ウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」率いる堺大輔さんに迫る!

LINEで送る
Pocket

阿波踊り

堺さんはどうしてチームラボに加わることになったのでしょうか?

大学生の頃、イベントサークルをやっていて、夏休みには合宿みたいな感じで徳島の阿波踊りに行ってました。学部1年の時から。
 
そこで代表の猪子と知り合って一緒に踊っていました。それで毎年のように少なくとも4日間だけは友達でした。
 
大学院のM1のときに猪子と再会して、その時、起業について考えているって言っていたから乗っかったんです。
 
阿波踊りから生まれたチームラボですね

確かに阿波踊りがなかったら今こうなってはいなかったですね。今でも阿波踊りは行ってます。

 

起業ということに抵抗感は無かったのですか?

当時は大学生で起業するっていうのは今よりも珍しかったと思うんですが、当時は身が軽くて飛び込めました。失敗しても別に大丈夫、ていう感じがあったので。 

失敗したら大学に戻ればいい、お金なくなってもバイトすればいい、と。
 
やっぱり大学時代ってめっちゃありがたいんですね。
 
 
東大生へ

東大生に伝えたいことはありますか??

ものづくりが好きで未来を作りたい人、チームラボにきてください!

完全な求人広告になりますね(笑)

インターネットの世界では日本は出し抜かれていると言っていいと思います。OSだって検索エンジンだってほとんど日本のもの使ってないですよね。

デジタルで効率的なシステムを作るってのはシリコンバレーが今圧倒してます。

そこに立ち向かっていくのも必要だけど、そうじゃない方向性もあるということを知ってほしいと思います。

アナログとクリエイティブの境界は曖昧になってきています。そこを攻めていきましょう!

堺さん、そして協力してくださったチームラボのみなさん、ありがとうございました!

Photo by Keijiro Toyoda / designing plus nine


この記事は東大ドリームネットとのコラボ記事です。

東大ドリームネットでは、「東大生の夢の可能性を最大化する」という理念のもと、東大卒業生と現役東大生が対話を通じ、「主体的なキャリア選択」について考える場を企画運営しています。

直近では6月に400人弱が参加した東大OBとの交流会を開催しました。
こちらの交流会、次回開催は11/11です!ぜひご参加ください!(運営メンバーも募集しています。お問合わせはこちらから!

(交流会での運営メンバーの集合写真)

LINEで送る
Pocket

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ