IMG_0457

— みかんへの愛を信じて突き進む。そのエネルギーがみかん愛好会を作ってきたんですね。教祖っぽさすら感じさせる清原さんの雰囲気、その源がわかった気がします。

みかん愛好会は駒場祭でファッションショーを予定しているそうです。みかんが好きな人、清原さんに会いたい人は是非行ってみては。

 

みかん愛好会のホームページはこちら▼

http://mikanclubuticu.wix.com/mikanclub

あわせて読みたい

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

Kansiho

前代表。東大文学部、ネットサーフィンとウェブ制作が趣味です

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ