東大男子の考えた最強のクリスマスデートプランを東大女子に見せた結果……

2016.12.24
アリサ

12月某日、UmeeTのシェアハウスでは4人の東大男子たちが、こたつでミートスパゲッティをすすっていた。

彼らが集められた目的はただ一つ。

「ぼくのかんがえたさいきょうのでーとぷらん」を発表するためである。

さいきょうのでーとぷらん?と鼻で笑うなかれ。

彼らは最高学府の頂点に君臨する、東 京 大 学 の学生たちなのだ。その知力は山よりも高く海よりも深い。

そんな彼らが己の脳みそを最大限に活かし、空想の女の子を喜ばすために、実施する予定のないデートプランを作り上げたのである。どうか、クリスマス直前にこんなことをしている彼らの気持ちを汲んで、ぜひ最後まで読んでいただきたい。

闇のクリスマス会、はっじまっるよ~~~!

ルール説明

今回のルールはいたって簡単、与えられたお題に沿ったデートプランをそれぞれ発表し、いくつかの要素ごとに点数をつけてもらう。その合計点が一番高かったプランが真に”最強”なデートプランなのだ。

そして、今回彼らのプランを採点をするのはなんと 東 大 女 子 である。それも、新垣結衣似のキラキラJDと、他数名)である。

christmas_girl
著作権的にガッキーの画像持ってこられませんでした(無能)

デートプランを考えるうえで、彼らに与えられたお題はこれだ。

クリスマスイブ、友達以上恋人未満のあの子とデートをし、思いを伝えるなら……。

さて、デートプランは以下の5つの要素にわけて採点される。

①待ち合わせ……10点

②行く場所……20点

③ディナー……20点

④プレゼント……20点

⑤告白……30点

それでは、彼らが考え抜いた4つのデートプランを、キラキラ東大女子のコメントを添えつつ、第4位から順に見ていこう。

クリスマス一列、開講―――。

4位 どぅーん(仮名・1留)のかんがえるさいきょうのでーとぷらん

一番イケメンなのに最下位って……

①待ち合わせ

12:00に日暮里駅に集合。

もちろん彼女が着く20分前には着いておく。シティー・ボーイには心の準備が必要なのだ

ちなみに前もって彼女にハイヒールは履いて来ないように言っておく。今日はたくさん歩くからね。

「早く着く心構えがいいよね」

「スニーカー指定してくれるのは嬉しい。気遣ってもらえているのがわかる

「気遣いは最高だけどハイヒール限定だとなんか気持ち悪い『歩きやすい靴で来てね!』くらいがちょうどいい

待ち合わせ……8/10点

②行く場所

谷中霊園を通ってカヤバ珈琲に。美味しいコーヒーとカレーでランチ。

フォトジェニックな谷中の町で後ろから彼女の写真をこそっとパシャリ。写真の腕には自信があるのだ。

それから上野といえば美術館。国立西洋美術館ではいまゴッホとゴーギャンの展示があっている。美術には大した知識はないけれど、西洋美術に詳しい彼女にいろいろと教えてもらおうかな。

気づいたらもう15時を回っている。

ちょっと寒いけれど、上野公園で1時間ばかり話しこむのもいい。そこで彼女と恋バナに発展。彼女とそういう話をしたことは今までなくて、いやに緊張してしまう。「そろそろ彼氏欲しいなー」だって。これは完全に脈アリ?

なんで霊園通った?

「クリスマスに美術館は渋い」

「自分はそこまで西洋美術に詳しくないのに、女の子の趣味に合わせて美術館に行くっていうのは神

行く場所……10/20点

③ディナー

17:00を過ぎて蔵前へ。「シエロイリオ」の二階席窓際を予約している。

そこから、月を反射して映す隅田川と色とりどりに光るスカイツリーを横目に少しだけ酔ったまま、いつも以上に話が盛り上がる。

ついつい2時間も話し続けてしまい、危うくプレゼントを渡すのを忘れそうになる。

でもそんなことはありえない。

なぜならシティー・ボーイなので。

まだプレゼントは贈らない。

「イタリアンいい!!雰囲気もよさそう」

シティ・ボーイってつっこんでいいところ?

ディナー……20/20点

⑤告白

そのまま告白は直球。

「好きです。付き合ってください。」

答えがイエスじゃないわけがない。

晴れて今日12/24に非リア充とはおさらばな訳だ。

「シンプルイズベスト。告白のセリフはいいと思うんだけれど、場所は二人きりのところがいいな

直球は神

告白……20/30点

④プレゼント

二人の共通の趣味は映画。ちょっと遠いけど渋谷の「八月の鯨」に向かう。

2人で好きな映画を語らいながら夜遅くまで時間を潰して最終的にホテルへGOだ。朝までずっと愛し合う。

朝起きたときのプレゼントも忘れない。すごいブランドの指輪。俺はそこらへんはよくわからん。

「いきなり指輪はない。すごいブランドの指輪はない」

電車でGOみたいなノリで最低なこと言ってんじゃねえよ

プレゼント……5/20点

合計点……諸事情(Go!してしまったので)により15点の減点があり、48点

不可!!!

3位 いっちー(仮名・21歳)のかんがえるさいきょうのでーとぷらん

にこにこ笑顔のオシャレボーイ

①待ち合わせ

横浜のみなとみらいといえばここ、山下公園の噴水前。

数々のドラマにも使われた定番スポットだけど、晴れた空の下青い海を眺めていると、どこまででも行ける気がするよ。

「山下公園のチョイスはよい。リア充ぽくて、『ちゃんとデートだと思ってくれてるんだな』と思わせる」

「海眺めてどこへ行く気がするんだよ無人島か?」

待ち合わせ……4/10点

②行く場所

「ごめん、ちょっと待ったー?」
「いや、今来たばっかりだよ」

爽やかに女の子を迎えて、「晴れて良かったね〜」なんて平和な会話を交わしながら少し散歩したあとは横浜美術館の向かい側にあるorbiみなとみらいへ。

ここは世界の大自然を圧倒的な映像美で体感できる複合型アミューズメントパークだ。

「ミーアキャットかわいいね」「君の方がかわいいよ」なんて会話は妄想の中にとどめて、とりあえずは大自然の真ん中で五感を解放しよう。

1時間半ぐらい楽しんだら外に出て、小腹も空いてきたことだし中華街へ。

美味しそうな匂いに誘われて肉まんを買ったら、半分ずつ分け合って2人で食べよう。幸せも2人で分け合えそうだ。

ちなみにこちらがミーアキャットである。

「orbiみなとみらいという、会話のネタになるところに行ってから、食べ歩きをする流れは完璧。女の子側も話すネタに困らない

「えっと……ミーアキャットのくだりはツッコミ待ちって認識でいいんだよね?」

行く場所……16.5/20点

③ディナー

小腹が満たされたところで、いよいよ夜の時間。

今まで王道で攻めてきたから、ここは地の利を生かして超穴場スポットに行こう。

それがここ、バージャックナイフ

馬車道駅の近く、赤レンガ倉庫と海をはさんで向かい合う場所にあるのは、どう見ても打ち捨てられたバスが一台。でも本当は、ここばバーなんだ。

静謐な場所で夜景を眺めながら、2人きりとマスターだけの時間を楽しもう。

ここのギムレットは最高だ。

「肉まんとお酒かあ。もう少ししっかりしたごはんが食べたいかも」

「バスのように見えて実はバーって最高すぎる。でもそんな穴場を知っているということに過去の女の匂いがすごいので、『ここ前に男だけできてさー寂しかったw』とか言ってほしい

ディナー……11.5/20点

④プレゼント

素敵なプレゼントを渡したいけど、彼女でもない人にはネックレスとか重すぎるものはあげられない。

そんなときはガラスペンとインクを渡そう。

見てるだけで美しくて楽しめるものだけど、それを使って文字を書くともう一瞬で映画の世界に入り込める。最高のセンスで女の子を驚かせよう。

「重いものはあげられないと言いつつ、リアルな意味で重い。埃かぶってる未来が見える」

自分の趣味で選んでる感じがすごくて、これまでのデートが台無しになるレベルなので、付き合いたい女の子へのプレゼントで変化球を狙うのはやめたほうがいいです」

プレゼント……4/10点

⑤告白

変化球でアウトローをついたあと、最後に決めるのはやっぱりど真ん中のストレートだ。

横浜といえば観覧車。2人で一緒に乗ってみなとみらいの夜景を眺めながら、頂上に着いたらこう言おう。

「好きだよ、付き合ってください」

シティボーイにそれ以上の言葉はいらない。

「来るぞ……来るぞ……感がいやだなぁ」

「観覧車とド直球の告白は最高なんですが、ガラスペンはいらない

告白……20/30点

合計……56点

可!!!

2位 kz(仮名・20歳)のかんがえるさいきょうのでーとぷらん

マッチョ。超いいやつ。

僕と彼女はサークルの同期。
12/25にはサークルのクリスマスパーティーが控えている……。

「なにこの謎の前置き」

①待ち合わせ

13時、横浜駅改札前で集合。集合5分前に到着。

「場所も5分前集合も、まあ無難」

「一緒に電車で移動する予定なのかな、目的地最寄り駅に直集合よりワクワクしていい

待ち合わせ……7/10点

②行く場所

横浜中華街で軽く食べ歩きをする。

赤レンガのクリスマスマーケットで明日あるサークルのクリスマスパーティーに向けて、プレゼントを2人で選んでみる。

アイススケートをする。

こっそり友達と練習しに来たから、今日は大丈夫。

「アイススケートって本気?スカート履いてきたらどうするの、服事情もっと考えて

「赤レンガのクリスマスマーケットは雰囲気神なので、最高だと思う。日が暮れてから行くとさらによい!」

行く場所……5/20点

③ディナー

ディナーは背伸びして夜景の見えるレストランに。

「いつもはこんな店来ないから緊張しちゃうよね」そんな台詞を言いながら店に入る。

もちろん席は夜景の見えるとなりどうしのせきで。

夜景を見ている彼女の横顔にうっとりしてしまう。

(「告白、するのか……。」)

「夜景の見えるクリスマスディナーはベタだけど、雰囲気あっていいな」

「背伸びしてるってのがお互いわかってなんかかわいい」

ディナー……17.5/20点

④プレゼント

クリスマスにはマフラーを。

ずっと新しいマフラーが欲しい、って言ってたからマフラーを買ってみた。

彼女じゃないのにマフラーなんてひかれやしないだろうか、そんな心配も少しあるけどきっと喜んでくれるはずだ。

そんなことを考えながらあの子に似合うマフラーを選んでみた。

マフラーはやっぱり真っ赤なものを。

あの子の唇みたいだ、そんなことを思いながらこれに決めた。

「え?唇?」

「マフラーは服とかより好みが激しくないのでいいと思うんですが、唇はキモない???

「マフラーが唇ってどういうこと?」

プレゼント……12.5/20点

⑤告白

横浜の夜景を見ながらベンチに座って一言。

メリークリスマス。

そう言いながらプレゼントを渡す。

「今日は俺と一緒に過ごしてくれてありがとう。大切な日を◯◯と過ごせて嬉しかったよ。

今日すごい楽しかったよ。だからもっと一緒に過ごしたい、って思った。

今までずっと言えなかったけど◯◯のことが好き。付き合ってください」

To be continued…….

「シチュエーションはよいが、セリフがクサい

「セリフが長い。途中でわかっちゃう。個人的にはシンプルなほうがいいな」

「これスラスラ言えたらかっこいいけど、実際はくっそどもる気がする。『今日は俺と一緒に過ごしてくれて、あの、本当に嬉しくて、……えっと、たいせつな、日を、◯◯と過ごせて……その、嬉しかったし……』みたいな」

告白……20/30点

合計……62点

可!!!

1位 むらた(仮名・21歳)のかんがえるさいきょうのでーとぷらん

実は後頭部の毛髪量を気にしている。

①待ち合わせ

15:00に汐留集合。

今日のコースとして、アドミュージアム東京に行くこと、お台場に行くことだけを伝える。イタリア街を歩きつつ、少し非日常感を感じながらデートはスタート。

今日はどんな一日になるのかな。わくわく。

「お台場は定番だけど、アドミュージアムは行ったことない!楽しそう」

待ち合わせ……7.5/10点

②行く場所

アドミュージアム東京。ミュージアムとはいうものの、気軽でお洒落な雰囲気。昔のCMとか広告がいっぱい揃っていてたのしい。

2000年代のCMとかみて、あの頃なにしてたー?、みたいな話で盛り上がる。

汐留からゆりかもめに乗ってお台場へ。

窓から覗く夕日と東京湾の景色がきれい。自然と2人はいい雰囲気に。

「ゆりかもめでの移動はポイント高い」

「自然と昔の話に持っていけるので、話膨らみやすくて良いと思う」

行く場所……16/20点

③ディナー

少しお台場のショッピングモールをぶらぶらした後(フライングタイガーで安くてかわいい雑貨を2人で購入)、エッグスンシングスに到着。

ちょっとカジュアルだけど、気取らない感じが逆に今の2人にはちょうどいい。

「あーここいつも混んでるから行ったことなかったんだけど、お台場のは結構空いてるんだね!」

パンケーキを2つ頼んで、2人で切り分けながら食べる。たのしい。デザートのアイスクリームも食べておなかいっぱいだ。

「フライングタイガーでお揃いの雑貨買ってもすぐ壊れそう。300円とかじゃん」

「エッグスンシングスなんてお台場以外にもあるしいつでも行ける。もっとクリスマスっぽい店選んでほしい

エッグスンシングスの山盛り生クリーム食べた後にアイスクリームも食べるとかお前の妄想彼女は化け物か?

(編集注:エッグスンシングスのパンケーキは女版二郎とも呼ばれ、鬼盛りの生クリームで有名なのだ)

ディナー……10/20点

④プレゼント

お台場のイルミネーションを見つつ、寒空の下でプレゼントを渡す。

相手が普段身につけているもののブランドを調べておき、そのブランドで買ったスヌード。(マフラーしか持ってない子だった)。

3000-4000円程度。その場でつけてもらう。「わーふわふわしててあったかい!ありがとう!」

「確かにスヌードは意外と持ってない、ほしいかも

「お気に入りのブランドにしろ、マフラーしか持ってないにしろ、よく見てるなぁ……」

プレゼント……17.5/20点

⑤告白

お台場海浜公園の海岸沿いに移動。波の音が聴こえる、静かな雰囲気の中告白。

「俺さ、〜〜のこと好きだよ。〜〜と付き合いたいなって、〜〜の彼氏になりたいなって思ってる。どうかな。」

返事はYES。ありがとう!今日もこれまでも、一緒にいてたのしかった!これからもよろしくね!

「くどい」

「最後小学生の日記みたい」

告白……22.5/30点

合計……73.5点

良!!!

……ところでみなさん、このヒゲ男にどこか見覚えはないだろうか。

このヒゲ男

こいつである。我らがUmeeTの新代表・村田である。

出来レースみたいになってしまったが、本当に1位になってしまったのである(審査はどれが誰のプランかわからない状態で行われた)。

総括

全体的に、自分の理想を追いすぎて(ガラスペンやアイススケート等)女の子が引いてしまうパターンが多くみられた。

たくさん妄想するのも結構だが、女の子の立場になって少し考えてみてほしい。

また、告白のセリフはシンプルなものが好まれるようだ。

さて、楽しんでいただけただろうか。

東大男子が恥と外聞を捨てて絞り出したこれらのプランで、クスッとでも笑ってもらえたら今頃恥ずかしさで死んでいるに違いない彼らも浮かばれる。

メリークリスマス!!!

この記事を書いた人
アリサ
はじめまして! アリサです。UmeeTのライターをやっています。よろしければ私の書いた記事を読んでいってください!
記事一覧へ