【五月祭・留学生模擬店】真の文化交流は、舌の上で起きる?

LINEで送る
Pocket

こんにちは、今まで五月祭の模擬店を舐めていました。苔です。

 

いきなりですがクイズです。下の3つの料理がどの国の料理か線で結んでみましょう。

 

……全然わからないですよね〜〜〜!!!!地図上の位置も宗教も首都も気候も色々勉強した割に、食べ物って全然わからないですよね〜〜〜!!!!

その国の人がいつも食べているものを食べるってめちゃくちゃ素敵な文化交流ですし、単純に食べたことがない味があるって何だか損じゃないですか?味も、食感も、匂いも予測がつかない食べ物があるなんて、それだけでドキドキしませんか?そんな胸の高鳴り、味わいたくないですか?

しかもそれぞれの食べ物は各国の代表選手。日本で言うところの唐揚げポジション。食べない理由がッ………ないッ…….!!!

 

ということで何だか食べたくなってきた皆さん、なんと、全部五月祭で食べられます

 

十数カ国の留学生模擬店が軒を連ねる五月祭、実質世界旅行

今回はそのうちの三ヶ国の留学生模擬店の出店者にお話を伺ってきました。

そこには、口に入れるまで分からない、そんな未知の世界との真の交流が待っていました。


ネパール

 

世界一高い山エベレストで有名なネパール。お話をしてくれたのはこの方。

学生証
  1.  氏名:Satish Kumar Jaiswal さん
  2.  所属:東京大学大学院情報理工学系研究科修士2年
  3.  出身:ネパール

 

──よろしくお願いします。今回の出店について詳しく教えてください。

 

私たち「ネパール人留学生協会」はネパール料理の模擬店を出店します。ネパール人留学生交流会は現在21人で基本的に人伝てで加入していく形ですね。

模擬店では、ネパール人のソウルフードである「モモ」を売る予定です。

──果物以外にモモという食べ物があることを今知りました。

 

餃子をイメージしてくれれば大丈夫です。鶏ひき肉、キャベツ、玉ねぎ、長ネギ、スパイスを混ぜて作った餡を小麦粉の皮で包んでソースをつけて食べます。ソースはすりごま、トマト、ターメリック、玉ねぎ、ガーリックなどのスパイスから作ります。

 

──完全に餃子ですね。

 

見た目は完全に蒸し餃子なんですが、味は全然違います。ネパール独特のスパイスがその決め手になっているんですが、こう、なんというか………日本の餃子とは全く美味しさの質が異なっているんですよね。

何も言えねえ

味は…日本料理に近いものがないので食べないとわかりません(断言)

 

──どうしてそんな謎に包まれたモモを売ることにしたんですか?

 

モモはネパールだと週1以上で食べる一般的な料理なので、自分の国の文化をありのままに見てもらうには一番良いかと思いました。

五月祭では色んな学科が研究室ならではの出し物をしていますが、同じようにネパール人がネパールならではの料理を五月祭で売ることに意味があると考えています。

モモは東京でもほとんど食べられない料理なので、せっかくの機会にぜひその味を体験してほしいですね。

 

次ページ:首都の名前が世界で一番長い……

 

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

苔

写真を撮るのが好きです。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ