【東編】東大赤門から東西に10時間歩いてみたらどうなる!?【ガチ検証】




LINEで送る
Pocket

みなさんいかがお過ごしですか。UmeeTライターのチロルです。

いきなりですが、僕は歩くのが好きです。

そこでこんな企画を考えました。

 

”東大赤門から方位磁針だけを使って東西にまっすぐ歩いたら、10時間でどこまで行けるのか”

 

クレイジーですね。

しかし、こんなクレイジーな企画をある日の夜7時に提案したところ、翌日の朝7時に実現する運びとなりました。

我ながら、さすがの活力です。

 

ルールはこちら。

【今回の企画のルール】
  1. 制限時間は10時間(7:00 – 17:00)
  2. 地図やスマホのマップは一切禁止、方位磁針のみを頼りに東西に別れて真っ直ぐ進む
  3. 熱中症など体調に十分気をつける(危険を感じたら迷わず中断!)

 

この方位磁針を使います。

とはいえ、僕一人で東西両方に進むようなことはできないので、UmeeTライターの中で最もクレイジーだと名高いヤマト隊員と、手分けして進むことにしました。

僕は東担当、ヤマト隊員は西担当です。

ただ僕とヤマト隊員の2人しか人が集まらなかったので、カメラマンなどもおらず、東と西でそれぞれひとりぼっちで歩くことになりました。

やばそうな香りがしますね。

最悪の事態を避けるため、ルールにもあるようにやばくなったら(というよりやばくなる前に)こまめに休憩をとるということだけは徹底します。

 

8月12日の朝7時、赤門の前に集合した僕らは、互いの健闘を祈りました。

力強く手を握り合います。

 

それでは、10時間耐久・東西へ方位磁針だけを頼りにウォーキング!スタートです!!

 

わざとらしいスキップで西へと向かうヤマト隊員とはここでお別れ。

 

西に行ったヤマト隊員の道程はコチラ↓

【西編】東大赤門から東西に10時間歩いてみたらどうなる!?【ガチ検証】

2019.09.05

 

穏やかなる朝ー東京

 

【7:00】

東は大学構内を突き抜けるところからスタート。

うるさいセミの声に負けないほどの元気で、意気揚々と足を進めます。

 

【7:13】

すぐに観光地、上野に到着!

上野公園の池。

こんなに朝が早いにも関わらず人は多く、東京を感じます。

お馴染みのスポットでも一枚。

 

【7:50 】

浅草周辺にやってきました。

雷門の方からは絶妙にずれており、あまり人通りのない橋を渡ります。

僕は、人との繋がりを感じるためにも、1時間に一度道を歩いている方にお願いして、写真を撮ってもらおうと考えました。

橋の前方から現れたのは赤ちゃんを抱えたヒゲのお兄さん(おそらくお父さん)。

撮影をお願いすると笑顔で快諾してくださいました。

アンパンマンが可愛い。圧倒的多幸感。

赤ちゃんにも癒され、やる気がみなぎりました。

撮っていただいた写真。 雲隠れしたスカイツリーとアサヒビール本社が見えます。

写真を見ていただければ分かる通り、この日の天気は曇り。ぽつぽつ雨が降ることさえあります。

このクレイジーな企画をやるにあたって、正直気温はかなり気がかりだったけど、この天気なら余裕でいけそう!赤ちゃん可愛いし!

スカイツリーの真横も通りました。

 

【9:02】

スカイツリーを超えてから、ひたすら墨田区、江東区あたりの住宅街を歩いていたのですが、ここに来て急に視界が開けます。

荒川です。

地方育ちの僕にとっては、これが初めての荒川。

きらきらとたゆたう川面は、晴れ晴れとした夏の日を感じさせてくれます。

「あー、大学2年生の夏してるなー。」

そんな青春を感じさせてくれるほどに、荒川は雄大でした。

もう2時間経ってるけど全然きつくないし、この企画、実は楽勝なんじゃないの!?

スカイツリーと荒川の2ショット。

 



【9:56】

葛飾区を越え、再び橋を見つけました。

新中川にかかる鹿骨新橋だそうです。

やはりここら辺は川が多い!

とはいえ、地理に疎い僕はあとどれだけ川が待ち構えているのかよく分かりません。

あと一つ何か大きい川があったような・・・。

橋の上には少女と鬼ごろし。

 

住宅街を進んでいくうちに、うまく東に進めないことがだんだんストレスになってきました。障害物が多いため、北東とか南東とか、ちょっとずれた方向へ向かうしかないのです。

神経質だと言われればそれまでですが、機械のように東に進むことそれのみを目的としている僕には、その任務が遂行できないことがやや苦痛でした。

 

そんなとき、大きな公園を発見。

「篠崎公園」というらしい。

ここを突っ切れば、東に直進できる!

楽しそうにスポーツをする中高生に脇目も振らず、ただ東だけを見据えて歩きます。

夏休みということもありたくさんの学生さんがいます。

そして公園を抜けると・・・

川だー!!

荒川にちょっと感動して以来、川を心待ちにしていた僕は浮き足立ちます。

 

でもちょっと待て・・・。

あれ・・・。

橋は?

南東の方角にほんのり何か見えるけど、もしかしてあそこまで行かないといけないの?

ほんのり見える。

うだうだ言っても仕方ありません。進みます。

道中の案内板を見てみると、ここは江戸川だそう。あーそうだ!江戸川ね!

そして更に、案内板によるとこの向こう岸は千葉だといいます。川を超えれば東京を出られるのか!俄然やる気が出てきたぞ!

 

そしていざ、目的の橋が見えてきました。

ん・・・?

高速道路でした。本当にやめてほしい。

 

しぶしぶもう一本奥の橋に向かう途中、ポニーランドという馬の飼育施設を発見。

健気に走る馬を見ていると、イライラがワクワクに変わってきます。

よしっ、次の橋まで一気に行って、とっとと千葉に入ってやるぞー!!

 

我ながらテンションの起伏が激しいですが、何しろ一人なので、色々なところで感情を動かしておかないといけません。油断したら簡単に「無」になります。

無心で東に向かい続けるほど恐ろしいことはないです。マジでそうなってしまったら終わりです

無事、次の橋を見つけました。これはちゃんと渡れそう!

橋を越え

2本目の橋も渡ります。

そして

千葉に到着しました。

よーし、これから頑張るぞ!!

 

次ページ 10時間でどこまで行けるのか・・・!千葉を歩く!

あわせて読みたい

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

チロルです。 小学校の時に、少年が全国に散らばったチロルチョコを集めに旅に出る、という漫画を描きました。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ