【祝優勝・世界大会出場】League of Legends、新時代のスポーツがガチで熱い。【東大LoLサークル】




LINEで送る
Pocket

激戦を伝えた実況・解説に直撃インタビュー。

2vs0で激戦を制した東大LoLサークルを、実況・解説はどう見ていたのか。大仕事を終えた後のお二人に直撃した。

東大が勝つだろうとは思っていましたが、2vs0は驚き。

特にびっくりしたのは、Draft(キャラクターを選ぶ段階)の読みの深さですね。

TSAとしては、UTがこれまで行ってきたDraftを見て、戦略を組み立ててきたのですが、UTはその上を常に行った。

その読みの深さ、事前の準備が影響したのかなという感じです。ーリクルート(解説)

東京大学と東京アニメ・専門学校の二校が決勝に進むだろうなというのは、二人でも予想はしていて。

UTは「個の力」が元からすごく強く、TSAは個の力はもちろん、チームとしての完成度が高いので、勝ち上がって来るだろうなと思っていました。

いわば個の力とチーム力の対決だと思っていたのですが、しかし実際に決勝戦を見て見たら、全然そんなことはなくて、東京大学さんのチームの力が優ってたからこその2vs0だなと思います。ーいぇーがー(実況)

(編)事前インタビューで、東大LoLサークルのshu8選手は「チーム力を課題に練習している」と言っていましたが。

完全に、この大会を通して、東京大学というチームは全然別物になったと思いますね。ー いぇーがー(実況)

特にbotレーンの二人、kabupunさんとRailuneさんがかなり貢献したのかなと。やはりどちらもチーム経験があって、LJLっていうプロリーグの2部リーグに出場経験があるんですよ。その経験をチームに還元できたのが大きかったのかと思います。ー リクルート(解説)

 

最後に、まだe-sportsを知らない人、もしくはこれから見るよという方々に向けて、お二人からコメントをいただいた。

e-sportsは世界的にも盛り上がっている文化ですし、ぜひ敬遠しないでほしいですね。

コンピューターゲームだから難しそうだなとか、実際はそんなこと全然ないので。

深いところまで行くと難しい部分も出てくるんですけど、盛り上がりだったり、見ていて一緒に楽しめるっていう部分では、明日からでも始められると思います。

とにかく一回見て欲しいですね。ー リクルート(解説)

日本って結構e-sports後進国って言われていて、e-sportsっていう文化がそこまで根付いない現状があるんですよね。

結局それって、今までの考え方として「たかがゲーム」とか「どうせゲーム」といった、「たかが」「どうせ」の部分があるからだと思うんです。

それを一旦無くした、フラットな状態で、パソコンつけて試合を見てくれるだけでいいので、それだけできっと良さは分かってくれると思います。

一歩踏み出すだけで、本当に簡単な一歩なので、ぜひ見て欲しいと思ってます。ー いぇーがー(実況)

League of Legendsというゲームをよく知らない私でも、お二人の実況解説のおかげで思う存分楽しむことができた。

攻撃が入り乱れる集団戦の時は、心拍高くスクリーンに釘付けになった。

一つ一つのプレイが持つ意味が分かってくると、より深く観戦をすることができて楽しい。

実況解説なくして、ここまでの会場の盛り上がりはありえなかったと思う。

初めての試合観戦において、実況解説の上手さというのは観戦を楽しめるかどうかに関わる重要な要素だろう。

発展途上にある日本のe-sportsにとって幸運なのは、こうした若い世代に、ゲームのエキサイティングな部分や、プレイに込められた奥深さを伝えられる、優れた実況解説が既に育ってきていることだ。

試合観戦のチャンスも増えていくだろうし、その度に、「よく分からなくても楽しい、分かったらより楽しい」e-sportsの魅力を今後も伝えてくれるだろう。

さらには、LoLを開発するRiot Games社自身も、LeagueUプログラムを通じて、大学LoLサークルへの活動支援を行っている。 

サークルの設立やメンバー募集、学内イベントの開催などについてのサポートや、このAll Campus Seriesのような全国大会などの主催など、その支援は精力的だ。

日本においては、スポーツとしてのLoLを大学に広める試みは、まだ始まったばかり。

しかし、そう遠くない日に、六大学野球とか七帝戦のような光景が、LoLでも見られるといいなと思う。

 

選手、実況・解説、観客、運営……競技を取り巻く環境全てに、これほどまでに熱量が存在する状況は、正直見たことがない。

League of Legends、これからどんどん面白くなりそうである。

 

…あれ、なんでだろう。試合観戦したらさ、なんか自分でもできそうな気がしてくるよね。



LINEで送る
Pocket

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ