「世界一かわいい音楽を作れる」東大OB作曲家、ヤマモトショウさんに会いに行った

LINEで送る
Pocket

東大OBのミュージシャン。

そう聞くと、「せっかく東大出たのにミュージシャン?」「知的で難解な音楽やりそう…」と思う人も多いでしょう。実際、そんな色眼鏡を通して見られることもあると思います。

そんな周囲の目を軽々とくぐり抜け、『世界一かわいい音楽を作れる』というキャッチコピーのもと活動しているのが、ヤマモトショウさん。

 

 

バンド「ふぇのたす」のギター、作詞作曲担当としてデビューし、バンド解散後は主に、作詞家、作曲家、編曲家として活動中。アイドル「フィロソフィーのダンス」では全曲の作詞を担当しているほか、曲ごとに異なる女性ボーカルをゲストに迎えるソロ名義「SOROR」でも3月14日にアルバムがリリース予定となっており、様々な方面で活躍中の音楽家です。

 

 

 

「東大出てミュージシャンになることへの葛藤とかは特になかったですね」

「周囲の目がもともとあんまり気にならない性格なんですよね」

「周りの仲間が東京に行くというので、東京にいくために東大という感じで…笑」

 

飄々とした受け答えと、その奥に見え隠れする芯の強さ。一体どのようにして、その強さを得てきたのか。今回はヤマモトさんの学生時代、そこで学んだ哲学という学問、そして音楽が仕事になっていった経緯について、たっぷりお話を伺いました。

 

「葛藤はなかったですね」

ー今日はよろしくお願いします。東大のメディアということで、まずは学生時代のお話を中心に伺わせてください。作詞家、作曲家、編曲家として精力的に活動されているヤマモトさんですが、元々はバンド「ふぇのたす」でのデビューですよね。学生時代からその前身となるバンドで活動されていたのでしょうか。

ヤマモトそうですね。そもそもバンドを本格的にはじめたのは大学3年の頃なんです。それまでも大学のサークルでコピーバンドを組んだりしていましたが、オリジナル曲をちゃんとやりはじめたのはそこがはじめて。まあ当時、「就活」みたいな話もちらほら周囲で耳にし始める頃で、自分の将来について考え始めたときに「音楽でどこまでいけるか勝負してみよう」と思ったんですよね。

ー当時から、ふぇのたすにつながるような音楽をされていたのですか。

ヤマモトいや、最初はまあ普通のバンドサウンド…みたいな感じですかね(笑) 下北沢のライブハウスとかでライブをやっていたんですが、当時はちょうど、そういった場所でもバンドと同じようにアイドルがライブをしはじめた頃でした。そして、自分たちのお客さんは10人とかなのに、アイドルの方はものすごい数のお客さんだと(笑) 当たり前ですが、そっちの方がお金もちゃんとまわってたんです。

そんな状況だったので、メンバーが変わってバンドが「ふぇのたす」になると、「自分たちもそういう魅せ方ができないだろうか」と思うようになりました。それからはいろんなことがうまくまわり始めましたね。

 

 

ーそしてふぇのたすでデビューされるわけですね。卒業後就職をせず、そのままミュージシャンを仕事にしていくことに、当時葛藤はありましたか。

ヤマモトいや、葛藤は特になかったですね。

ー(笑) 実はヤマモトさんのブログやtwitterなどを拝見させていただく中で、そう返されるのではないかと思っていました。いわゆる「葛藤」って、ミュージシャンでも何でも、その進路に不安が残っている場合のものだと思っていて、ヤマモトさんはおそらく当時からご自身の進路について不安はなかったのではないかと。

ヤマモトそうですね。もちろん音楽に不安はなかったですけど、まあ何事においてもあんまり不安はないタイプというか…(笑)

ー何事においても(笑)

ヤマモトあとは、たしかに「東大生なら一定以上の成功、安定が約束された道があるのになんで音楽の道に進むの!?」というのも分からなくはないんですけど、それについてはそのとき「自分にとって一番の安定とはなんだろう」と考えたんですね。

それで「自分にとって安定とは経済的な安定だったり社会的な安定ではなくて、心の安定なんだ」と思ったんです。そして自分は、音楽だったり自分がわくわくできることをずっとやっていられれば、心は安定する。そういう意味では一番安定に近い道を選んだんですよね。

ー「同級生がみんな大企業に就職するのを見ていると」とか「親の期待に応えないと…」というような声もたまに耳にするのですが、そういった気持ちも全くなかったですか。

ヤマモトなかったですね。まあ、あんまり周りからどう思われるかとか気にならないタイプなんですね。

 

もともと数学が好きだった

ー学生時代についてもう少し伺わせてください。ヤマモトさんは文学部の哲学専修を卒業されていて、現在の仕事にも哲学という学問がベースになっている部分がありますよね。わかりやすい例だと、全曲の作詞を担当されているフィロソフィーのダンスの『ダンス・ファウンダー』では、哲学にちなんだ歌詞の解説をご自身のブログで公開されて話題になっていました。

 

 

東大出身のミュージシャンでも、そうしたアカデミックな内容をストレートに仕事に反映されている例はすこし珍しいと感じます。そもそもヤマモトさんが哲学に興味を持ったのはいつ頃だったのでしょうか。

ヤマモト自分が哲学に興味を持ち始めたのは、学部に進んでからですね。そもそも自分は理系で東大に入学して、数学が好きだったので数学科に進もうと思っていたんです。でも大学に入ったら、やっぱり数学とかはすごいできるヤツがいて、その人たちと比べると自分が極めるのは無理だと思ったんですね。それならと思って、自分の興味に近いものを選んだ結果、哲学になりました。

ー数学への興味が変化して、哲学への興味になったんですね。ヤマモトさんは現在でもtwitterやブログで哲学について言及されていますが、当時から熱心に勉強されていたのでしょうか。

ヤマモトまあそのときは結構まじめに勉強しましたね。哲学科って、すごく哲学に興味があって熱心な学生と、逆に点数が足りなくて仕方なく選んだような学生と半々くらいだったりするんですが(笑)、それでいうと自分は前者だったと思います。

ただ、だからこそ今の仕事でも哲学を装飾的に使うことにはあまり積極的ではなくて。フィロソフィーのダンスも、歌詞に哲学の用語を散りばめてはいますが、歌詞が「哲学的」かというと、全くそうではないんですよね。

「哲学的」というのは、思弁的であったり抽象的であったりするもののことをいうのであって、むしろフィロソフィーのダンスでは、普通の恋愛や感情を、哲学の言葉を使って表現したいと思いました。そういう意味では、あえて哲学を装飾的に使っているという感じですね。

ーなるほど。先ほど「数学がすごくできるやつを見ていて、数学を極めるのは無理だと思った」というお話がありましたが、哲学に出会った、勉強したという以外で、東大に入ったことがその後のヤマモトさんの人生に影響を与えている部分はあるのでしょうか。

ヤマモトやっぱり入ってよかったと思いますよ。自分は地方出身で、そのとき一緒にバンドをやっていた連中が東京に行くというので一緒に東京に行くために東大を受験したようなものだったんですけど(笑) でも、来てみたらやっぱりいろんな方面で能力が高い人が多かったし、もし東大に来なかったら井の中の蛙で終わっていたかもしれないですからね。

 

次ページ:「なにか新しいものを生み出せるとしたら、歌詞以外に考えられなかった」

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

murata

文学部美学芸術学3年。ポップカルチャー全般。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ