ユーグレナ社長・出雲充氏が斬る「成功に、正しさも効率も関係ない」




LINEで送る
Pocket

これからの未来を作る人達へ

DSC_0013_176

これから社会に出る学生へ、メッセージをお願いします。

 

我々の先輩と決定的に違うのは、我々は生きているうちに、今まで人類が誰も経験してこなかったことを、否応なく経験することが明白だということです。

 今世紀になって人類がIPS技術にまでたどり着いたのも、アルファ碁が人間を倒したのも偶然ではありません。

革命的なAI技術とバイオテクノロジーの進化が、今まで解決できなかった問題を解決していくこと。今まで不可能だったことが可能になって、社会全体のパラダイムが変わることがどういう意味なのかを、考えられなくても感じられるような行動を起こしてほしいです。

 

 それはどのような行動でしょうか。

 

効率や質を求めないことです。

社会が少しずつ進歩していくような時代だったら、他の人よりも質がいいとか効率がいいというのは、大変な強みだったかもしれません。

 

しかし、これからはまったく新しい時代が来ます。

今の東大が教えていること、東大生が就職する職業もあと30年で半分以上がなくなるかもしれません。

今存在しない職業に就き、今教えられていない知識・スキルを持って、新しいことをしていかないといけない。

バイオもITも今までと同じことが100万分の1のコストでできるようになります。10年前は20億円かかっていた遺伝子解析は、今では5万円でできます。

そんな社会になった時に、質や効率などの先に未来はありません。

 

では、未来を切り開くには、どうすればいいのでしょう?

 

これが好きだとか、あれをやってみようという行動を先にできる人が、いろんな失敗を経て、いろんなフィードバックを受けて、いろんな出会いがあって、自分の力で人生を切り開いていきます。

 

今までの延長線上にない社会で生きていかなければならない我々は、考え方や行動を変えていく必要があります。

変化をみんなに起こしていってほしいですね、それも今日から。

最後に

IMGP8550

「これが好きだとか、あれをやってみようという行動を先にできる人が、いろんな失敗を経て、いろんなフィードバックを受けて、いろんな出会いがあって、自分の力で人生を切り開いていきます」

 

冒頭にあげた2つの問いに対する答えは、この言葉に凝縮されている。

なぜ、効率を否定するのか?

効率を高めることに意味はなく、自分の直感を信じて、とにかく早く行動を起こした人が勝つから。

これからを生きる我々に必要なものとは何か?

試行錯誤を繰り返す中で、自分のキャリアを決定づける、最初の「ありがとう」に出会うこと。

 

あなたがまだ未熟なおたまじゃくしなら、とにかく行動を起こしてほしい。

これからの行動次第で、どんな姿にでもなれるから。

 

13669513_1126361990789482_5101288744945805075_o

お土産をもらって、ご満悦の編集長

あわせて読みたい

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

田中マルクス

人生が加速する

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ