【好きも才能のうち】「好き」をとことん追いかける、眩しすぎる東大生たち

LINEで送る
Pocket

こんにちは。ライターのわかめ(仮)です。木の葉が色づき始める季節になりましたね。紅葉を見に行こうよう。

 

さて皆さん、あなたの好きなものは何ですか?

東大生なら真面目で勉強ばかりしているのでは…みたいなイメージをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。東大にはもちろん一つの学問を突き詰めるスターがいるのはもちろんのこと、意外な趣味に夢中になっている人も多いのです!

UmeeTは創設から3年間、学術、部活、サークル、ビジネス…..などなど、自分の好きなことをとことん追いかけるたくさんの東大生を取材してきました。

今回は、その中から特に!「好き」を突き詰めている5人をご紹介します。

 

①「簡単な言語だと週間ぐらいでパパッとやることも可能」

数十の言語を操り、世界を旅する推薦文学部の梶田くんの実態に迫る

最初にご紹介する記事は、数十の言語を操るスーパー東大生の記事です。先日の「さんまの東大方程式」への出演を覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。言語は手段として捉えられがちですが、言語そのものを愛し、あくなき学びを続ける東大生の姿はとても格好良いです。

 

②「東大志望理由:銀魂」

銀魂が好きすぎて東大へ!?「好き」を極めた東大生のイマに迫る

次にご紹介する記事は、漫画「銀魂」が好き!という熱い気持ちから東大に入学した東大生についての記事です。なぜ東大を志望した動機が「銀魂」?と思うところですが、そこには好きなものに対する一貫した熱い想いと、人生の軌道修正力が垣間見えました。

 

③「何があっても生き残る」

【猟師東大生】「何があっても生き残る」三鷹寮で昆虫を食べていた男がついに狩猟を始めた話

続いては「猟師東大生」についての記事です。東大生が猟師という、予想もつかないような組み合わせに驚きを隠せません。「東大狩人の会」というサークルまで設立した彼の狩猟への情熱には感服すること間違いなし。その行動力とバイタリティーに圧倒されるばかりです。

 

④「日本酒は、脈々と受け継がれる文化の象徴」

「日本酒は贅沢品。飲めることに感謝したい」2018ミス日本酒茨城代表・宮内菜奈子さんインタビュー!

お次は「ミス日本酒」代表に選ばれた日本酒を愛する東大美女の記事です。お酒って酔うために飲むものなんじゃないの?というイメージを持っていたのですが、日本酒を心から愛し、楽しく味わって飲む彼女の姿はとても素敵だなあと思いました。日本酒を世界にPRするために日本文化を学んでいらっしゃったり、全国の酒屋を飛び回ったり、利き酒師の資格を取られたり…深い日本酒愛に痺れます!!

 

⑤「俺は日本武道館でライブをする」

音楽で生きていくことを決めた東大生が追い求める夢とは。

最後は、音楽で生きていくことを目指す東大生バンドボーカルの方の記事です。東大生の就職先と言えば、公務員や有名企業、というイメージが多いのではないでしょうか?ところが「音楽が好き!」という強い思いをもとに、メジャーデビューという夢を追う現役東大生がいたのです!その思いの強さと決意に、自分も頑張ろう!と思わされました。


次はあなたが輝く番です。

好きなことをとことん突き詰める東大生たちの姿は輝いていますね。

でも、今そこにいるあなただって輝けるはず。もしくはもう輝けているはずです

もう一度質問します。あなたは何が好きですか?

あなたが輝く鍵は、きっとあなたの「好き」という気持ちの中に隠されているのかもしれません。

 

UmeeTは、駒場祭期間中11/23(金・祝)12:45〜、1313教室にて、「好き」をテーマにした対談イベント『UmeeT Live!「好きを貫く」』を開催します!

このイベントではタイトルの通り、それぞれ自分の道を追い求める3人の現役東大生に、「好き」という気持ちをテーマに余す事なく語ってもらいます。

お呼びした3人はホテルプロデューサー龍崎翔子さん、YouTuberもっちゃんさん、人工世界クリエーター中野智宏さん
司会はUmeeT初代編集長の杉山さんです。

 

三人の想いがぶつかり合う場で、あなた自身が何を好きなのか、好きなものを大事にするとはどういうことなのか、そもそも好きって何なのかを考えてみませんか?

きっとこのイベントの中に、あなたが輝く鍵が隠されているはずです。

 

たくさんの方のご来場を、UmeeT編集部一同、心よりお待ちしています。

イベント特設サイトはこちら

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

わかめになりたい東大の1年生です。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ