【東大マッチョ図鑑】エントリーNo.1 黒瀬くん ~筋肉躍動するB-BOY~

LINEで送る
Pocket

ついに始まりました!東大マッチョ図鑑。

マッチョな東大生を、たくさんのセクシーな写真とともに紹介していく企画です。

 

マッチョ好きの女性の皆さん、必見です!

もちろん男性の皆さんも…!(笑)

 

今日紹介するマッチョ東大生はこの方。

BE9A7043

エントリーNo.1 黒瀬くん

学生証

  1. 氏名:黒瀬さん(24)
  2. 所属:工学系研究科システム創生学専攻 修士1年

 

BE9A7089 (1)

す、素晴らしい肉体です…!

普段はどんなスポーツをされてるんですか?

BE9A7063

学部時代はダブルダッチサークルに入っていました。今は上智大学のダンスサークルで、ブレイクダンスやってます。

 

ダンス歴は長いんですか?

BE9A7070

華麗なステップで、カッコいいです!

いや、ダンスは大学からです。小3から高校まではずっと剣道やってました。ちなみに三段です。

 

三段とはまたすごいですね。

しかしどうしてまた、剣道からダンスの道に!?

全国チャンピオンが集まるようなレベルの高い道場にいたんですけど…。周りが強すぎて、正直つまんなかったんです(笑)

大学のダブルダッチサークルをのぞいたときにとても雰囲気が良かったので、入りました。

 

ちなみに筋トレはいつからされてるんですか?

BE9A7123

高3から始めました。

 

高校生の時から筋トレしてたんですね!

 

筋トレを始めたきっかけは何だったんですか?

BE9A7091

高校の剣道部の部室の近くにトレーニングエリアがあったんですけど、いっつもラグビー部にそこが占拠されているのがなぜか悔しくなって(笑)それで始めました。

「負けないように頑張ろうぜ」とか言って、剣道部のみんなとトレーニングし始めたんです。

 

きっかけはそんなことだったんですね(笑)それでここまでマッチョになれてしまったのがすごいです!

 

ちなみにベンチプレスの記録はどれくらいですか??

BE9A7158

筋肉があれば、こんなことだってできちゃいます。す、凄すぎる…

最高記録は135キロですね。

 

めちゃめちゃすごいじゃないですか!!

でも最初始めた時は45キロも上がらなかったですよ。

 

え、どうやってそんなに記録が伸びたんですか?

筋トレのコツとかあったら教えてほしいです!!

BE9A7119

背中の迫力もヤバい

コツですか?コツはやっぱり…良いフォームで、ちゃんと利かせる場所に集中することですね。目的意識を持つというか。

漠然とウェイトを持ちあげて満足してるだけの人が多いんですけど、それじゃダメなんです。

 

BE9A7199

カッコよすぎる

 

やっぱりちゃんと目的意識をもって集中してやるっていうのが大事だと思います。

 

BE9A7180

え!?  人ってこの体勢で止まれるの!?

あと多分続かない人は、周りが結構重いウェイトをガシャガシャやってるのが気になって、つい見栄を張って重いウェイトでやっちゃってるんです。

ちゃんと追い込んでトレーニングしてる人からしたら、ああいう人はだいたいフォームも全然だめで、「あ~あ…」って感じですよ。軽い負荷でもいいから、ちゃんと良いフォームを身につけた方が、結果的には伸びると思います。

 

なるほど…ついジムに行くと見栄を張って重いウェイトでトレーニングしてしまいますが、そんな必要なかったんですね!

BE9A7218

あらよっと!もはや軽業師の動きです。

これからトレーニングをしてみたい皆さんへ。

とにかく基本に立ち返って、周りの目なんか気にせず、正しいフォームで鍛錬を積むことが大切だそうです!!

 

結果的に、それが目的地への一番の近道です。

 

『正しいフォームが全て。ウェイトが軽くても気にしない。見栄を張らない』

 

僕も肝に銘じておきたいと思います!!

今日は本当に勉強になりました。ありがとうございました!!

 

BE9A7195

記念にライターのばやしこも、一緒に倒立させていただきました(笑)

 


東大マッチョ図鑑では、マッチョな東大生を募集しています。

筋肉に自信あり!!』『ぜひ自分を取材してほしい!!』という方は、ぜひ↓のフォームよりご連絡ください。お友達の紹介でも構いません。喜んで取材に参ります!黒瀬くんへのメッセージもお待ちしていますよ。

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

編集部一同、お待ちしております。

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

ばやしこ

最強の漢を目指して日々精進してます。 あ、もちろん最強の記事を書きます。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ