東大女子とTechな未来【情報系女子にプログラミングの疑問をぶつけてみた】

LINEで送る
Pocket

プログラミングを学ぶには?

大学でも、文系でもできる?

──プログラミングって、大学から始めても間に合うんですか?

:女子は大学から始めた人が多いですね。と言っても、そもそも女子は少ないけど(笑)

:おっと(笑)

:まぁ目立つ人は前からやってる人が多いんですけど、大学から始める人も多いです。授業では、大学から始める人にレベルを合わせて行われますし。

──文系脳でも全然できますか?

膨大なデータを高速に処理したいとかいうような、性能を追求するプログラムを書くときは数学の知識なしでは正直キツイと思います。

でも、ちょっとしたスマホアプリなんかを作る分には数学が得意じゃなきゃいけないわけではありません。文理関係ないですよ。

数式解いてるわけじゃないんだよってことを伝えたいです。

まとめ④:数式はそんな使ってないよ

勉強はどうやって始めればいいの?

──プログラミングの勉強ってどうやって始めるんですか?

環境構築ってのがあって。マニアックな言葉なんで説明が難しいんですけど。

プログラミング言語は人間が読める形になってるけど、コンピュータはそれを理解出来ないんです。

だから、人間が書いたコードを機械語に翻訳するコンパイラとかインタープリタとか呼ばれるソフトをまずパソコンにインストールしないといけないんです。

──(よくわからん)

:つまり、買ってきたばかりのパソコンでコードをパカパカ打っても何も実行できないので、勉強できるように机に道具を置くみたいな。セットアップなんです。一回やったらその後意識しないようなものなので。

:なんかわかりにくいのでカットで(笑)

──いやいや(笑)こういうところが初心者にはわかりにくいポイントな気がします。

:あ〜確かに。コードとかは結構ネットに載ってるけど、環境構築はそんなネットに書いてなかったり。

:やっぱ授業行こって(笑)授業を受ければ、環境構築とか授業内でやってくれるのですごい楽なんです。

:TAさんに質問も出来るしね。授業じゃなくても、知ってる友達に教えてもらうとかアリかも。

──最初は人から習うのがわかりやすいんですね!

まとめ⑤:最初は人から教えてもらうのがいい

:そうですね。宣伝にはなっちゃうんですけど、私たちのTeaTime Tech Lab.とコラボしているゼミでは、なんと環境構築が入らないという……

──(さっきから宣伝が絶妙過ぎないか?)

あれ、ちょうどこんなイベントが!!?

【東大女子限定】タダで「情報系」の情報が?

TeaTime Tech Lab.

  1. 参加対象者:東大に在籍する学部生・院生の女子限定
  2. 場所;六本木ヒルズ Google Japan本社
  3. 日程:6月16日(土)12:30~19:30
  4. 応募締切:6月2日(土)23:59
  5. 参加費:無料
  6. 内容:エンジニアによる講演+エンジニアとの座談会+懇親会

 

──今回のイベントについて教えて下さい。

:今年からTeaTime HackathonからTeaTime Tech Lab.になったんです。

今までは実際に手を動かしてものを作っていたんですが、今年は情報系ってなんだろうって思ってる人や、プログラミングをしている人はどういうことやってるんだろうっていう人向けに開きます。

なので今年は講演会と座談会という形になりました。

──どういう思いで運営されているんですか?

情報系を目指す女子の仲間が少ないんです。周りに女子が少ないからやらないって言うのはすごくもったいないと思ってて。今回集まった人の中で仲良くなってくれればいいなというのがあります。

:興味がなかったらなかったで別にいいんです。でも、興味があるのにハードルを感じたり、そもそも眼中に入らなかったりって、すごくもったいないと思うんです。

最初の一歩はやりやすくしてあげるのがいいかなってことでやってます。

:私は女子会が好きだからやりたいってのもある(笑)あ、ここもカットで(笑)

──他にも今回のイベントのおすすめポイントがありますか?

:将来どう役に立つんだろうってことも学べますよ!

プログラミングとか情報系とか気になるけど何かわからない人たちが、最初の一歩を踏み出すためのイベントです。それを学ぶと将来どう役に立つんだろうっていうことを学べる場でもあります。

:googleのオフィスに行ったり、社員さんと喋れる機会ってなかなかないと思うので是非来て欲しいです!

あとはタダで美味しいものを食べられるので(笑)

今年はゼミもやります!

全学体験ゼミナール(主題科目)

  1. 参加対象者:教養学部1・2年生(文理、男女問わない)
  2. 日程:S2ターム(集中講義)
  3. 応募締切:6月6日(水) 23:59
  4. 内容:本ゼミでは、モノづくりやプログラミングに興味はあるけれど、どこから手をつけていいか分からない、もしくは、初学者から中級者へのステップアップを目指したいと思っている人が、コンセプト立案から、モノづくり、そしてプレゼンテーションまでを一気に体験することができます。教育用のマイコンボード「micro:bit」を活用し、プログラミングの基礎を学ぶとともに、モノづくりのノウハウを体得し、流れを習得することを目標にします。

 

──今回はゼミもやるんですね!

:ゼミの方は4日間の集中講義で、先生+TAにプログラミングを教えてもらえます

:内容はイギリスの小、中学生がやってることです(笑)

micro:bitという最近開発されたボードを使うのですが、センサとかLEDとかが1個のボードに全て乗っかっていて、しかもWebブラウザだけでプログラミングができてしまうので、

初心者でもつまづきにくい内容になっています。でも、ちゃんと高度な内容への導入にもなっていて、教える内容は結構本格的です。

4日目には発表があって、4日間で1人で何かを作り上げられるところまで学べます。目覚まし時計とか。ゼミの方は男子でも大歓迎です。

 

──では、最後にメッセージをお願いします!

:情報系を目指す東大女子って少ないと思うんですけど、興味があることに対してためらわないでいて欲しいなって。

周りの人たちが自分よりレベル高いし、女子も少ないし…っていう理由でプログラミングを諦めないでほしい。

そのために、踏み台でもいいのでこのイベントやゼミが使われてくれたらいいなと思います。

電情はいいぞぉ👍

:今日全然電情の説明してこなかったけど(笑)

──じゃあ、記事にリンク貼っておきますね(笑)

 

TeaTime Tech Lab.の情報は↓↓↓

HP:こちら
Twitter:こちら
Facebook:こちら

ちなみに運営メンバーも募集しているとのこと!

全学体験ゼミナールの情報は↓↓↓

HP:こちら

 

ちなみに、電子情報工学科(電情)に関する情報はこちらから(笑)

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

長谷部に似てる、それだけ。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ