【猟師東大生】「何があっても生き残る」三鷹寮で昆虫を食べていた男がついに狩猟を始めた話

LINEで送る
Pocket

百聞は一見にしかず。狩人の会に密着取材してきた。

<以下の写真には閲覧注意のものを含みますので、お気を付けください。>

当日。やって来たのは、西武池袋線、武蔵横手駅。埼玉県の日高市にある自然豊かな駅。

その日はなんと、イノシシの解体をするという。

先に断っておきますが、狩人の会の皆さんは、動物に敬意を持って接していますし、動物のことが大好きな方々です。

まず、こんな感じで、他の猟師さんが先日狩ってきたイノシシが台の上に置かれます。

腐らないように、すでに血抜きがしてあります。

次に小林さんが、ナイフの使い方、毛皮の剥ぎ取り方法を説明し、

専門店で買うナイフは高価なので、百均の包丁をひたすら研いで作ったらしい

みんなで、イノシシの皮を剥ぎ取り、肉を解体する。

「ここが筋肉」「ここが腱」と小林さんが丁寧に説明してくださり、綺麗に解体していきます。

小林さんはすでに数十頭解体をしたことがあるそうで、器用な手さばきでどんどん解体していきました。

動物の体のつくりを実践的に学べます

新歓なので新入生ももちろんいるわけですが、みんなビビることなく、黙々と解体に取り組んでいました。

 

──(…いや、てか皆さん冷静になってくださいよ…大学3年生で、鹿イノシシ捌いたり、そもそも鉄砲持って動物を捕まえてるっておかしくないか…?この人ほんとに東大生??)

 

なんてこと考えながら、筆者も皮剥ぎをやらせていただきました。完全に高校の解剖実験を思い出してました。

自分たちで解体したイノシシを食べることは衛生的にできませんでしたが、そのあとは、他の猟師さんにいただいた鹿肉、イノシシ肉でバーベキューをしたり、

「ジビエは脂身が少ないからすぐフライパンにくっつく」の図

猟犬を連れて実際に、山でアニマルトラッキングをしたり、

自然に癒される

とても充実した1日でした!!(完)

ルーツは大震災?

──小林さんの、師匠を探したり、東大狩人の会を立ち上げたり、そういう狩猟に対するエネルギーってどっからきてるんですか?

 

小林:俺はとにかくサバイバル、というか、何があっても生き残りたい、ってずっと思ってたんすよ。前の記事もありますけど、生き残りたいっていうのがあって、それに向かって突っ走ってたら、いつの間にかこんなんになってましたけど。

獰猛な猟犬を簡単に従えてしまう

──いつ頃から生き残りたいって思いが芽生え始めたんですか?普通に生きてたらそんなに、今の暮らしでいいやって思いません?

 

小林:まあ俺小学生の頃から、縄文人に憧れていたんですけど。でも、いま考えて見れば東日本大震災じゃないですかね。地元の茨城も6強とか6弱とか揺れましたし、電気も水道も全部止まって、一週間くらい復活しなかったので。

まあそれもあって何があっても生き残ってやるぜってなったのかもしれないです。あやふやで覚えてないですけど、よくよく考えてみたらそんな気もしてきましたね。

人間は生物として、退化している

──生き残るための手段としての狩猟、ですか。

 

小林:昔の人たちは、全部手作りで、何から何まで作って、食べ物全部自分らでとってやってたわけじゃないですか。今の、特に都市とかに住んでる人は、食べ物も、コンビニとかスーパーに行けば手に入るし、特に住む場所には困らない、家に帰ればあったかい寝床とかがある。

今の人は、昔の人たちに比べて、明らかに生きる能力が退化してるんじゃないかなって思うんですよね。

生きる能力を取り戻す(Tシャツの後ろのプリントはマダニ)

──僕も既製品を買ったり、めんどくさいことは機械に任せればいいやってなったりしてます。

 

小林:まあ、意見を変えると、人間は速く走るために車とかの移動手段を開発して、とか色々ありますけど。でも、災害とかがあったとき、自分たちは昔の人たちみたいに生きられるのか。

何かライフラインが止まったときに、果たして生きられるのか、って。本当に止まった時に、今の現代人じゃ、生き残れないんじゃないかって思うんですよね。

 

──確かに。いきなり電気も水道も止まったらどうしていいかわからない…。そのまま餓死しそう。

 

小林:自分たちが、自分らの手で、食べ物をとって、処理して、食べるっていう過程を経ることで、ライフラインが止まってもちゃんと食料を手に入れることができる。しかも、そうすることで、自分が生きているっていう実感が得られる。

「生きている」という実感

──生の実感、ですか。

 

小林:スーパーで、サンドイッチとか買って食べていても得られることのできない、「食事っていうのは、何かの生き物を殺して、食べているんだ」っていうのを体感できる。

簡単にいうと、生きてるって思うんだよね。

 

──(…いや、小林さん半端なくかっこいいな、、)

 

そういえば、小林さん今三年生だけど、将来はどうするんだろう…?

4年で卒業して東大卒猟師になるのかな…それとも院進して…?はたまた就職か…?

次ページ:小林さんのこれから

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

おたきき

Only pack the essentials.

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ