【打ち上げ・コンパ】幹事必見!絶対に外れないご飯屋さんの探し方

LINEで送る
Pocket

②堅実に歩いて探したいあなたへ! ちょこっと寄り道型(東の場合)

(やりやすさ:★★★ 外さない度:★★★★)

ごち会、夏火鉢

例えば、牛タンのおいしい、こんなお店を発見・・・

東さんは、アート大好きな、コピーライターです。ごちそう会の活動に誰にも負けない情熱をかけている東さんは、お店探しへの熱意も人一倍。まだ見ぬ名店を発掘しようと奮闘しています。

そんな東さんのお店探しは、今日から誰もが実践できる、実に簡単な方法です。しかも、みんなが知らない隠れ家的名店に出会えます。デジタルな世の中にあって、彼のやり方はアナログに見えるかもしれません。

しかし、だからこそ、食通にしか知られていないようなお店に巡り合えるのです。

東のお店探し:隠れ家と出合う。

この方法は、一言で言うなら「人の行かない場所に行く」方法! 

そんな隠れ家は、人が入りやすい駅近のお店と比べて個性的で、思わぬ名店も多いのです。そのお店がいいお店なのか、現場で判断する方法もお伝えします。

 

(1)隠れ家の匂う場所へ行く

・大通りから1本、小道に入る

例えば、本郷通りから少し小道に入った先には、素敵なカフェが。

      

これ以外にも、

・地下や2階など、首を縦に動かす

・駅からちょっと足を伸ばす

といった方法が挙げられます。

 

(2)外観から、よいお店かを判断

そうやって「人の行かない場所」へ行ったとしましょう。では、その場で「この店がいい!」とどう判断すればいいでしょう? 

まず、入り口を見ます。そこは、ライティングが扉を照らしているお店でしょうか? 木でできた、ほっこりしたお店? 石畳がひかれている歴史ある場所? 外観から、お店の親しみやすさなどを肌で感じます。

白い壁にこじんまりした凸凹キッチンカフェ(高田馬場)

次に店の外のメニュー。チョークで描いた看板に旬のメニューがあれば、食材にこだわっていることが分かります。その他、写真を見て推しメニューを知ったり、価格帯を見ます。

前菜からパスタまで大胆に牛タン! 夏火鉢

例えば、この夏火鉢(下北沢)だったら「牛タン」推しですね。

 

(3)最後は好みと予算で決定

そして最後に、自分の好み・お財布と相談して、お店に入ります。

 

実際にやってみた!

では、この方法で実際に見つけたお店を紹介! あなたも今日から実践できます。

あなたは渋谷にいて、ランチを探しているとしましょう。まず「駅からちょっと足を伸ばして」、道玄坂を上ってみます。

そして「地下や2階など、首を縦に動かして」ビルの看板を観察します。

すると、坂の途中でおしゃれな2階席を発見。さらに進むと、一階に入口が。

デ・サリータ(渋谷)

外装を見てみます。おしゃれ・・・。でも、ちょっと高級そう。よく見ると、ワインセラーが2階まで伸びていてお酒にこだわっているようです。

入口でもじもじしていると、お店の人が扉を開きました。

東「あの、夜の打ち上げ店を下見していて・・・」

すると、店舗カードを渡してくれました。声をかけてくれたのにホッとして「丁寧なお店だな」と思い、このお店に入ることに。

自家製のドレッシングのサラダが出たのを始め、ランチは満足。

そのあと店長さんと直接お話しして、大学生のためにコースをつくって頂けないか相談。

特別料金で、トリュフのホワイトクリームパスタ(写真)が出るごち会コースをつくってくれました。

人がいないところにこそ、秘かなおいしいお店がある。いわゆる隠れ家的名店ですね。一歩踏み出せば、そこに新しい世界が広がっているかもしれません。

私も、今すぐにでも実践しようと思いました。

 

次ページ:「絶対に」外れないお店を探したいあなたへ

 

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

いつもの飲み放題の値段で、もっとおいしいものが楽しめたら? 「ごちそう会」は、心からすすめられるお店と【自慢の料理+おすすめの2杯】のコースをつくり、掲載しています。メンバー募集中! mail@gochikai.com

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ