【UmeeTクリスマス企画】人は一夜でどれだけのイルミネーションスポットを回れるのか

LINEで送る
Pocket

⑥赤坂サカス  20:02着  累積距離12.1km

TBSスタジオとかがある赤坂サカス。他の場所に比べるとあまりイルミネーションは目立たないかもしれないけど、この場所も綺麗だった。嬉しかったのは今まで街路樹が主体のイルミネーションだったけど、この場所はそうじゃなかったこと。アーケード通りの上からシャンデリアみたいに電飾がぶら下がっていて、街路樹にちょっと食傷気味になっていた僕達にとっては思わぬ僥倖だ。

そしてここからテンションも回復していく。いわゆる「サイクラーズ・ハイ*」というやつだ。夜の都心を自転車で駆け抜けるのがめちゃくちゃ気持ちいいのだ。疲れなんて吹き飛んでしまう。

(*編集部による造語)

彼女の笑顔もどうやら回復してきたようで、僕はそっと胸をなでおろした。

⑦丸の内(東京駅)  20:34着  累積距離16.2km

日本の中心、東京駅。この日は「東京ミチテラス」という一大イベントが行われていて、東京駅駅舎でプロジェクションマッピングが投影されていたり、幻想的なイルミネーションが町を包み込んでいたりした。

ベンチに座ってパシャリ。

残るは3箇所。でも調べてみたらそのうち一箇所は21時に消灯してしまうことがわかった。どうあがいてもたどり着くことはできないから、潔く諦めることに。引き際を知るのもシティ・ボーイの条件だ。

⑧東京ドームシティ  21:20着  累積距離20.0km

後楽園の近くの東京ドームシティ。遊園地としても十分楽しい場所だけど、この日はまばゆいばかりのイルミネーションがなお一層雰囲気を盛り立てていた。

ピンクのアーチが連なる光のトンネルは、2人でくぐれば絆が深まること間違い無し。なんと真上にはジェットコースターが走っているから、絶叫を聞きながらのデートになる。

水面には光の球が浮かぶ。まるで異世界に来たかのようだ。

⑨東大医学部前広場  22:04着  累積距離22.0km

ゴールはやっぱりここ。自分の大学のイルミネーションで華麗なフィニッシュを決める。

 途中の道のりは結構大変だったし、一箇所一箇所ごとのイルミネーションを100%楽しめたかというと自信はない。次のスポットに早く向かうために、景色に見とれている途中の彼女を急かしてしまったこともある。でも2人で自転車をこぐその時間は格別だったし、たどり着いたイルミネーションの輝きは毎回毎回鮮烈な印象を残した。
 そして、医学部前広場で彼女が見せてくれた笑顔はこの先一生忘れることはないだろう。

 

これこそが、間違いのない、クリスマスを120%楽しむ最強のデートプランだ。異論・反論は受け付けない。

 


なお、筆者はこのあと3時間かけて自転車で家まで帰宅した。

※馬鹿な企画に乗っかって彼女役まで引き受けてくれたメアリーさん、そしてカメラマンをやってくれた苔君、本当に本当にありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

空回りシティボーイ

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ