サークルの初代代表から現役代表までを全員集めて聞いてみた「どうすれば団体は続くのか」

LINEで送る
Pocket

突然ですが、

団体運営ってめちゃくちゃ難しくないですか?

毎年代表が代わって、

それぞれ目的が違うメンバーをまとめなければならない。

難易度「鬼」です。

経験したことのあるみなさんもまた、さぞ苦しめられたことでしょう。

今回、そんな試練を経験した7人の侍ならぬ、7人の代表に集まっていただきました。

「サークルの初代代表から現役7代目代表までが勢ぞろいして団体について語り合う座談会」が始まります。

会社を含めたあらゆる組織に共通する問いの答えを明かしていきましょう!

いざ初代から7代が集まる座談会へ

11月都内某所

一堂に会した7人(+筆者)

今回集まってもらったのは、お笑いサークル笑論法の初代から現役までの代表7人。

笑論法はコントや漫才でライブ活動をしている、東大生を中心とするサークルです。

2012年に結成され、今年で創立7年目。その歴代代表は何を思って団体を動かしてきたのでしょうか。

大集合

左から順に 

初代 杉山大樹さん 2代目 山田智希さん 3代目 両國龍英さん 4代目 武政雄大さん 5代目 中塚隆太さん 6代目 西田青波さん 7代目 内田充紀さん

団体を作った初代

編集部

まずは、どうやってサークルが作られたのかどんな工夫があったのか、その過程を聞かせてください。

初代

俺は落研(落語研究会)に対抗して、「もっと面白いことをやりたい」と、笑論法を立ち上げたんだよね。

そのぶん勝負意識が強くて、面白い漫才をやるということを突き詰めていたよ。

他全員

そんな経緯があったんですね・・・。

初代

意識してやったのは、しっかりした代替わりのシステムを作ること。

大学のサークルは特殊だからね。一年ごとに代表が交代していく団体なんて他にないよ。脂がのる間も無く変わらなきゃいけないからね。団体として続けていくためにもその枠組みを作ることが最優先だと思った。

だから2年生で代表を交代して、3年生で引退の流れを作りました。駒場をメインに活動する以上、それより長くいても老害だしね。(東京大学の学生は基本的に1、2年生が駒場キャンパス、それ以上は本郷キャンパスで学びます。)

二代目

初代が、団体の枠組みを作ってくれたのは、本当に助かった。そこが初代の唯一評価できる点だよね。

編集部

唯一・・・?

反発する2代目

二代目

そうそう、2代目の僕はとことん初代に対抗していったからね(笑)。

初代のやることなすこと、否定していきました。

編集部

初代からするとどうでしたか?

初代

本当にいつも対立してたからね(笑)。でも実は、今だからこそ言えるけど本当にありがたかった。

上の代の人の意見が絶対になると、団体として発展していくのは難しいよね。2代目で、下の代が上の代に意見を言える環境を作ってくれたのは大きかったと思う。

初代と2代、反発しあっていたがそれは大事なことだった

先を見据える3代目

編集部

続く3代目はどうでしょうか?

三代目

次の僕たちの代も団体を長期的に存続させるためにいろいろと工夫しましたね。例えば合宿、忘年会を始めたのは僕たちの代でした。あとパ長(コンパ長)を作ったりとか。

五代目

それは定例になっていて今でも続いていますね。

三代目

1代、2代の時はサークルといった感じじゃなかったんですよ。ただ漫才をする集まりというか・・・。漫才をするためだけに集まってたというか・・・。

二代目

確かにそうだね。僕らは同じサークルのメンバーであったけど、友達ではなかった(笑)。

三代目

あと、笑いのあり方についても新しい流れを作りましたね。シュールギャグを入れました。

初代

俺は最後まであの良さがわからなかったけどね。でもまあウケてたし。

二代目

上の代にこだわらず色々してみるのは大事ですよね。僕らの代までは彼女いないネタとかばっかりやってましたから。

そうはうまく続かない、団体運営

孤独・・・な4代目?

編集部

3代目までは運営は順調なように感じるんですが、大変な時期はなかったんでしょうか。

三代目

4代目は、大変そうだったよね。

四代目

はい。4代、僕以外ことごとくフェードアウトしちゃったんですよね。

当時のショックを思い出す4代武政さんとそれをなんとも言えない表情で聞く3代両國さん

編集部

フェ、フェードアウトですか?!

四代目

うん。完全に辞めたわけではないんだけど、僕から働きかけてようやく活動に参加してくれる感じ。

実際コントとか漫才とかも他の学年の人とばかりやってた。

編集部

それは団体運営の上で大ピンチですね・・・。どうやって切り抜けたんですか?

四代目

想いですね。僕は笑論法を残したかったし、次の代に何かを渡したかった。

だから、駒場小空間(駒場にある劇上映などに使える建物)を使い始められるように交渉したり、僕なりにできることをしました。

仲良し5代目

五代目

次の僕たちの代は4代の武政さんが頑張られていたを見ていたので、みんなで力を合わせて想いを受け継いでいこうという雰囲気ができていました。

3代の方々が定期的な合宿等を作ってくださったので、僕たちの代ではちゃんと「サークル」らしくなったんです。一緒に旅行に行ったりもしました!

四代目

5代目のみんなが部室に来てくれて、一緒に活動できたのは本当に嬉しかった。

五代目

他にも、熱量があって路上ライブを定期的に行うコンビも出て来たりしました。落研に勝つことを目標にして頑張ってましたよ!

二代目

原点回帰じゃん。

編集部

団体も順風満帆ですね。

五代目

それがそうでもなくて。1つ下の6期が少し元気がないように感じたんですよね。

少し元気のない6代目

六代目

そうですね。他の代と比べると私たちの代は少し元気がなかったように思います。

それもあって、一時サークル解散の危機もありました

編集部

一体どうしてそんなことになってしまったんですか?!

六代目

私と副代表の連携がうまくいかずに、悩んでしまって。だから仕事も分担できず、駒場祭ライブの準備が間に合わなくなってしまいました。

そしてライブを中止にするしないの話から、サークルを続けるべきかの論争に発展したんです。

五代目

あの時は大変だったね。代表を退いていた5代もフォローを入れました。

代表から外れた上の学年が下の学年の運営に対して口を挟むのは違うと思うけど、明らかに問題が発生してる時は手を貸すのも大切だと思う。一度代表を経験したものだからこそしてあげられることもあると思うし。

困っている後輩は助ける

編集部

結局ライブはできたんですか?

六代目

なんとかやりきりました。

四代目

僕はそのライブを見たんだけど、うまくまとまっているいいライブになってたよ。話を聞くまで裏でそんなことになってるなんて気がつかなかった。

六代目

ただ気になったのは、揉めた時に『団体をなくした方がいい』という意見を出したのは団体活動に真面目に取り組んでいる人たちだったということです。

編集部

やる気がない人が『なくしたらいい』と言うんじゃないんですか?

六代目

やる気がない人は団体があってもなくても、どちらでもいいんじゃないでしょうか。

やる気があるからこそ中途半端な気持ちでやりたくないという思いがあって、もしそんな団体になってしまうくらいならなくした方が良いと考えるのだと思います。

編集部

なるほど、考えてみるとそうですね・・・。

僕はやる気がなくなるから団体がなくなるのだとばかり考えていたのですが、必ずしもそうとは言えないですね。様々な葛藤がありますよね。

六代目

お笑いをやること自体に熱量があっても、団体運営に熱量がある人がいないということもあり得ますし。

少なくとも運営に対して興味がある人がいなくなると団体存続は難しいと思います。

これからの7代目

七代目

僕はまだ代表になったばかりなので何も言えないんですが・・・。

先輩ばかりに囲まれ困惑する7代内田さん

初代

そうだよね。まだ1ヶ月もたってないよね。

七代目

ただ今回、上の代の人たちの団体に対する熱い思いを知って、これから頑張っていこうと思いました。

8代をいっぱい入れて外部に出て活動したいです

他全員

いいねー笑。

歴代代表に聞く「団体」とは?

あわせて読みたい

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

チロルです。 小学校の時に、少年が全国に散らばったチロルチョコを集めに旅に出る、という漫画を描きました。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ