【等身大の社会貢献】落語を聴いたらいつの間にか社会貢献のイメージが変わっていた話。

LINEで送る
Pocket

こんにちは。ライターのトヨマネです。

突然ですが、あなたは「社会貢献」という言葉にどんなイメージを持っていますか?

募金活動、途上国支援、被災地訪問、ゴミ拾い…いろいろなワードが連想されると思いますが、それはどれも「大変そう」「意識高い人がすること」「自分には無理」という印象なのではないでしょうか。

少なくとも僕は、社会貢献という言葉にそういうイメージを持っていました。

ところが、今回の取材で少し印象が変わりました。

無理をしない範囲で、しかし着実に世の中のためになる活動を進めて行く。

そんな形の社会貢献があることを知りました。

今回は少々、社会派ムードで参ります。(たぶん)

──────────────────────────────────

さて、今回はそんな「社会貢献」を行っている学生団体の一つである、「東京大学国際協力学生団体 GREEN HEARTS(以下GREEN HEARTS)」に取材をさせていただきます。

GREEN HEARTSは、各種の活動で得た資金を使って、アフリカの子供たちにソーラーランプを寄付する活動を行っている学生団体です。

アフリカには、まだまだ電気が通っていない地域が少なくありません。

そのような地域の子供たちは、昼間は農作業に追われて勉強をすることができないという現実があります。そのため、子供たちは未だに灯油ランプで明かりで得ながら勉強をしています。

しかし灯油ランプは明かりが弱いだけでなく、ススを発生させるため健康に悪く、何より始末を誤ると火災を起こす危険があります。

そんな子供たちが安心して勉強をすることができるよう、太陽の光の力を使って安全で明るい光を灯す、ソーラーランプを寄付する。それがGREEN HEARTSの活動なのです。

それでは、取材を始めましょう。

──────────────────────────────────

…ということで、御徒町の寄席にやって来ました!!

落語を聴くのは初めてなので、楽しみです!!

なるほど、これが落語ですか!

「着物を着たおっちゃんがダラダラ喋る伝統芸能」みたいなイメージしかなかったけど、実際に見てみると面白いですね!

これだけ面白いんだったら、土曜の15時くらいにNHK教育でやってる落語をただひたすら流すだけの番組もたまには見てみようかと思います!

 

 

 

…すみません。少々説明が足りていませんでした。もう少しちゃんと説明します。

実はこの落語会、冒頭でご紹介したサークル、GREEN HEARTS主催のチャリティーイベントなんです。

…まだチャリティーと落語がつながりませんね。もう少し詳しく説明する必要がありそうです。

UmeeTでは以前、史上初の東大卒落語家である春風亭昇吉さんの取材をさせていただきました。

「ウケなくても構わない」東大卒の現役落語家・春風亭昇吉さんが内に秘めた思いとは

実はこちらの昇吉さんが、GREEN HEARTSの創立メンバーの一人の方と、大学で同クラだったそうなんです。

その繋がりから、今回GREEN HEARTSと共同で、この「チャリティー落語会」を開催するに至ったということでした。

こちらの「チャリティー落語会」、GREEN HEARTSを通じて収益の一部をソーラーランプとしてアフリカの子供たちに寄付するそうです。

落語を見て、教育支援もして。まさに一石二鳥のイベントです。

それにしても、まさか国際社会貢献のサークルの取材で落語を聴くことになるとは想像していませんでした…。

さて、落語を見るのは今回が初めてだったんですが、冗談ではなく本当にイメージが変わりました。

「おじいさんおばあさんが見るもの」「自分には関係ないもの」というイメージがあったのですが、とにかく普通に”面白い。

何より、噺家の方の話術が本当にすごい。

次から次へとリズムよく流れていく言葉に身を任せていると、喋っている人物、その場の情景が目に浮かんできます。

とぼけた飲み屋の店員。見栄っ張りなご隠居。献身的な奥さん。新幹線の車内。朝焼けの浜。寒い夜の囲炉裏の前。

役者はたった一人、小道具は扇子や手ぬぐいだけ。そんな中でお客さんにこれだけ大きな印象をお客さんの心に残すことができる落語という芸術は、まさに究極の一人芝居だと感じました。

若い人が落語を見る機会はそう多くないかと思いますが、皆さんもぜひ一度、寄席に足を運んでみてはいかがでしょうか!

生で見ると、一番落語の魅力が伝わると思います。

昇吉さん、本当にありがとうございました!!

お疲れ様でした!!帰宅!!

 

…と思っていたら、昇吉さんが舞台から降りて、何やら知らない人が。

着物もなんだか着慣れていない様子だし、誰なんだこの人は…

東京オリンピックに絡めた噺を始めたけど、驚異的に面白くないぞ…?

何らかの手違いか…?

やはりヒューマンエラーは防ぎようがないのか…??

と思っていたら、今度はプレゼンが始まりました。

内容は、どうやらGREEN HEARTSの活動に関する発表です。

落語に圧倒されてすっかり忘れていましたが、今回はGREEN HEARTSの取材でした。

よく見ると、さっきの知らない人がプレゼンのクリッカーをしています。

一体誰なんだこの人は…????

次ページ、この人の正体がわかります。(GREEN HEARTSの学生代表の方です)(茶番が無駄に多くてすみません)

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

君たちの顔が薄い。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ