ひと夏の旅行記

LINEで送る
Pocket

終わりに

ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

いかがだったでしょうか。

寂しかったとはいえ、それでもやはり、いやそれだからこそ、僕の中ではかけがえのない思い出になりました。

これを読んでくださった皆さんが、写真を通して僕の一夏の記憶を分かち合ってくれたのなら、それ以上の幸せはありません。

それではまた。

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

苔

写真を撮るのが好きです。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ