「多浪したからミスターコンに出場できた」!?3浪のミスター東大ファイナリスト・砂川信哉インタビュー!【多浪座談会 vol.2】

LINEで送る
Pocket

 

みなさん、砂川信哉さんってご存知ですか?

 

 

2017年ミスター東大コンテストに出場されている正真正銘のイケメンですが、

一方で3浪の末東大に入学したという経歴の持ち主で、東京大学多浪交流会の一員でもあります。

<東京大学多浪交流会とは?>

高校卒業後、2年以上を経て東京大学に入学した東大生の交流会。

 

「2浪は現役」「未成年は入学すんなよ」

といったパワーワードを生み出しているこの交流会。

先日、砂川さんを含む4人の多浪の方々をお迎えして、UmeeT編集部がインタビューさせて頂きました。

前回は他の2人の多浪の方々にフォーカスしましたが、今回は砂川さんにスポットライトを当てた記事をお送りしたいと思います。

【2浪は現役】「なんで多浪したの?」東大多浪交流会の人たちに話を聞いてみた【多浪座談会 vol.1】

登場人物はこちら。

☞学生証

  1. お名前:砂川信哉
  2. 所属:理一2年
  3. 浪数:3浪

☞学生証

  1. お名前:北大仮面(※ニックネームです)
  2. 所属:理一2年
  3. 浪数:4浪

☞学生証

  1. お名前:俺多浪(※ニックネームです)
  2. 所属:理二2年
  3. 浪数:4浪

☞学生証

  1. お名前:はぎわらゆうと
  2. 所属:理一2年
  3. 浪数:4浪

 

「多浪したからミスターコンに出場できた」

と語る彼は、なぜ多浪し、どんな浪人生活を送ってきたのか。

ぜひ最後までご覧下さい!

砂川信哉の多浪ストーリー

砂川信哉

僕は3浪で入って。

北大仮面
若い。3浪は半分現役。

※砂川さん以外の多浪の方々は皆4浪です。

編集部
違いますよ。

砂川信哉
ありがとうございます。

僕沖縄出身なんですよ。でも中学受験をして愛媛の中学に入ったんですけど、そこの学校が、寮に入ってる人は毎日夜の7時から11時まで勉強させられるってとこで、

やだ!遊びたい!ってすぐやめて。

編集部
おお。

砂川信哉

でやめて沖縄に帰って地元の中高に通ってたんですけど、高2の時に友達に怪しい塾に誘われたんですよ。

その塾長は東大出身で工学かなんかの博士号を持ってるらしくて、もっと沖縄の子供達を東大京大に行かせたい、っていう感じで塾をやってたんですね。

でちょっと体験に行ったら、その塾長がすんげえ話上手いんですよ。僕それまでずっと、明治大学行きたいなと思ってたんですけど、

編集部
えっ、なんでですか?

砂川信哉

山Pとか向井理とか、かっこよくて頭もいいなんて、明治ってスゲエなあ、って。

そういう理由?

砂川信哉
でもその先生の話を聞いて、東大って全然考えたことなかったんですけど、話を聞いているうちに洗脳されていくんですよ。もう東大行くしかねえ、みたいな。

それで、高2のときにその塾に入ったんですね。で、その先生は数学の先生なんですけど、ずっと数学の勉強ばかりして。他の科目は自分でやってくれみたいな。

北大仮面
塾の戦略として間違ってない?

砂川信哉

今から考えるとそうですね。

実際高3の12月頃に、実はその先生が東大卒でもなんでもない、大学も出てないっていう噂が流れて、一緒にやってた他の先生が離れていったり、事務の人が給料が支払われないから裁判起こすみたいな、なんかもう塾がゴタゴタになりました。

どういう塾だよ

砂川信哉
そんな状態で受かるわけもなく、理2に15点差くらいで落ちたんですけど、理科が40点くらいだったんですよ。

※東大の理科は120点満点です。

僕数学しかやってなかったんで、理科はやればすぐ上がるだろうと思って。慶應の理工には受かってたんですけど、洗脳が解けてなかったので東大に行きたいなと。

編集部
洗脳は解けなかったんですね。

砂川信哉

それはずっと解けなかったです。

で、1浪目は上京して河合本郷に入りました。

理科の苑田先生って知ってます?僕はあの先生の授業を受けたくて河合本郷に入ったんですけど、結局急に沖縄から東京にきてしまったものだから、東京すげーなとなってしまい。AKBの劇場とかライブとかに行きまくり。

予備校にはだんだん行かなくなりました。

俺多浪
わかる。行かなくなるよね。

わからない

砂川信哉
それでも苑田先生の授業だけは行ってたんですけど、あの方の夏休みの補講を一回寝坊かなんかでさぼっちゃったんですよ。

それで「僕は苑田先生の授業を取るためにこの予備校にきたのに、この人の授業を切ってしまったらここにいる意味はない」と思って、やめました。

編集部
??????

なぜそうなるのか

砂川信哉
俺はここにはいられないと思って、また沖縄帰ったんですよ。中学やめたみたいに。

編集部
今論理が大飛躍したのわかりました???

砂川信哉
沖縄大好きなんで。

まあ帰ったからといって勉強に熱中するわけではなく、その頃にはポケモンとかモンハンの新作が出たりしていて、それをやりまくってニート生活で。

そしたら現役は15点差とかだったんですけど、1浪は50点差くらいだったかな?めちゃめちゃ下がったんですね。

編集部
・・・。

砂川信哉
ただ、1浪の終わり頃に、ツイッターの浪人界隈の人たちがどんどん受かっていって、「これツイッターやったら受かるんだ」と思って。

編集部
また論理の飛躍が起きたね?

なぜそうなるのか

砂川信哉
おれもこれやりたいと思って、2浪が始まった時にツイッターを始めたんですけど、ツイッターにのめりこみすぎちゃって、2浪の頃はツイッターしていた思い出しかないですね。

編集部
・・・。

砂川信哉
あと2浪の途中から、こんなに浪人をしてしまったからには、ただ東大に合格するだけじゃなくて、なんかちょっと他とは違った東大生になろうとか考えちゃって、めちゃめちゃ筋トレとかカラオケの練習とか始めちゃって。

ツイッターとカラオケと筋トレばっかしてたら落ちた、っていう。

編集部
本末転倒にもほどがある。

砂川信哉
そこがダメでしたね。

実際筋肉はスゴい

砂川信哉
でも、2浪のときがちょうど現役と同じくらいの点だったんですね。1浪で下げて、2浪で戻して、3浪で受かったんで、おれは実質1浪って言ってるんですけど、誰も頷いてくれないですね。

編集部
当たり前だwwwwwwwwwwww

でも、2浪の時その勉強量で点数上がったんですね…。

砂川信哉
そうですね。3浪目はカラオケと筋トレは継続しながら、ツイッターをおさえて、その分を勉強にあてて受かりました。

編集部
受かった瞬間どんな気持ちでしたか?

砂川信哉
やっと終わったでホッとしたのが半分と、浪人は浪人で楽しかったな、終わっちゃうのかあ、というのが半分。嬉しいというよりはホッとした感じ。

俺多浪

俺はようやく社会の軌道に戻れてホッとした。

砂川信哉
あーわかる。その時ラウンドワンにいてダーツしてたんですけど、「あーこれで俺も学生料金でラウンドワン来れる」って思った。

友達とラウンドワンとかいくと、みんなはもう大学生なんで学生証出して学生料金なんですけど、僕は一般料金だったんですよ。無職料金

俺多浪

えっ、予備校の学生証で入れるよ。

砂川信哉
おれ予備校行ってなかったから。

編集部
え、予備校の学生証って使えるんですか?

俺多浪

いけるいける。おれ学生料金でジム行ってたから。

はぎわらゆうと
俺もジム行ってた。

編集部
多浪あるあるなの!?

はぎわらゆうと
鬱憤がたまってきて、東京マラソン出ようと思って。1月2月のときにずっとジム通ってた。

俺多浪
スクワットしたら勉強は乗り越えられる。スクワットはすべてを解決する。一番大きい筋肉だから。

編集部
(ツッコミを諦める)

編集部が入って行けない共感の輪

危機感の欠落

編集部
多浪している間も、友達はどんどん大学に入っていくわけですよね。もし私が砂川さんだったら、めちゃくちゃ焦りを感じそうだなあと思うんですが、メンタル的にきつくありませんでしたか?

砂川信哉
焦りは全くなかったと言えば嘘になりますけど、ほとんどの友人は東大以外に行っていたのでそこまで羨ましいとも思わなかったし、どうせ俺は東大に受かるからいいか、みたいに思っていました。

もう完璧に詐欺師に洗脳されてますね。

編集部
ほんとに詐欺師だったんですか?

砂川信哉
詐欺師ですね。

断定

砂川信哉
その先生を知っている人と、僕大学に入ってから飲んだんですね。そしたら、その人には東京医科大出身だったみたいなことを言ってたらしくて。ほんとはどこも出てないらしいんですけど。

編集部
どこも出てないの!?

砂川信哉
真相はわかんないんですけどね。

まあ騙されはしましたけど、その先生がいなければ東大を目指すことは多分なかったし、今の自分がいるのも彼のお陰でもあると思うんですよ。だからとても複雑な気分です。騙されたのに恩人っていう(笑)

何はともあれ、みんな鉄緑とか東大特進とかでガリガリやってる中、そんな塾に入って数学だけやってた俺があと15点なら、意外といけんじゃん、みたいな謎の余裕が1浪の時はありました。

2浪目は、1浪でおれやらなかったから点が落ちたんだと。やったら受かるよねみたいなのがあるんですよ。だからそんな焦りもなく。

編集部
ならやれよ。

砂川信哉
それは本当にそうですね。ただやり始めるのが遅くて、直前期に今やってもまにあわねえな、と気づきました。

受けながら思うんですよ。落ちたなと。だから3浪目はもっと前にやろうと。

編集部
普通はもうダメラインの前に気づくじゃないですか。でも砂川さんは、余裕余裕余裕余裕あーもう間に合わねえ!って感じですね。

 

砂川信哉
そうですね!

 

次ページ:「多浪して悪かったことは、暇だったこと」

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

りほ

美女とイケメンとやばい人が好きです。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ