一体どこが違うの?ー似た運動部紹介(新入生必見!)




LINEで送る
Pocket

躰道・合気道・少林寺拳法

お次は武道の部活、躰道・合気道・少林寺拳法。

僕はこの三競技について、お話を伺うまで道着を着て武術を行うのだろうということしか分かりませんでした。怒られそう…。

実際は一体何を行なっているのでしょうか?実際の部員の方に聞いてみましょう。

 

 

  1. お名前:相吉健吾さん
  2. 所属部:東京大学躰道部

 

  

 

  1. お名前:佐々木裕二郎さん
  2. 所属部:東京大学合気道部

 

 

  1. お名前:小島直子さん
  2. 所属部:東京大学少林寺拳法部

 

編集部:早速、それぞれの部活の違いを伺っていきます。まず、躰道の特徴を教えてください。

 

相吉さん:はい。躰道の特徴はずばり、「アクロバティックな動き」です。試合中にバク宙をしたりもします。

 

動きが激しすぎてカメラも追えないレベル。

 

編集部:新歓期に動画を見せていただいたのを思い出しました!武道というと空手や柔道といったイメージが強い中、まるで体操のような激しい動きをされていたのが印象に残っています。

 

相吉さん:はい。僕も新歓で一目見てかっこいいと思って入ったんです(笑)。

型と実戦があるのは空手と同じなんですが、加えて独自に「展開競技」というものもあります。これは6人1チームとなって、あらかじめチーム毎に作った構成に従って1人が5人を倒していき、その技術や綺麗さに点数がつけられるという、大人数の型のようなものです。バク宙で相手を飛び越えたりすることもあるなど、動きが激しくて面白いですよ。

 

 

 

佐々木さん:合気道は武具を使うことが特徴です。

 

編集部:武具?

 

佐々木さん:はい。木剣、薙刀、杖、短刀、袋竹刀を使います。武器なしで行う体術もあるんですが、それも武器を使った際の身体の動きを踏まえています。

そもそも合気道は護身術から始まっていて、身体の動きに対して真摯に向き合っている競技なんです。

 

武器を使いながら身体の動き方を学んでいく。

 

どう動けば少ない力で相手をいなすことができるのか、それを実現するために武器術を生かしています。

僕はもともと野球部だったんですが、合気道を通じて学べる身体の動きについての理解は、他のどんなスポーツにも応用できると考えて、大学では合気道部に入りました。

 

 

小島さん:少林寺拳法の特徴は、なんでもあり、というところですかね。

 

編集部:なんでもあり!?どういうことでしょうか?

 

小島さん:なんでもあり、というと語弊があるかもしれないんですが・・・(笑)。

少林寺拳法は掴まれたりしたときの関節技もあれば、相手の急所を狙う突き蹴り(パンチ、キック)まであるんです。動きの制約が他の競技に比べて少ないと思います。

 

イメージする武道とはまるで似つかわしくない防具を纏い、キックを繰り出す。

と思ったら、柔道のような投げ技も。

 

そもそも少林寺拳法は戦後の日本で始まった武道で、心身ともに鍛えることを目的としています。2人1組で練習しながら、様々な攻撃に対して護身できるようにしていきます。

技の種類が豊富なので、飽きにくいし、自由度が高いです。

 

相吉さん:躰道も選択肢は違いますが、自由度は高いですよ。アクロバティックな動きの中から自分の得意なものを見つけて練習することが多いです。展開競技では自分が得意な技を各々割り当てて点数を取りに行くので、各技のスペシャリストとして活躍することもあります。

 

 

編集部:武道という共通軸を持ちながらも、各部活それぞれ独自の魅力があることが伝わってきました。

とはいえ、武道は試合になると対人ですし、初心者にはなかなか難しそうです。

 

佐々木さん:いや、全くそんなことはありません。

特に合気道は、いかに力を使わずに相手を倒すか、ということに注目した守りの武道なので、高校時代に運動部に所属しておらず筋肉もついていない人にこそむしろオススメしたいです。身体の小さな人が大きな人を倒すことができるのが合気道なんです。うちの部活にも元文化部だった人が3分の1ほどいますよ。

 

運動経験がなくても始められる。

 

小島さん:文化部でも参加できるというのは、少林寺拳法にも言えます。実際私は高校まで文化部でした。上級生が一から丁寧に指導するので、経験がなくても大丈夫です。

また、選択肢が多いのは技だけでなく競技のあり方そのものもなんです。防具をつけた実戦形式の試合である運用法と、型の綺麗さを競う演武とがあって、演武を重点的に行うこともできます。

 

元文化部でも活躍できる!

 

相吉さん:躰道は一見初心者には厳しそうですが、実は部員の全員が大学始めなんです。

躰道部は全国大会で優勝するなど、実績もあります。大学から始めても上手くなることができるんです。

 

躰道も大学からでOK!らしい。

 

編集部:どの部活も大学から始めることができるんですね。これからどの部活に入ろうか検討している人も、武道を考えてみるのも良さそうですね!

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか。

それぞれの部活について興味を持っていただけたら幸いです。

取材に応じてくださった、運動部の皆さんありがとうございました。

そしてここまで記事を読んでくださったみなさんにも感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 



LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

チロルです。 小学校の時に、少年が全国に散らばったチロルチョコを集めに旅に出る、という漫画を描きました。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ