’東大’下暗し~ホンモノの国際交流は、キャンパスの中から~

LINEで送る
Pocket

 

灯台下暗し

この慣用句の意味は、みなさんご存知の通り、「灯台の下が暗いことから、身近な事情はかえってわかりにくいことのたとえ」(デジタル大辞泉より)ですよね。

それでは、

’東大’下暗し

このフレーズの意味はどうなるでしょうか??おそらく、東大にも何か価値のあるものがあるのに、学生にとっては東大があまりにも身近であるためにその何かに気づいていない、というメッセージが込められているのでしょう。

…「もったいぶらんとはよ本題に入れ!」というお叱りを受けそうですね。

そうです、上のフレーズは筆者が勝手にパロディーとして作ったものなのです(筆者が関西出身だということもお察しの通りです)。われながらセンスのある慣用句ができたと思ってますが、どうでしょう…?

そろそろ本当に話を始めますね(笑)。副題の「国際交流」がどう関係しているのか気になっている方もおられるでしょうし。私が上のパロディーに込めた意味とは、「国際交流をしたいとなると私たちは海外に目を向けてばかりだが、実は国際交流なんて駒場キャンパスで簡単に始められる、しかも密度の濃い交流ができる!」というものです。

flash mob1

この記事は、私が所属している団体をみなさんにもっと知ってもらい、駒場での国際交流を広めたい、との思いで執筆したものです。帰国子女ではないが世界を舞台に働きたい、と決意して去年入学した私が出会い、国際交流を通じてたくさんのことを日々学んでいる、そんな団体、TGIFについて今回はご紹介します!

この記事を読み終えるころには、みなさんも「うちらのキャンパスでそんなすごいことができるなんて、知らんかったわ~!」と地団太を踏んでいることでしょう。

 

留学生と弁当の具を交換しよう

TGIF(Todai Global Interaction Friends)は、駒場キャンパスのGlobalization Officeと連携しながら留学生との交流イベントを企画する、大学準公式の学生団体です。今学期は毎週木曜日のランチに加え、文化体験東京巡りなど新しいイベントも企画しています。

lunch2

グローバリゼーションが進む中、英語をもっと話せるようになりたい、海外の大学生と仲良くなって人脈を広げたい、と思っている学生は多いことでしょう。東大内にもたくさんの国際交流系学生団体があります。どれかひとつに入ってみたいけど、どれを選んだらよいのだろう…と迷っている人はいませんか?数ある国際交流系団体の中で、TGIFだけにしかない特徴があります。それは、キャンパス内の留学生と交流ができること! お昼ご飯を一緒に食べ、弁当の具を交換する仲になれますよ(笑)

駒場キャンパスを歩いていて、留学生とすれ違うはわりとあると思います。しかし、よく見かけるわりに私たち一般生が留学生と関わりを持つ機会はほとんどありません。それは、一緒の授業を受けることは全くないからです。取る授業が完全に分かれているために、一般生と留学生との間に交流が生まれることはないのです。TGIFは、この事態をとてももったいないと捉えています。なぜなら、留学生と交流することには以下で述べるようにたくさんのメリットがあるからです!

(次ページに続く)

LINEで送る
Pocket

未分類

ABOUTこの記事をかいた人

TGIFは東大のGlobalization Officeと連携しつつさまざまなイベントを企画する学生グループです。同じキャンパスにいながら交流の機会の少ない一般生と留学生との間の「壁をこわす」のを目標に、毎週のG. I. Lunchや文化体験、東京探訪などを企画しています。私たちのイベントは誰でも参加可能なので、運営メンバーでない方もお気軽にご参加ください。もちろん、イベント運営に興味のある人も大歓迎!

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ