【コラム】忙しいあなたに。レンチンのすすめ

2020.04.03

あやか

こんにちは。UmeeTライターのあやかです。今回は初めてのコラムを書いてみます。

私が最近ハマってるもの、それはレンチン料理です。レンチンってなんやねん、って思う方もいると思いますが、レンジでチンする料理のことです!!(そのまま)

これ、よく最近の料理研究家さんたちがTwitterでレシピを挙げていたりしますよね。ハマっているって言ってもほんの一ヶ月前くらいに知ったばかりなんですが、このレンチンレシピ、控えめに言って最高です。もう一度言います。マジで最高です

なのでこのコラムでは私がレンチン料理にハマるまでの経緯と、レンチン料理の素晴らしさについて語ろうと思います。(特に一人暮らしをされている方には是非読んでいただきたいです!)



このコラムを読んでくださっている方(ありがとうございますm(_ _)m)のなかで一人暮らしをされている方も多いと思いますが、その方達に問います。

自炊、面倒くさくないですか?

確かに、料理が好きで自炊が全然苦じゃないっていう方もいると思いますが、自炊が面倒くさくてやってない人も多いと思います。

私も自他共に認める面倒くさがりなのですが、私にとっては、まな板とか包丁出す時点で、洗い物が増えるからもうすでに面倒くさい。

私、最近はレンチンのおかげで(なんか人の名前みたいですね笑)自炊をよくするようになったのですが、レンチンに出会う前まではまっったく自炊していませんでした。

ぶっちゃけちゃうと、食器洗いがめんどくさすぎて、洗い物を1週間ほど放置して食器の中にカビを生やしたこともあります。(何やってんだ自分。そういえば面倒くさがりには関係ないけど、去年は食パンに何度もカビ生やしてました。今思うと本当に勿体無い。)

そんな強烈面倒くさがりな私でも、自炊ができるようになることには憧れがあって、一人暮らしを始めた最初の頃は、自炊モチベが高まってたんです。

モチベ高すぎて「忙しい人のためのフライパン1つでおいしい料理」、的な本も買いました。(すぐにモチベが下がって読んでなかったです。これも今思うと本当に勿体無い。)

でもだんだんめんどくさくなって、あと前述したショッキングな事件もあり、徐々に自炊から遠のいていきました。

まあ、実際大学生活忙しいし、仕方ないといえば仕方ないと主張したい。料理初心者の私がちゃんと料理してた時は、料理作って、食べて、食器洗いするのに一時間半くらいかかっちゃってました。

でもやっぱり買い食いとか外食は高い。

それに、栄養が偏りがち。一時期夕飯が菓子パンだった時もあった。(←おい。)

というわけで、自炊はしてないけど、自炊しないとなー、とはずっと思ってました。




・・・そんな時、レンチン料理に出会いました。(ナレーション風に言ってみました)

諸事情で姉と二人暮らしをすることになり、姉にレンチンレシピを教えてもらったのです。

私はTwitterで「リュウジ@料理のお兄さん」のレンチンレシピをみて驚愕しました。(リュウジさんは、手早く作れる簡単レシピを考案されている料理研究家で、Twitterでレンチンレシピをたくさん紹介されています。)

『何これ楽すぎる・・・。フライパンもいらんし洗いもんめっちゃ少ないやん・・・。』と。(今更ですが私は三重出身なので三重弁スピーカーです)

まさに目から鱗でしたね。レンジでパスタができるなんて。他にも、レンジでカレーとか、煮物も作れる。まさに、「感動」の一言ですね。

レンジで作るカレー
レンジで作る煮物

さらに、あとあと気づき始めるのですが、野菜とかって別に切らなくても冷凍野菜そのままぶっ込めばいいし、生野菜使うにしても、まな板使わずにハサミで切ったり、手でちぎってぶっ込めばいいんですよね。(まあ大根とか硬めのやつは無理ですが笑)

超絶、楽です。(ぶっ込むぶっ込むばっかり言ってごめんなさい)

そんなこんなでレンチンレシピに出会ってから、私はネットに載っているいろんなレンチン料理を試したり、自分オリジナルのレンチン料理を作ってみたりしました。

そうです。

レンチン料理のおかげで、めんどくさいという理由で自炊から逃げていた私が、料理に楽しみを見いだし始めるという、圧倒的成長を見せつけたのです。

『なんか、料理を楽しみ始めてる!自分!』

現代文明、ありがとう。

私は超面倒くさがり屋なので、正直料理は面倒くさくてやりたくないと今まで思ってきました。しかし、面倒くさがり屋であるからこそ、楽をするための工夫を考えることには長けているみたいです。

いまだに包丁とまな板を使って食材を切ることからは全力で逃げていますが(←おい)、それでもちゃんと自分で料理するようになったのは、私にとっては圧倒的成長です。

「いかに楽に作るか」にフォーカスする方法は、面倒くさがり屋の私の性に合っていたのですね。最近は、手で簡単にちぎれるし栄養価も高いきのこが、結構使えることに気づいてよく料理に使っています。

夕飯に菓子パン食べてた頃と比べると、レンチンのおかげで私のQOL上がってるわ・・!!しかも買い食いとか外食より断然食費浮く!!

というわけで、私のように面倒くさがりで自炊とか全然やってないけど、自炊はしたほうがいいと感じている方、レンチンオススメですよ!

ここで、いかにレンチンレシピが楽であるかをお伝えするため、今から私が家にある食材でレンチンパスタを作ってみたいと思います!



・・あっ、我が家にサンマの味噌煮の缶詰を発見!!!!

というわけで味噌サンマパスタにします!(即決)

①耐熱容器に材料を入れる

パスタは半分に折ります。
適量と書きましたが、まあ、大体です。(雑)


ちなみに、パスタ100gはペットボトルの口くらいの太さの束です!

②レンチン(時間はパスタの袋に記載されている時間です)

③加熱できたら、サンマの味噌缶を入れて3、4分レンチンしてかき混ぜる

完成!!!!

おいしそう。
(トッピングに刻み海苔をかけました)

まあ、なんて楽なんでしょう!!

私がやったのは材料を入れたことと、かき混ぜたことくらいです。(笑)


あれ、これって料理って言っていいのかな・・・?(まあいいや)




この後、早速美味しくいただきました。ちゃんと和風パスタになってて最高でした!

今回はサンマの味噌煮を使いましたが、違う缶詰とか、他の食材作ってみるのも楽しそう!

このようにレンジという現代文明を駆使することにより、楽に、しかも早く美味しい料理が作れてしまうんですよ!筆者激推しです。

まあ確かに、時間をじっくりかけて作った料理には劣るかもしれないですが、手抜きでも十分美味しいですし、やってて楽しいです!レンチン、ぜひやってみてくださいね。

・・という風にまとめましたが、今読み返したら、ただ『今まで自炊サボってた人が楽して自炊する方法を見つけました!!』ってだけの内容ですね。(笑)

これからはレンチンで自炊頑張ります。

それではこの辺で!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

【コラム・完】

この記事を書いた人
あやか
K-POPと洋楽が好きです!
記事一覧へ