【自分の人生に疲れたあなたへ】悩みがちな東大生がおすすめする解決策は、“コミックエッセイ”

LINEで送る
Pocket

こんにちは、今月で東大を卒業する(しかし何も進路が決まっていない)ゆみです。

今日駒場に来たら、新入生説明会があったのか、新入生の方々を沢山見かけました。心の底から合格&入学おめでとうございます!!

東大に合格してすごい嬉しかった5年前を少し思い出しました!

一家みんなハッピーハッピーて感じでした。

が、当たり前ですが、東大生になっても、全然つらいことは尽きません。

就活、人間関係、進路…….悩もうと思えば何でも悩めます!!

もっと汚い部屋で悩んでます。

今すでに東大生の人は、春休み楽しんでますか?

 

休暇に入ると、時間が増える分、悩みも増えるっていう人も多いような気がします。(実際、休暇中よりも、休暇を楽しみにしている休暇前の方が幸福度が高いっていう研究もあるそうです。)

特に今は就活の時期でもあるので、休暇どころじゃねーよ!っていう方もいますかね。お疲れ様です!

 

 

こういう尽きない悩みに対して、みなさんどう対処してますか?

早寝早起き、漢方、カウンセラー、瞑想……色々あるかと思います。

が、今回おすすめしたいのは、漫画です!その中でも、コミックエッセイです!

コミックエッセイとは?

筆者が自分の体験・人生を書いた漫画。誇張はあるかもしれないが、基本ノンフィクション。ユニークな人生や強烈な体験を漫画にしたものが多い。

 

自分の人生にどん疲れな人、他人の人生を覗いてみると意外と気が楽になったりしますよ。

あと、「いま全然悩みな〜い」っていうお気楽ピーポーにも、「こういう人生もあるんだ〜」つって、けっこう楽しめると思います。

「いや全然超ハッピー!!」って人も、よかったら読んで下さい!

「親子関係も就活も何もかもうまくいかねえ」って時に出会った漫画。

タイトルだけで敬遠しないで…(漫画の写真は全部自前の漫画を撮ってます。なのでちょっと画質微妙だけど許して。)

もう何よりも紹介したいと思ったのが、永田カビさんのこの漫画エッセイ。

タイトルからは想像しづらいかも知れないですが、特に就活とか将来の進路で悩んでいる東大生に読んで欲しいです!!

漫画を描きたいという夢がありながらも、『正社員』になって親を満足させなければというプレッシャーや、それが出来ない自分には価値がないという思いから拒食や過食、自傷に陥っていた永田カビさん。

でも、親を満足させるためではなく、自分の気持ちに正直になって行動(その第一歩が、レズ風俗に行ったこと)してみたら……という話。

このエッセイが、親との関係や、就活の諸々で、はげる一歩手前まで悩んでいた自分にゴーーーーンと響いた

いや別に、「好きなことをやるために就活やめろ」、と言いたいわけじゃなくて。

ただ、人によって何が生き甲斐になったり、どういう生き方が合っているかっていうのは違うから、無理して自分の進路まで人に合わせなくても良いとこの漫画は思わせてくれます。

 

これが、普通の作り話だったら、「ほ〜、そですか、よござんしょ。でも現実は厳しいんだよ」と思うだけ。

でも、実際にこういう風な生き方もあるんだと思わせてくれるのが、実話のコミックエッセイのいいところなんじゃないかなと思います!

ダイジェストで読めるページもあるんで、読んでみて下さい→http://matogrosso.jp/privaterepo/01.html

(いやオラは買うぞ!という太っ腹な人はこちら→amazon

まさかのコンプレックスを、芸術作品“デコまん”に。

最初が、レズ風俗で、次コレかよ…ってタイトルだけ見た人には思われそうなんですけど、気にしません(いやむっちゃしてます)

コンプレックス誰しもどこかにあると思うんですが、筆者のろくでなし子さんは、もともとあった顔のコンプレックスを克服後、新たなコンプレックスを見つけます。

自分の下半身に。ていうか局部に。

この漫画の中の表記で言うと、MKに。(待って、この記事の方向性どこ行くの)

“今世紀最狂アーティスト”

が、局部(というか、MK☆)を整形しただけで終わらせないのが、この筆者のすごいところ。

コンプレックスを克服した記念に、歯医者で歯の型どりにも使われる・アルギン酸塩印象材なるものを使って、MKをかたどったアートを作ります。

アルギン酸塩印象材。普通は、歯の型どりに使われます。普通は。(画像引用:ニュースダイジェストドイツ歯科事情

この漫画を読むと、些細な見た目へのコンプレックスとか世間体とか、割と吹っ飛びます。

実際に、ろくでなし子さんはこのアートを「わいせつ」罪として訴えられたりしていました(アートに関しては、無罪判決が出たそうです。詳しくは、ニュース見て)。

 

この負のコンプレックスをアートに変えたり、世間からどう言われても突き進んでいく姿には、まじでパワーもらえます

MKをアートにして警察と戦っている人がいると思うと、就活で悩んでいる自分が超小さい人間だなと思います。よく、「宇宙と比べると僕たち人間なんてちっぽけさ…」なんて語り出す人いますが、ろくでなし子さんの方が、よっぽど宇宙で最高です。

宇宙も困るよね、そう毎回悩みを比べられても。

amazon→ろくでなし子著『デコまん』

 

次ページ:次もまさかのMKつながりです。

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

ゆみ

駒場5年生。しゅうしょくさきは未定。エストニアに住みたいなあと夢みてます。計画性のないブログもやってるのでよかったら覗いてみてください〜(Websiteってとこから飛べます)

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ