3時間で天地創造しませんか?神になりたい方必見!今激アツなサークル、UT-virtualに迫る!!

LINEで送る
Pocket

突然ですがみなさん、サークル選び後悔していませんか?

「もっと人と違うことをやってみたかった〜」

「やっぱり新たなことに挑戦すればよかった〜」

「ていうかサークルに入ればよかった〜」

そんな方に今日紹介するのは

ただいま絶賛部員募集中のVR(Virtual Reality)サークル、 UT-virtual である!!!

*VRってなんぞ?って方はこのページにまとまっているので是非!*

ロゴかっちょええ

今回取材してわかったのだが、とにかく、このUT-virtualがいろんな意味で神なのだ。正直、今すぐにこのサークルに入りたいと思った。それほどの感動があったのだ。

夏休み中に開かれたUT-virtualの一大企画である「UT-virtual SUMMER FEST 2017」へ、取材に向かった。

ポスターデザインかわいい

入り口

ポスターの色合いと、部員の方のチェックシャツがマッチしすぎていることはさておき、とりあえず会場に入ってみた。

これがVRか

なにが見えているんだろう…。

見守られすぎやろ…

これはもう、試すしかない。

彼らにどんな世界が見えているのか知るべく、筆者も恐る恐るゴーグル(正式名称はヘッドマウントディスプレイ)をつけてみた。

ゴーグルの中を覗くとこんな感じ

「夏祭り、上から見るか下から見るか。」というなんともエモいタイトルのゲームが始まった。

そして以下がゲームの世界観である。

「ここは夏祭りの行われる海沿い。立ち並ぶ屋台に一人で来たあなたの周りはカップルやグループできている人だらけ…なんだか自分だけ周りから見ると浮いているみたい…そんなことを思っていると、なんと本当に体が浮いて来た!?宙に浮き上がってしまったあなたは、夏祭りの屋台では定番の金魚すくいや射的、水風船を楽しみつつ、花火の打ちあがる夜の屋台通りの上を飛んでいく、非現実的な体験を通じて、沈んだ心も花火と共に打ち上げよう!」

お、おうって感じだ。いや、絶対これ作った人非リアだろ、とは口が裂けても言えない。

え…このゲーム本当に大丈夫なのだろうか。つまらなかったら記事何描こう…筆者は一抹の不安を抱いていた。

だがそんな不安も束の間、ゲーム開始から約10分間、筆者はこの夏祭りの世界を存分に味わってしまうのだ。

こんな世界が見えてました〜

率直な感想をば。

VR特有の、自身がゲームの世界にいる感覚が新鮮だった。

首を振ると見える景色が変わったり、重心を前後させると自分の体が浮遊したり、腕を振ると前進したりと、

自分の体の動きとゲームの中のキャラの動きが連動しているので、

あたかもそれが現実であるかのように思えてしまうんですよ!!

 

他にもいろんな作品があって、怪物から逃げるゲームとか、星座をなぞるゲームとかあったんですが、

どれもVRの特徴をとことん生かした作品で、取材なんて忘れて普通に楽しんでしまっていました。

 

そして驚くことに

これらのVR作品、大学生だけで作っているらしい。

念のため、もう一度言うと、

大学生だけで、VRの作品を丸々一本作成したんですって。

これがどれだけすごいことかわかりますか!?ゲーム作るのでさえ難しそうなのに、それをVRで作るってなんやねん!!!どんだけスペック高いねん!!!!

その詳細を聞くべく、すぐさまサークルの代表へ取材に行った。

 

実はそこまで難しくない?VR開発の秘密に潜入!

代表には何が見えているのだろうか

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

旅行に行きたい1年生

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ