ふらっと立ち寄って安らぐ。そんなデザイン企画あります。

2015.11.21
UmeeT編集部

ちょっとこちらをご覧ください。

思わず目を止めてしまう美しい文字です……。

Designing plus nineがお届け。

制作したのはDesigning plus nine(デザイニングプラス9)

人の感性に直に訴えかけるような「アート」を表現し続ける、学生デザインユニットです。

デザインの形態は選びません。文字から空間まで、何にでも魂を込めます。

彼らが見据えているのは、デザインの先にある人の行動。それを見た者に、昨日とは違った安らぎや振る舞いを与えるのです。

「影響力のあるデザイン」を創出し、新たな価値観を提供する。

東京大学・東京藝術大学を中心とするアーティストたちが、感性を尊重しつつも考えに考え抜いてその望みを果たします。

「遊び」のデザインで見据える未来を。

駒場祭では「遊び」をテーマに、数々の作品を制作なさっています。

上の写真、何やっているか分かりますか? きっと多くの人にとって、懐かしいものです。

他にも、大富豪を「より遊びやすく」するデザインや、トランプのカードのイメージを破る未来のデザイン。

身近な「遊び」にまなざしを向け、新たな価値観を提供します。

1号館107教室で会いましょう。

駒場祭の展示物の中でも、異彩を放つ美術系企画 Designing plus nine。 

ちょっとふらりと立ち寄って、ぜひ、デザインが持つ不思議な力を楽しんでください。

【企画概要】

Designing plus nine(デザイニングプラス9)

場所:1号館107教室

時間:終日

この記事を書いた人
UmeeT編集部
UmeeT編集部です。ゴリゴリ編集します。
記事一覧へ