クリスマスデートで財布を見たら1000円しか入ってなかった。

2018.12.22

チロル

東京の街は色めき出している。

僕は一人、彼女を新宿駅で待つ。

「お待たせっ。」


「いや、全然。僕も今来たところだよ。」

「本当に?よかったー。

 新宿なんか普段なかなか来ないからね。どこに行こうか楽しみだよ。

 プランは考えてくれてるんだよね?」

「もちろん。バッチリさ。」

 

バッチリどころじゃない。

今日の日のために、何度脳内でシュミレーションしたことか・・・!

時間をたっぷりかけて、付け入る隙のない完璧なデートプランを考えたのだ!

その分、莫大な費用がかかってしまうことになったが、年に一度の大切な日だ。

ゆうちょで、今日までバイトで貯めたお金を、惜しみなくおろしてきたぞー!

んっ?

んんっ?

1000円しかないっっっっっっつつつつ!!!!!!!

小銭もカードも、他には何もない!!

なんでなんだ!?ちゃんとおろしたのに!

もしかしてあれか、電車で僕のバッグジロジロ見てるおじさんいたけど、あいつに盗られたのか!?

くそっ、どうしよう!!

(帰宅後自宅にて、雑然と散乱する諭吉を発見。おじさん疑ってごめんなさい。)

「どうしたの?早く行こうよ。」

「あっ、そうだね・・・。」

ま、まずいぞ。このままでは・・・。

なんとかして1000円のデートプランを考えなくては!!

次ページ:必死の1000円デート、一体どうなる?

この記事を書いた人
チロル
空想で生きてます。
記事一覧へ