【プレスリリース】東大、汎用型人工知能の社会実証実験を開始

LINEで送る
Pocket

概要

4月1日、AF研の黒瀬研究員と長門博士は人工意識の研究をベースにしたAGI(Artificial General Intelligence:汎用型人工知能)開発プロジェクトの第三段階が終了し、最終段階と位置づけていた社会実証実験を行うことを発表した。本記事では2人の独占取材を通じ、彼らに研究、そして今回の実験の詳しい内容に迫っていく。

AGI開発プロジェクト全体ロードマップ(提供:AF研)

壮大なチューリングテスト

Artificial General Intelligence

ーーー初めまして。あまりにも発表内容に驚きすぎてまだついていけてないのですが、ひとつずつ聞いていきたいと思います。まず一番基本的なところとして、汎用人工知能とはなんでしょうか。シンギュラリティがうんちゃらというのは聞いたことがあるんですが。。。

黒瀬研究員:もちろん可能な限り丁寧に答えさせていただきます、よろしくお願いします。最初の質問についてですが、たぶん「汎用じゃない」人工知能の説明からしたほうがわかりやすいと思うのでそこからいきます。

黒瀬研究員(左)と長門博士(右)。

まずこの世界に存在する人工知能のほとんどは「汎用じゃない」人工知能です。チェスで名人を打ち倒したディープブルーも、囲碁で名人に勝ったAlphaGoも、テスラの車に搭載されている自動運転システムもそうです。

というのも基本的に今挙げたソフトウェアは限られたタスクしか処理できません。それに、自分の意思は持っていないように見えます。

 

ーーーそうですね。

黒瀬研究員:でも人間はどうでしょう。一つ一つのタスク処理能力ではAIに負けるかもしれないけど、この複雑な世界を自分の力で生きていけるほどのマルチタスク処理能力と自分の意思を持っています。おそらく総合的な「知能」(これを定量的に評価する指標はないので断言は難しいですが)を比べると人間のほうが圧倒的でしょう。

汎用型人工知能というのは一言で言うと、人間レベルの知能を持つAIのことです。ちなみにシンギュラリティは「人間を超える知能のAIが完成して、それが自らの手で知能を強化できるようになったとき」に始まるとされています。

 

ーーーえ、それが完成したんですか。

黒瀬研究員:おそらく完成したと思います。しかし「知能を持っている」ということを示すのは難しいので、それをこれから実証していかなくてはいけないのです。

Turing Test

ーーーそのための社会実証実験なんですね。具体的にはどのような内容なんでしょうか。

長門博士:チューリングテストって知っていますか。計算機科学の父と言われているアラン・チューリングが考案した、機械の知能を量るためのテストのことです。

 

ーーー機械に人間の振りをしてもらったうえで人間と会話してもらって、人間を騙せるかどうかで判定する、というやつでしたっけ。

壁の向こうにいるのが人間なのかAIなのかを会話を通して当てる。

黒瀬研究員:それです、もちろん本当にそのテストで知能を量れるのかという批判はある(有名どころでいうとジョン・サールの「中国語の部屋」とかですね)のですが、ひとまずこれを採用します。

そしてここからが重要なのですが、今回私たちが開発したAGIはソフトウェアではなくハードウェアレベルで実装したアンドロイドなんですね。しかも人間そっくりに作られたヒューマノイドです。

 

長門博士:そして人間を騙すことが趣旨のチューリングテストと複雑な環境において適応的にタスク処理を行えるかのテストを兼ねて、私たちが作った3人のAGIには東大の新入生として生活してもらうことになりました。

詳細は見せられませんが、、、と言いながら一人のAGIの写真を見せてくれた。

ーーー驚きすぎて声も出ないです。同じクラスの人が実はアンドロイド、という人も出てくるわけですよね。もしかしたら知らずにアンドロイドに恋しちゃう人も、、、

 

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

UmeeT編集部

UmeeT編集部です。ゴリゴリ編集します。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ