【交流だけにおわらない】東大生よ、本気で語り合おう。【日中学生会議実行委員長インタビュー】

LINEで送る
Pocket

 突然ですが、質問です。

皆さんは、お隣の国と言ったらどこの国が思い浮かびますか?

韓国、中国…。その、中国!!

中国って、どんな国だろう…?

怪しい中国風の人

最近話題のパンダ

 

中国って、お隣だけど、考え方から違う国なんです!!

こう話すのは…

「中国」に目を向け、日中の学生が討論・交流する場をつくっている団体、

日中学生会議の第36回実行委員長、王航洋さんにお会いしてきました。

学生証

  1. お名前:王航洋(おう こうよう)
  2. 所属:東京大学文科一類 2年
  3. 活動:日中学生会議第36回実行委員長 

そもそも、日中学生会議って?

王:「一言で表すと、単なる国際交流に終わらない団体です。」

 

記者:「と言いますと?」

王:「東京大学には中国に限らず、様々な国との交流を目的とした学生団体がたくさんあります。

例えば、途上国支援だったり、海外の学生と一緒にプロジェクトを遂行したり

しかし僕たちの団体は、それだけではなく、徹底的に本音で議論しあうことを目的としています。

交流のみでは触れられない、センシティブな話題にも敢えて取り組む。そんな団体です。」

 

記者:「センシティブな話題って、例えばどのようなものでしょうか。

王:「例えば、国際法の概念についてや、南京大虐殺の被害者数について中国の大学生が30万人は譲れない、と主張する、といったものです。

日常生活でこんな話題、普通は話さないし、話し合ってたら怖くないですか?」

 

記者:「他の団体ではできないようなことを、日中学生会議で行なっている、ということなんですね。」

王:「うまくまとめてくださってありがとうございます。(笑)」

 

記者:「王さん自身が、日中学生会議に入ろうと思ったきっかけはなんですか?」

王:「名前からお分かりかと思いますが、両親が中国人ということで中国を訪れる機会が豊富にありました。

そして、自分自身が中国人として扱われることが多かったので、素朴な疑問として『中国ってなんだろう』と思ったのがきっかけです。

加えて、東アジア全体がEUのように連携を強めることが、日本にいい影響を及ぼすのではないかと考え、まずは中国について知ろうと考えました。」

素晴らしい答えに驚く記者(イメージ)

一歩踏み出してみると

王:「それに、僕は同級生の多くが東大進学を目指す中高一貫の男子校から、東大に進学しました。

僕が身を置いている環境は、言ってしまえば自分と似たような種類の人間が多くいる環境です。

だからこそ、この環境から一歩とびだして、視野を広げてみたいという思いもありました。」

 

記者:「そのような気持ちで臨んだ初めての日中学生会議は、どんなものでしたか。」

王:「実際に参加して、本当に視野が広がったと思います。

教科書の記述ひとつを例にとっても、日本の歴史の教科書と中国の歴史の教科書ってまったく違うんです。

それらを見比べてみて、『教科書とはどうあるべきか』という問題を認識させられました。

日本人だけで議論していたら、根本には教科書について疑問に思うところはない、という共通理解があったと思います。

だからこそ、絶対に見つからないであろう視点を中国の学生たちと共有できたこと、それが大きな収穫でした。

王:「具体的には、歴史の教科書って、単純に過去のことを知って今に生かすことなんだろうなっていう認識を改めなければと思いました。

中国の歴史教科書って、すごい量の近現代史を学ぶんです。日本の教科書の内容を中国の学生に話すと驚かれるくらい。(笑)

日本の教科書もそこを見習うべきなのかな、と思いました。」

 

議論の結果だけではなく、過程も大切にできる。そんな討論が日中学生会議では繰り広げられているようです。

ここまで聞いていると、まじめ一辺倒の団体のように思えてきましたが…

また国際系団体か…となっている読者の皆様

NEXT⇒ドキドキの共同生活?!

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

メア

駆け出し東大生。 受験生時代に記事を読んで感動したのがきっかけでライターになりました。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ