いつか日本一を目指した東大生がいたことを思い出してきっと泣いてしまう

☆トップ画像
LINEで送る
Pocket

 

「有村架純と結婚できる代わりに、東大をやめてくれ」

 

と言われたら、喜んで私は東大をやめるだろう。

じゃあこう言われたら?

 

「有村架純と結婚できる代わりに、今やってる部活をやめてくれ」

 

ごめんな架純…お前を以てしても部活だけはやめらんねえんだ…

 

 

それほどまでに私の心をつかんで離さないスポーツ、ヒントはトップ画像にあるが、ご存じだろうか。

 

 

あーあの宇宙要塞の…

それはマクロスや。

 

あ、あれでしょ?野菜のすっぱいやつ…

うん、ピクルスねそれ。

 

わかった!あの巨人の外国人の…

マイコラスな、うん。今年も頑張ってほしいね。

 

 

…残念ながら、ラクロスの知名度はそんなものだ、というのが実情である。

そこで私たちの愛するこのラクロス、そして男子ラクロス部という団体そのものについて、少しでも知ってもらおうと思い、こうした記事を書かせていただいている次第である。

 

 

あーはいはい部活の宣伝ね…とブラウザを閉じかけてるそこの君。ちょっとだけパズドラを我慢して、読んでいってほしい

 

“事物を愛する心を他者と共有したいという願望は、人間の最も根源的な欲求の一つである。”

 

という格言をご存じだろうか。

 

知っていたらすごい。

だって今俺が考えたんだから。

 

あ待って待って、怒んないで!ごめんって。ブラウザ閉じないで!!

…とにかく、私のこの根源的な欲求に応えて、記事を読んでいってくれたなら幸いである。

 

Story1 いつかラクロスの魅力を思い出してきっと泣いてしまう

 

初対面の人や久しぶりに会う人との会話で、大学ではラクロスをやっていますと言うと、65%くらいの確率(筆者調べ)で

「あーあの猫の恩返しで主人公がやってるやつ!」

と返される。

「そうです。よく知ってますね!」

俺の答えは決まっている。次に言われる言葉も知ってる。

「でもラクロスって女の子が可愛くやってるイメージだから意外~!」

ほれ来た。女の子のイメージ。

「ですよね~^^でも男子のラクロス部も増えてるんですよ~^^」

ここで適当にヘラヘラして、会話を終了させるのがいつものパターンである。男子ラクロスの知名度のなさに、一抹の寂しさを覚えながら。

この決まりきったやり取りを、今まで200はしてきたんじゃないかと思う。あんまりにも決まりきってるから、そろそろsiriの会話パターンに入れちゃっていんじゃないってレベル。

(注:女子ラクロスも魅力的です。ただ性質の異なるスポーツだということです。)

 

 

ではささやかながらの抵抗として、ここで誤解を解かせていただこう。

男子ラクロスは、決して可愛くない。

そもそも男子ラクロスのルールとは?

簡単に言ってしまえば、網のついた棒(クロス、という)でやるサッカーないしハンドボール。オフェンスはディフェンスを崩して約1.8メートル四方のゴールにボールを叩き込むことを狙う。だけど特殊なのは、ゴールの裏も使えちゃうこと!これはバスケやハンド、サッカーには見られない特徴で、ゴール裏の攻防もラクロスの醍醐味の一つである。

しかし、私が思う、見る人を魅了してやまないラクロス一番のウリは、その豪快さ、激しさである。

 

「地上最速の格闘球技」

 

なんてあだ名がついてしまうぐらいである。可愛さとは無縁であることが一発で分かるのではないだろうか?

 

例えば、「地上最速」の名に恥じない、時に160km/hを超える豪快なシュート。

考えてみてほしい。160km/hと言ったら、あの大谷翔平のストレートばりである。しかも大谷翔平はキャッチャーミットめがけて投げてくれるし、一人しかいないが、ラクロスのオフェンスは6人でやるので、6人の大谷翔平が常に豪快なストレートを(ゴール内の)自分の投げたい思い思いの場所に投げてくるようなものである。その迫力、推して測るべし

 

さらに、「格闘球技」と言われる所以はその激しい接触プレーにある。

ラクロスは、屈強な男たちが、体を、クロスを、文字通りぶつけ合うバリバリのコンタクトスポーツである。

 

しかし一方で華麗でもある。クロスを扱う技術を高めることで、屈強なDFをかわして得点に持ち込むことも可能である。

 

Next:ラクロス部の1日

LINEで送る
Pocket

☆トップ画像

ABOUTこの記事をかいた人

男子ラクロス部

「学生日本一」になるため、日々練習に励んでいます。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ