【日本の大学最古の学術標本を展示している!?】東大博物館の謎に迫る!!

LINEで送る
Pocket

 

あなたは、東大本郷キャンパスに佇む東京大学総合研究博物館を知っているだろうか。

 

どうやらそこでは、宇宙、生命、人類の謎を解き明かすべく、世界中から東京大学に集められた学術標本を公開展示しているらしい。

 

今回、ロマンが詰まった東大博物館の秘密を知るべく、実際に博物館に訪問し、お話を伺ってきた。

 

数々の秘宝、そしてそれを有する博物館の実態を解き明かしていく。

 

入館ー資料群の数々

東大博物館の目的

 

博物館に入ると、いきなり「コレクションボックス」なるものが目に飛び込んでくる。

ボックスの中には、幾多の標本が並ぶ。

土器、剥製、骨など、その種類は様々である。

微笑みかける像は、一体いつの時代のものなのだろうか。

箱に収められた蝶の羽が煌びやかに光る。

洋の東西を問わず古今揃い踏みした展示品の数々に、ただ圧倒されてしまう。

これらを全て管理している東京大学総合研究博物館とは、どのような組織なのだろうか。

 

今回、博物館について説明をしてくださるのは、こちらのお二方。

学生証
  1. お名前:小高敬寛さん
  2. 職業:東京大学総合研究博物館特任研究員
  3. 専門:西アジア先史考古学

 

学生証
  1. お名前:久保泰さん
  2. 職業:東京大学総合研究博物館特任研究員
  3. 古脊椎動物学

 

このお二人にお話を聞きながら、博物館全体を廻らせていただく。

 

筆者:入ってすぐにこんな膨大な標本に迎えられて、大迫力ですね。

小高さん:はい、それを意図しておいています(笑)。

筆者:それぞれの解説がないので、一見すると何か分からないものもありますね。

これはなんでしょうか?

久保さん:ああ、それ(上写真右側)はナウマンの見つけたナウマン象の化石ですね。

筆者:え、えええ!!ナウマンってあのナウマンですか!?ナウマン象名前の由来になった?

小高さん:はい。あと他にも有名なものでは、モースが大森貝塚で見つけた土器なども博物館には展示されています。

筆者:モース!?受験勉強で何度お目にかかったことか・・・!

小高さん:ナウマンもモースも、東大の教授になって、東大で研究を進めたんです。

東大は日本で一番歴史の古い国立大学なので、標本研究の歴史それ自体も、教科書に載る歴史的事柄になるようなものが多いんですよね。

このように、そもそも東大博物館は、東大が研究のために使ってきた標本を集めた場所なんです。

筆者:そうなんですね。とても貴重な標本が多そうですね。

小高さん:元々、標本は各学部や研究所が保管していたんですが、その一部をこの博物館でまとめて保管するようになりました。

大きく分けて、生物、地学、文化史に関わる標本がおいてあります。

久保さん:一度使ったからと言って、貴重な標本は簡単に処分していいものではないですからね。

研究成果を検証するために必要ですし、100年後、200年後の誰かが使うかもしれないから、きちんと管理、保存しなくてはいけない。標本とはそういうものなんです。

筆者:その標本の管理、保存という大切な役割を果たしているのが東大博物館なんですね。

 

 

 

次ページ:お二人に、博物館に展示されている研究標本の解説をしていただきます!

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

チロルです。 小学校の時に、少年が全国に散らばったチロルチョコを集めに旅に出る、という漫画を描きました。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ