「男と女」では終わらない――魚の性転換に見る性別の不思議

LINEで送る
Pocket

性別のあり方には色々なパターンがある

いいえ。ヒトやイヌ、ウシなどの哺乳類では、性別は生まれる前から決まっていて生涯変わりませんが、他の生き物では実に色々なパターンがあります。

 

ヘビやトカゲ、ワニなどの爬虫類には、「卵のときにどのくらいの温度で育ったか」で性別が決まる種が多くいます。たとえばミシシッピーワニは、33.5℃以上では全てがオス、30℃以下では全てがメスで、その中間の温度ではオスとメスの両方が生まれることがわかっています[6]。

 

似た仕組みは魚にもあります。たとえばメダカでは、性別は先天的にゆるく決まっているものの、温度が高いとオスに、低いとメスに変わります。

メダカ。左の白い個体がメス、右の黄色い個体がオス。

メダカ。左の白い個体がメス、右の黄色い個体がオス。

メダカはオスとメスで外見が違う魚です。メスになるはずの個体がオスに変わったときは、メスとオスの両方の特徴をもつ不思議な外見へ成長します。

 

他に、生息する環境の混み具合が性別に影響することもあります。

ウナギでは、混んだ状態で飼育すると、多くの個体がオスになります。そのため、養殖ウナギにメスはほとんどみられません

 

脊椎動物以外もみてみましょう。

昆虫では、体の半分はメス、半分はオスという「雌雄モザイク」の状態がみられます。

雌雄モザイクのアゲハチョウ。左下の翅のみオスの特徴を、その他の翅はメスの特徴をもつ。

雌雄モザイクのアゲハチョウ。左下の翅のみオスの特徴を、その他の翅はメスの特徴をもつ。

これが頻繁に見つかるため、性別の決まり方に特徴があると考えられています[7]。哺乳類では「この個体は体全体がメス」というように、個体ごとに決まります。それが昆虫では、体を構成する細胞ごとに性別が決まるということです。

 

性転換以上にヒトの常識から外れた現象ですが、実は、この状態が当たり前という生き物はたくさんいます。植物です。

植物では、1つの個体の中に両方の性別があることが一般的です。 

サクラを例に見てみましょう。オスの木・メスの木という分かれ方はせず、性別が分かれるのは、繁殖に関わる花のおしべやめしべの部分で、1つの花の中に両方の性別があります。

330px-2007_Sakura_of_Fukushima-e_007_rotated

人間にたとえると、「全員両性だが、繁殖に関わる器官だけはオス型とメス型がある」状態です。もし人間がそうだったら、心の持ちようがオスとメスで違うことはありえなかったでしょう。

 

様々な生き物を見てみると、ヒトのように、性別がオスとメスにガッチリ分かれるものは珍しいと感じます。

状況によって変わったり、そもそも二つに分かれなかったり、ということが多々あり、我々が当たり前だと思っていることはむしろレアケースといえるかもしれません。

 

この記事によって、少しでも性別の多様さに興味をもって頂ければ幸いです。

 


[1] D. R. Robertson (1972) Social control of sex reversal in a coral-reef fish. Science 177, 1007—1009

[2] T. Kuwamura et al. (2002) Reversed sex-change in the protogynous reef fish Labroides dimidiatus.   Ethology 108, 443—450

[3] 小林牧人(2002)魚類の性行動の内分泌調節と性的可逆性―魚類の脳は両性か?―. 植松一眞・岡良隆・伊藤博信(編)魚類のニューロサイエンス―魚類神経科学研究の最前線―, 恒星社厚生閣, 245—262

[4] T. Yamamoto (1958) Artificial induction of functional sex-reversal in genotypic females of the medaka (Oryzias latipes). J Exp Zool 137, 227—263

[5] 中園明信・桑村哲生(1987)魚類の性転換. 動物 その適応戦略と社会 9, 東海大学出版会, 77—88

[6] http://www.nibb.ac.jp/press/2015/12/24.html

[7] https://www.jsps.go.jp/j-rftf/inkai/miraikaitaku1.html

あわせて読みたい

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 博士課程在籍。
魚類の脳の性転換の仕組みを研究しています。
大学院生が高校生に向けて研究内容を発信する活動を行っています。 https://sites.google.com/site/baputokyo/
大学院生・若手研究者による、社会人含む一般向けのトークイベントも開催中です。 http://bapcafe.blogspot.jp/

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ