渋谷に洞窟があるって知ってましたか?

LINEで送る
Pocket

八月某日、UmeeTの元へ「東大生や東大の卒業生などが運営している場所が渋谷にあるので遊びに来てみませんか」との依頼が来ました。

 

あ〜〜〜!!フリースペースみたいなやつね!!!アレね!!!あのよくあるやつね!!もうそういう記事たくさんあるので大丈夫です!!!!!!

 

と返信しようと思ったのですが続きを読んでみると、その場所の説明がどうもなのです。それがこちら。

 

洞窟というか、可塑性の高い器をつくった程度で、そこでいまビオトープが生まれてるみたいなイメージです。」(原文ママ)

 

この世の胡散臭さを全てかき集めたような一文。

 

ここまで怪しいと逆に行ってみたいと思うのが人間の性ということで、怖いもの見たさで「取材させて頂きます」と返信をしました。

 

そして、取材当日。

 

そこにあったのは・・・

♩♪♬〜(民族儀式っぽい音楽)

 

結果:予想より怪しかった。

 

???:ようこそお越しくださいました。

 

───は、はじめまして!!私UmeeTの者で、あの、その、全然敵の黒魔術師とかじゃないんですけど、あの、あなたは…?

 

???:このスペースの運営をしている者です。ただ顔や名前は出したくないので、今回は羊のぬいぐるみが案内役ということでお願いします。

───????????

学生証
  1. お名前:羊(仮称)
  2. 所属:東京大学 学部3年
  3. 役職:運営

 

───??????????????

 

羊さん:外観なんですが、このスペースの創案者が少し変わった方なのでかなり怪しいんですけど、私たちは怪しい団体ではないのでご安心ください。笑

 

───羊に言われても説得力がないのですが、ちなみにこの丸い照明器具は何を表しているんですか?

羊さん:業(カルマ)を表しているらしいです。

 

───??????????????????????

 

一体どういう場所なのか

───気を取り直して、このスペースについての基本的な情報から教えてください。

 

羊さん:はい。この場は「学問や芸術に真面目に取り組んでいる人のための居場所が少ない」と思ったことをきっかけに、半年の準備期間を経て去年の12月に始まりました。

 

そのため利用者にとっては、自分の研究室やアトリエのような空間だと思います。

───学問や芸術などに真面目に取り組んでいる人のための居場所が少ない・・・?

 

羊さん:はい。以下は創案者の考えなのですが、

多分、自分の名前とか作品が既存の枠組みによって分類され切らず、そのまま固有の概念になってしまう、というような人がそれに当たるんだと思います。

そういう人たちって、もはやそれだけで一つの世界観をつくっていくと思うんですが、今はそういった人たちが自分の手の届く範囲をこえて知的に旅をするご縁が生まれにくい状況になっていると感じています。

ここは、そのような知的な旅ができるような空間にしようとデザインされたため、一見するとよく分からない不思議なものもありますが、それらはこのスペースを設計・企画した人が意図したもので、実際我々も特に気にしていません。そんなものです。

 

 

───だから、このような空間になったというわけですか・・・。

 

羊さん:そういうことですね。「学問や芸術の魅力的なあり方」を概念、実装ともに純粋に突き詰めたらこうなったのだと思います。

 

───具体的にどんな方が利用しているんでしょうか・・・??

 

羊さん:ドラえもんをつくろうとしている人や、部屋に砂を敷き詰めて生活している人や、自分の細胞から作品をつくっている人や、地理学で博士一年の時に史上最年少で日本学術会議のメンバーになった人などがいます。

 

───・・・・・・・・・・・・・・・・・??(部屋の空調の音だけが聞こえる)

 

羊さん:ちょうど一人来たので、お話を伺ってみますか?

 

───めっちゃ緊張してきたんですけどお手洗いお借りしていいですか?

 

次ページ:世界観、爆発。

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

苔

写真を撮るのが好きです。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ