【筋肉で紅白出場】東大卒のマッチョすぎるイケメン弁護士に突撃してきた

LINEで送る
Pocket

筋肉体操の取材に来たのに、うっかり筋肉の話ゼロで2ページ目に突入してしまったんですが、小林さんはいつ筋肉と運命の邂逅を果たすんですか?

ロースクールに通い始める直前あたりですね。大学在学中ずっとコスプレ活動は続けていたんですが、ある時ワンダーフェスティバルというイベントに参加したんです。

 

「ワンフェス」ってやつですね。あまり縁がない僕でも、聞いたことがあります。

そうです。その時はジョジョのカーズのコスプレをやって、真冬の幕張でふんどし一丁みたいな格好をしたりしていたんですよね。

 

小林さんにいただいたその時の写真。どう考えても真冬の野外でする格好ではない

ストイックが過度でサイコーですね。

その時、当時の自分よりずっときちんと体を鍛えてコスプレをしている方がいて。その方はワンピースのミホークをしていたんですが、それを見て「自分はこんな体では筋肉系のコスプレはできないな」と思い、ロー入学と同時にジムに通い始めました。

 

コスプレに対する意識が高い…。つまり、まずコスプレがあって、コスプレのクオリティのために筋トレを始めたんですね。

ええ、そうです。あと、ロースクールに通っている間は、勉強の息抜きとして筋トレがとても有効でしたね。勉強と違って、わかりやすく短期間で成果が出るので。

 

スーツを着ていると、普通に笑顔がさわやかなイケメン弁護士さんである

 

勉強の息抜きとして筋トレがあったんですか。

ローに入るまで7年、さらに3年コースで入学していたので、さすがに「もう後がないな」と言いますか、かなり追い込まれている意識があって。勉強の中で、筋トレという心のオアシスを見つけられたのは本当によかったですね。

 

UmeeTをご覧の東大受験生の皆さん、たまにはジムとかどうですか?

 



一に筋トレ、二に筋トレ

さて、ここから小林さんの筋肉に迫ろうと思うんですが、せっかくなので、脱いでいただいてもいいですか??

ええ、もちろんです。

 

おもむろにボタンを外し始める小林さん

 

こ、これは……

ま、まさか…

め、めちゃくちゃマッチョだ~~~~!!!!!!!!

小林さん、さすがにとんでもない筋肉をお持ちですね。

ありがとうございます。最近、ありがたいことにインタビューをいくつか受けているんですが、毎回脱いでます。

 

あまりのマッチョに興奮し、小林さんの筋肉を触るUmeeT編集部

たしかに、これは一度見せていただくべき一品ですね…。本当にヤバいな…この辺とか、おにぎりか何かが埋め込まれてないですか?ボリューム感がおかしい

埋め込まれてないです

 

 

それにしても、この筋肉を実現するまでには、相当な努力を積み重ねられてきたことと思います。小林さんは、だいたいどのくらいの頻度で筋トレをしているんですか?

 

特に予定がなければ毎日ですね。

 

毎日。

まあ、実際はどうしても予定が入ってしまうので、だいたい週5くらいです。本当は毎日したいんですけどね…。

 

当たり前のようにものすごいことをおっしゃりますね。

ちなみに今日もこの後ジムに行くつもりです。もちろんカバンにはトレーニングウェアが入ってます!

 

脱いでからも普通にインタビューが継続している

呼吸をするように筋肉をいじめていらっしゃる…。でもそんなに筋トレばかりして、筋肉を痛めることはないんですか?

いえ、基本的に毎日違う部位をやるので、負荷がかかりすぎるということはありません。今日は「胸の日」、明日は「肩の日」、あさっては「腕の日」…みたいな感じですね。

 

イヤな国民の祝日ですか…? ちなみに、メニューはどのように組んでいるんですか?やっぱり専属のトレーナーさんが?

いえ、僕はネットで情報を得て自分でメニューを組んでます。YouTubeの筋トレ動画とかすごいですよ。めちゃくちゃていねいに説明してくれるんで。

 

いや、小林さんの筋肉量、ネットでちょっと調べた程度でつく筋肉量じゃなくないですか?

今の時代、ネットで調べればだいたいのことはわかりますよ。さすがに最近はトレーナーさんについてもらおうかなとも考え始めてますけどね。

 

このお方、インターネッツにあふれる情報から有益なものを選び取って生かす術が卓越しているッ……

意味の分からない肩幅、胸板の厚さ、もはや生きる作画崩壊である

でも、それだけ熱意をもって取り組めるのは、やっぱり小林さんが筋トレのことを大大大好きだからですよね。小林さんは、筋トレの魅力はどこにあると思っていらっしゃいますか?

やはり、「やった分だけ結果が出ること」ですかね。どういうメニューをやったか、どんな食事をとったかがすぐに結果に出る。まさに、「筋肉は裏切らない」んですよ。

 

出ましたね、名言が!! ちなみに、本当に筋肉は裏切らないんですか?

はい。絶対に裏切りません。筋肉は裏切らないのに、僕が時々筋肉の方を裏切ってしまうんですよね。集中力を維持できなかったり、量をこなせなかったり。調子悪いから…とか、理由をつけて休んじゃったり。そういう時は、筋肉に申し訳ないな、って思います。

 

「筋肉に申し訳ない」…?

ええ。筋肉は自分を裏切らないのに、自分が筋肉のことを裏切ってしまった罪悪感がすごいんですよ。

 

もう、ここまでくると普通にちょっとやばい人ですよね。

ところで、それだけマッチョでイケメンだと、やっぱりモテにモテ散らかしてるんですよね???

そう思うじゃないですか。それが、驚くほどモテないんですよね。

 

 

そうなんですか???辛い…ジムに行く機運が低まります…

ええ。世の中のほとんどの女性って、ジャニーズみたいな体形が好きなんですよね。我々からするとああいうのはただのガリガリなんですけど。

 

わかります。奴らは「細マッチョ」ではなく「細」ですよね。

そうです。そういう人たちにとって、我々は「檻の中のゴリラ」なんですよね。見るのは楽しいけど、近づきたくはない。

 

マッチョの語彙、深みがすごい

なので、ごく限られた「本当に筋肉が好きな人」にだけモテます。

 

現実は辛く厳しいのだ。

現実は意外と厳しいんですね…ところで、僕からすると小林さんはすでに尋常ならざるマッチョだと思うんですけど、それだけ鍛えていても、まだ鍛えたいんですか?

当然です。自分にはまだまだ伸びしろがあると思っています。むしろ伸びしろしかない。背中は割と人から褒められることが多くて、自分でも気に入っているんですが、逆に言うと背中以外はすべてまったくもって未熟なんです。

 

小林さん、未熟の意味知ってます?

小林さんご自慢の背中。まさに「鬼の顔」ッ…!!!

 

次ページ、もう少しまじめな話もお聞きします

あわせて読みたい

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

僕の顔が濃いんじゃない、君たちの顔が薄いんだ。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ