【映画プロデューサー川村元気さんに問う】「新しいもの」の作り方

LINEで送る
Pocket

こんにちは、苔です。

 

突然ですが、下記の中にあなたが観た映画はいくつありますか?

告白』、『モテキ』、『おおかみこどもの雨と雪』、『君の名は。』、『怒り』、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

現在も公開中の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

これらはどれも超話題作となった映画の数々ですが、実はこれらの作品全ての企画・プロデュースに携わった超敏腕プロデューサーがいらっしゃるのはご存知でしょうか。

 

…その名も、川村元気さん。

上に挙げたものをはじめ、数々の映画の企画・プロフィールに携わっている川村元気さん。

企画やプロデュース以外に、ご自身も小説家として『世界から猫が消えたなら』などのベストセラーを執筆されているというのでさらに驚き。

 

出す作品出す作品がどれも話題となっている、今最も勢いのある川村元気さん。

そんな方が10/15(日)に東京大学の本郷キャンパスで開催される「FM FESTIVAL2017 未来授業」というイベントで授業をされる、という情報を聞きつけ、この度インタビューに行って参りました。

 

AIは産業・社会の何を変えるのか?』というテーマで、各分野のフロントランナーの方々が大学生を対象に授業をしてくださるという夢のようなイベントで、川村元気さんは講師の一人として講演をしていただきます。

 

「こんな貴重な機会があるなんて、少し興味あるな…」と思った方、どうぞ最後までご覧下さい! 

 

「人工知能」をどう考える

今回の「未来授業」のテーマが『AIは産業・社会の何を変えるのか』ということで、まずは人工知能について伺ってみました。

「人工知能のことよく知らない…」という方はこちらの記事がオススメ。

僕って川村元気さんからどう思われてるんだろう…

 

─川村さん、本日はよろしくお願いします。早速ですが、まずは川村さん自身が人工知能というものをどう考えているか教えていただけますか?

 

まず、人工知能について考えることは、人間そのものについて考えることだと思っています。

例えば人工知能って、コンピュータに記憶をたくさん詰め込んでいって作るものですよね。

記憶を詰め込んでいくことでコンピュータがどんどん人間のようになっていくのだとしたら、人間も「記憶」から出来ているのだともいえます。

僕は「何を覚えていて、何を忘れてしまったか」ということや、「忘れたいのに忘れられないこと、忘れちゃダメなのに忘れてしまうこと」がその人を形成しているんじゃないかなと考えているんですよね。

人工知能は、そういうことを考えるきっかけにもなりますね。

 

 

─人工知能が発達した場合に人間はどう変わっていくのか、川村さんなりの考えをお聞かせください。

 

僕は、それほど人間は変わっていかないと思うんですよね。

今だって、正月に初詣行ったりとか御守り買ったりとか、科学では証明できないことをしている人が大半じゃないですか。インターネットで何でも分かる時代なのに。

僕もこの前神社で進振りが上手くいくように祈願してきました

だから人工知能が発達した場合は、そういう人工知能がカバーできない「証明できないけれども確かにそこにあるもの」に人間は寄っていくような気がしています。

 

─人間はそう簡単には変わらないわけですね…。

「人工知能がカバーできない」人間の性質ってどういうところがあるんでしょうか?

 

 

やっぱり理屈では割り切れない部分が人間らしさだと思いますし、そういうところが人間の根本的な欲望なんだと思うんですよね。

機械が取って代われない職業ってマッサージとかだと思うんですよ(笑)、機械にマッサージされてもあんまり満足できないし、やっぱり人間にして貰いたいと思うじゃないですか。

でもそれが何故かと聞かれると、言語化できない

説明はできないんだけど、でもやっぱり人間にやってほしい。

やはりそういう言語化できなかったり、理屈で割り切れない部分が人間の性質なんだと思いますね。

マッサージ師「やったぜ。」

 


ここで「人工知能がカバーできない人間の性質」に関して、川村元気さんの著書である『理系に学ぶ。』より、松尾豊先生と川村元気さんの対談の一部分を抜粋してみます。

松尾 人工知能の活用範囲を仕事に当てはめて考えるなら、対面の仕事は基本的に人間の方がいいと思っています。…どんなに人工知能が発達しても、人間は結局、人間と触れ合わずには生きていけない。…人工知能との両立が進めば進むほど、人間はより人間らしい仕事に特化できると思います…だから、「英語やプログラミングはもういいから、人間力を鍛えなさい」と言いたいですね。

川村 オンラインの世界から出てきて、オフラインで人と接していくことが改めて重要になるんでしょうか?

松尾 そうだと思います。…自分と異質のものを理解し尊重することは、国際的に活躍するため、そして人工知能社会を生き抜いていくために、大きな武器になるはずです。

(『理系に学ぶ。』129,130ページより)

 

人工知能の発達は、同時に人間らしさがどこにあるのかを考え直すきっかけにもなります。

みなさんの思う「人間らしさ」って何でしょうか?

そしてその「人間らしさ」をどのような場所で発揮していきたいですか?

 

次ページ:未来授業ではどんな授業を?

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

苔

写真を撮るのが好きです。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ