「日本酒は贅沢品。飲めることに感謝したい」2018ミス日本酒茨城代表・宮内菜奈子さんインタビュー!

LINEで送る
Pocket

こんにちは。ライターのりほです。

みなさん、お酒はお好きですか?飲み会が苦手だとしても、自分の好きな美味しいお酒を味わいながら飲むのは好き、という方は多いのではないでしょうか。

今回取材したのは、日本酒の魅力を国内・海外に広く伝えることを目的としたコンテスト「ミス日本酒」の2018年大会で茨城県代表に選出された、

東大大学院農学生命科学研究科・修士2年の宮内菜奈子さん。

わたしは日本酒がお酒の中で一番好きなので、「日本酒×美女?最高やん絶対取材したい」と思い留学先のアメリカから電話取材を申し込んだのですが、

この方、単なる「日本酒が好きなきれいなお姉さん」じゃありませんでした。思った以上にめっちゃガチでした。

わたしのように日本酒(と美女)が好きな方はもちろん、そうじゃない方もこの記事を読んだら日本酒を飲みたくなるんじゃないかと思います。単に酔うためではなく、味わうために。

☞学生証

  1. お名前:宮内菜奈子さん
  2. 所属:東京大学大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻修士2年
  3. 学部時代の部活:水泳部
  4. 資格:利き酒師・国際利き酒師

電話取材なのでイヤホンを着けられています

競泳をやめて、「好きなだけ飲めるじゃん!」って思った

筆者:まず最初に、どんなきっかけでミス日本酒に応募されたのか教えてください。

 

宮内:父が日本酒が好きで小さい頃から身近にあったのと、自分の味覚にも合っていたので、飲み始めた頃からずっと日本酒は好きでした。日本酒って同じお米と水から作っているのに、銘柄によって幅広い味があるのにもびっくりして、面白いなと思って。和食居酒屋さんに行っていろんな銘柄を飲んでいました。

<そもそも日本酒とは?>

日本酒(にほんしゅ)は、通常は米と麹と水を主な原料とする清酒(せいしゅ)を指す。…同法において「清酒」とは、次の要件を満たした酒類で、アルコール分が22度未満のものをいう(3条7号)。

  1. 米、米こうじ及び水を原料として発酵させて、こしたもの
  2. 米、米こうじ、水及び清酒かすその他政令で定める物品を原料として発酵させて、こしたもの
  3. 清酒に清酒かすを加えて、こしたもの

引用:「日本酒」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2018/3/1、URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/日本酒

宮内:わたし、進学振り分けの時に何が自分にとって一番大事かを考えた結果、「食べることが自分にとって一番大事なんだな」って気づいたんです。それで農学部に進んで、今は大学院で稲の土壌の研究をしているくらい、お酒を含めた食事自体が大好きで。

といっても学部時代は水泳部に所属していて、筋肉第一だったのとあと朝練があったりしたのであまり飲んでいなかったのですが、部活を引退してからは、「好きなだけ飲めるじゃん!」って思ったんですね(笑)

居酒屋さんで飲むだけでは物足りなくなって、自分でオンラインで取り寄せたり、酒屋さんに行って買ってきたり、旅行先で地酒を楽しんだりするようになりました。

水泳部では主将を務め、なんと七大戦を4連覇されたそう。すごすぎ。

筆者:え、酒屋さんにまで行かれるんですか!すごい。でもそれ、友達とかに「めっちゃ飲んでるね」とか言われません?

 

宮内:すっごい言われます(笑)特にミス日本酒の活動を始めてからはSNSにお酒の写真ばっかり投稿してるので、特に言われますね。

そもそも周りの人で日本酒が好きな人が少ないのが悲しいなあ、と思ったのがミス日本酒に応募した理由のひとつで。

なんだかほとんどの大学生にとっての日本酒って、居酒屋とかで安く売っている、美味しくない、酔うためだけのお酒なのかなって思ったんです。だから、日本酒はもっと美味しくて奥が深いお酒なんだっていうことを伝えたい、というのが応募した理由の1つです。

日本酒の「いま」

宮内:ミス日本酒に参加した大きい理由はもう1つあって、それが「日本酒の国内の消費量が減っている」ということです。

日本酒以外の選択肢が増えていること、あとは学生にも手が届きそうな安い日本酒は初心者は飲みにくい辛口のものが多いことが原因かと自分では思っているのですが。

ただ反対に、海外での消費量・輸出量は増えているんですね。インターナショナル・ワインチャレンジというワインの世界大会で、日本酒部門が新設されたりして、注目が集まっていて。

筆者:確かにわたしも、「1年日本酒とはおさらばだ…」と覚悟を決めて留学に来たんですが、意外とお店に置いてあって拍子抜けしました。

 

宮内:ですよね。とはいっても、日本酒って輸出する時には冷蔵しなければいけないので、冷蔵コンテナでの輸送と関税の関係で大体3倍くらいの値段になってしまうんですね。

輸出時の手間がかかる割には酒蔵さんにとっての利益率は国内で販売するときと変わらないので、新規参入はなかなか難しいんです。

そこから考えると、「外国人の方に、日本国内で日本酒を消費してもらう」っていうのが、日本酒を存続させるために大事なんじゃないかと考えていて。特に酒蔵さんは地方に点在しているので、有名な観光地だけでなく地方にお金を落としていただくことにも繋がりますし。

ミス日本酒としてそのPRができたらな、日本酒の種類や飲み方を国内だけでなく海外にも伝えられたら、と思ってるんです。

 

筆者:となると、ミス日本酒の活動は海外でも行われてるんですか?

 

宮内:グランプリを取ると、振袖で海外を巡って日本酒をPRすることが仕事の1つになります。歴代のグランプリの方々は全部で14カ国に行っていらっしゃいますね。

 

筆者:14カ国!めちゃめちゃ多いですね…!

公式ホームページより。華やかで本当に美しいのでぜひリンク先に飛んでみてください

宮内:そうなんです!3/12に京都のウェスティンホテルでグランプリを決める最終選考会があるので、ご都合がつく方はぜひ見に来ていただきたいです!23人が振袖姿で並ぶ姿は圧巻だと思います。

(最終選考会についての詳しい情報はこちらから!)

自主的に酒屋を回ってPR

宮内:今はトレーニングプログラムというのを週末に受けていて。ミス日本酒としてふさわしい女性になるために、華道の先生からお話を伺ったり、振袖を自分で着られるような訓練を受けたり、和髪も自分でできるように練習したりしていて、他の日本文化についても学べるので楽しいですね。

宮内:あとは茨城は東京から近いので、実際に茨城の観光名所に足を運んでSNSで宣伝したりとか、茨城の酒屋さんやアンテナショップにお邪魔してこんなお酒があってこういう思いで作られていますよ、っていうのをインスタグラムに書いたりもしています。

 

お正月に飲んだお酒❇ 【来福 貴醸酒 純米生 MELLOW】 茨城は筑西市の来福酒造さんのお酒🍶 グラスに注いだ瞬間から、ふわっと華やかにメロンの香りが広がり、それだけで幸せな気分に😌 貴醸酒だけあって、存在感ある甘味が口いっぱいに広がります💕それでいてさらっと透明感があってしつこくない!👀 お米のお酒の無限の可能性を感じさせるお酒🍶 デザートワインのかわりにも😸 貴醸酒は、仕込み水の一部に日本酒を贅沢にも使用したお酒✨このMELLOWは、さらに贅沢なことに、仕込みに純米酒を使用していますよ😍 #ミス日本酒 #misssake #茨城 #日本酒 #japanesesake #sake #来福 #来福酒造 #純米生酒 #貴醸酒#日本酒好き #日本酒で乾杯 #日本酒女子 #sakelover #sakemake #japanesegirl #東大 #大学院生 #ミスコン #instagood #お酒好きな人とつながりたい #飲酒タグラム #ポートレート #photography #宮内菜奈子

A post shared by 宮内 菜奈子 (@nanako_official_) on

筆者:取材の前に宮内さんのSNSを拝見して、「わー酒屋さんたくさん行ってらっしゃるなー」と思ってたんですが、あれは運営の方のほうからここの酒屋さん行ってお話聞いてください、という風に言われるんですか?

 

宮内:いや、あれは自主的に回ってます!

もともと日本酒好きで酒屋さんに行ってたので。茨城行ったついでにふらっと立ち寄ったところで写真撮らせていただいて。

 

筆者:酒屋にふらっと立ち寄ることってそんなあります???

宮内:気になる銘柄を味見させてくれたりとかして楽しいですよ!

店員さんももちろん、全然わたしなんかよりもお酒に詳しいので、おすすめ聞いたりとか、こういうタイプのお酒飲みたいんですけど、こういう料理に合わせたいんですけど、っていう風に答えると快く答えてくれるし、自分の知識も増えるしでおすすめです。

 

筆者:確かに、日本酒のプロですもんね。どこかおすすめの酒屋さんとかってありますか?

 

宮内:谷中のあたりは酒屋さんがたくさんあっておすすめです。店頭で味見させてくれたりとかします。街並みも古き良き商店街、って感じで風情がありますね。

あと自分はやっぱり茨城の日本酒に詳しいので、銀座にある茨城のアンテナショップに行って、地酒をよく買っています。逆に茨城の酒蔵さんに行った時に、東京にアンテナショップがあるか聞いて行ってみたりとか。

アンテナショップ「茨城マルシェ」の品揃え。試飲もできるそう

宮内:酒蔵さんとかアンテナショップって生産者の方の思いを聞ける貴重な場でもあるので、そういうところでお酒を買った時は、味だけでなくそういった思いも発信するように心がけています。

 

次ページ:東大のオフィシャル日本酒とは?!宮内さん直伝日本酒Tips

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

りほ

美しいものとお酒が好きです。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ