【交流だけにおわらない】東大生よ、本気で語り合おう。【日中学生会議実行委員長インタビュー】

LINEで送る
Pocket

真面目だけじゃないんです

王:「参加した僕からお伝えしたいのは、とにかく楽しい!ということです。今年は18日間、中国の大学生と共同生活をしながら討論します。この日程の中にはもちろんフリータイムを設けてあるし、観光やスポーツ大会の企画もあります。」

記者:「共同生活、議論と盛りだくさんなんですね。」

王:僕は去年ウイグル出身の学生とルームメイトでした。異なるバックグラウンドを持つ人たちと寝食を共にすることは、自分自身の成長につながったと思います。

僕が参加した第35回は中国で開かれたのですが、フリータイムに果物を買いまくって(日本より相当安かったそうです)、洗わずに食べたから日本人学生がお腹を壊しちゃったなんて経験もありますよ(笑)」

笑顔もステキ

「18日間、全力でやりきります。だからこそ、その場限りではない友情が生まれるんです。この前も中国から参加してくれた学生が東京を訪れた際、みんなでご飯を食べました。毎年、友情を超えた関係(⁈)に発展する人もいます!

記者:「友情を越えた…?」

王:「今年は日中間でも発展しました(笑)」

日中間 ですと…!?

こんな関係

これは、聞き捨てならない。

国際恋愛♥を夢見るそこのあなた!

狙い目かもしれませんよ?????

NEXT⇒委員長の意気込み、語っていただきました

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

メア

駆け出し東大生。 受験生時代に記事を読んで感動したのがきっかけでライターになりました。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ