イケメン東大生が語る「庭球部は最高の環境」【インタビュー】

LINEで送る
Pocket

【東大庭球部とは?】

―庭球部の方々はどこで練習しているのですか?

 

ミ:本郷キャンパスの端っこのテニスコートで練習しています。そこに部活専用のキレーなオムニコート4面(しかもナイター付き!)と、冷蔵庫・ロッカー・シャワー完備のキレーな部室があります!!!

練習風景

テニスコートでの練習風景

 

―部活専用のコートがあるのはいいですね。

 

ミ:そうなんですよ。おかげでめちゃくちゃ練習出来てます。コートは日の出から21時まで使い放題です!!正規の練習の時間以外も空きコマや授業後に打つことができます。

ボールも良質なものが物凄い数用意されているので練習も捗ります。これも伝統ある庭球部のOBの方々が支援してくださるおかげです。

 

―確かに、充実した練習環境があるのは部活ならではという気がします。

―でも、本郷だと、1,2年生の間は駒場との移動が大変ですよね。

 

ミ:正直、最初は面倒くさいと思ってました。でも慣れちゃえばすぐ!!瞬間移動したんじゃないかってくらいすぐ。マジで。

テニスサークルと比較しても楽だと思います。実はどんなテニスサークルもいつも駒場で打てるわけじゃありません。駒場のコートが使える日が決まっているので、それ以外の日は外部コートを取って練習することがほとんど。むしろ部活の方が移動はいつも駒場⇔本郷だけなので、お金もさほどかかりませんし楽だと思いますよ。

それから、3年生になってしまえばほとんどの人は授業が本郷になるので、3,4年生になれば環境は最高です!!

 

―なるほど、本郷キャンパスに通うのも思ったより大変ではなさそうですね。

―ここからは、部員について少し話を聞いてみたいと思います。

 

【個性的な部員たち】

―部員の方はミナトさんみたいな完璧な東大生ばっかりなんですか?ゴリゴリの体育会系ばっかりですか?

 

ミ:いやいや、さすがに僕は完璧過ぎますね。まがいなりにも東大生ですから、部員はそんな脳筋ばっかりじゃないですよ。もちろん一部脳筋で東大生なのが怪しい奴もいますが。

すごく個性的で魅力的な人が揃ってますよ。すごくアットホームな雰囲気で、仲の良い部活です。本当は全部員35人を紹介したいのですが…とりあえず3人くらい!

 

まずは2年生!小林悠人くん!

小林

キュートな写真ですね。彼は麻布出身でいつも自分がキュートかどうか気にしています。部室で「僕、キュートですか?」って聞いてきます。

 

というのも男子校で育ってきた彼は、まだ彼女がいたことなく、寂しい日々を送っているそうです。 UmeeTの記事に出てる、「男子校こじらせ」のまさに典型例。寂しすぎて最近道を踏み外しかけているので、先輩として心配です。彼と付き合ってくれる人、大募集中です!!!!ちなみに彼の汗は凶器並みに臭いです!!!

 

次に僕と同じ3年生にして庭球部のエース・松村一太朗選手!

松村

彼はインカレ選手に勝つ実力者。高校の時にはインターハイにも出場し、鳴り物入りで東大に入学して、1年の時からレギュラーを張っています。

彼はまさに「テニスをわかっている」と思わせる試合をします。的確なコースにショットを放ち、相手を揺さぶり、逆を突く。ベテラントッププレーヤーばりの貫禄ある試合は一見の価値あり。

でも彼は貫禄がありすぎて、バイト先では45歳と言っても突っ込まれず、精神年齢を測れば40越え、好きな食べ物はポテトと枝豆。あれ、これ普通におっさんじゃね…?

 

最後に4年生!今期庭球部男子主将の桑田幸祐選手!

彼の魅力はなんと言っても一生懸命さ。主将として格上の選手に食らいつき、勝つ力強いテニスを見せてくれます。

桑田2

そんな男らしい、ガッチリとした彼ですが、彼の趣味は誰かれ構わず抱きつくことです!!!怖いですね!!!

でも、彼は自分の力が筋トレのせいで凄まじく強いことを自覚していないので、抱きつかれたり、絡まれた時、40%の確率で危うく怪我をしそうになります!!!本当にやめて欲しいです!!!

 

―なかなかキャラが濃いですね…

 

―何となくですが、庭球部の雰囲気が伝わってきました。ストイックで個性的な人達が集まっている、そんな東大庭球部が目指しているものを聞いていきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

未分類

ABOUTこの記事をかいた人

男子部、女子部、初心者、マネージャー大歓迎!テニスが上手くなるため、リーグ戦昇格の目標を達成するため、日々練習しています。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ