【アイドルの恋愛は法で裁かれるか?】東大最優秀集団・東大法学部生の”ガチ”が詰まった模擬裁判劇【五月祭目玉企画】

LINEで送る
Pocket

主演女優、将来の夢は弁護士です

お次は、今回アイドル役で主演女優を務める草田里美さんにお話を伺います。

UmeeTのカメラマンも明らか多めに草田さんの写真撮ってましたよ(告げ口)。素敵な方です!

Q.草田さんが模擬裁判劇に出てみようと思われたのは何でなんですか?

草田さん「1年生の時に所属していたゼミ(川人・山下ゼミ)は毎年駒場祭で模擬裁判やるんですね。そこで1年生のときにキャストをやっていて、二年生では演技責任者を務めていました。

五月祭の模擬裁判劇も、「ぜひ安田講堂でできるなら」と思って、今回応募しました。」

模擬裁判劇界のベテラン

草田さん「あと、演劇がもともと好きで、劇団とか宝塚を観ていたんですけど、将来弁護士志望なので、模擬裁判もやってみようと。」

弁護士志望!なってくれ、なってください、草田さんみたいな優しく聡明な弁護士いたら、お願いしたいです。(何を?)

Q.法学部の授業とか忙しいですよね?

草田さん「私は法学部ではないんです。教育学部なんです。文三からで、進振りで点数が足りなくて…」

やっと仲間を見つけた。文三からって本当どこの学部行くのも大変なんだよ!!!!

草田さん「でも、将来弁護士志望なので、あきらめたくないなって思ってだから、法学部の授業を受けたりしています。

草田さんの人間性に惚れてまう

草田さんはすごいよ。仲間とか一瞬でも思ってしまって申し訳ない気持ちだよ。

Q.弁護士を目指す上で、模擬裁判劇が活きてるところってありますか?

草田さん「原告を演じてみて、誰かを訴えるってこんな感じなんだな、本当に敵になっちゃうんだな」って原告になった人の気分を疑似体験できるのは活きてくると思います。

あと、裁判の中身の順序は実際のものと同じなので、勉強になります。」

Q.今回女性アイドルを演じる上での苦労はありますか?

草田さん「演じるアイドルが、「まだ高校生で純朴で大人しい子」っていう設定なんですが、私は逆でけっこうガツガツしているような性格なので、それをどう表現するかっていうのが、難しいですね。

あと、アイドルのダンスが大変でした。

映像で、アイドルグループのライブシーンがあるんですけど、私以外のメンバーはみんなダンス経験者で。

私は、踊るのは小学6年生のフォークダンス以来だったんで。

草田さんのフォークダンスも見てみたいです(もうファン)

映像の中で踊ってる草田さん、見たいですね。フォークダンス以来と思うと感慨深いものが見てる側もありますよね。(ない?)もちろん、草田さんの迫真の演技も注目です!!

シナリオ作りは半年がかり!

次は、脚本家の青木健太朗さんにお話を伺います!

成田さんが全幅の信頼を置く脚本チーフ青木さんです

Q.学生のクオリティを超えてる感じがするんですけど、1人で書いてるわけではないですよね?

青木さん「脚本パートは、少数精鋭で、6人で構成されています。

僕を除いた5人に各シーンのシナリオを書いてもらって、できあがったものを僕がチェックします。」

Q.シナリオ作成の過程を教えてください!

青木さん「だいたい五月祭の半年前くらいから、テーマを決め始めます。

去年の12月頃から、まず、30個くらいテーマ候補を出します。そこから12個くらい選んで、協力してくれている法学部OBの方に出して、それでまた5、6個にしぼって、執行部15人で投票して決める感じですね。テーマ決めには約1ヶ月かかりました。

テーマが決まったら、そこからストーリーを決めていく。法学部OBとメールし合って、法律的に成り立つかどうか相談しながら、ストーリーの土台を固めていきます。」

Q.シナリオをまとめる上で大変なことは何ですか?

青木さん「各幕のシナリオを書く人が必ずしもすごく法律に詳しいというわけではないんです。そりゃ法学部だからある程度は知ってるけど、法律のプロではないので。

そうすると、裁判官パートの学生とか、OBの実務家の方に手伝ってもらいながら、シナリオの法律に関係する部分を固めていきます。

で、やっとシナリオが落ち着いたと思ったら、裁判官パートから、「ここ違くない?これって法律的にあってるの?」って指摘されるという。固めては作り直し、固めては作り直しの作業が大変でしたね。」

「固めては作り直し、また固めては作り直し…」もう青木さんの手が物語ってますもん

東大法学部生の中でも法律に詳しい人が集まっている裁判官パートに指摘されるとか本当辛そう。いつまでこれ続くの?ってなりそう。

でも、一切妥協してないっていうのがすごく伝わってきます!

次ページ:監督は元浮気相手役?!

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

ゆみ

駒場5年生。しゅうしょくさきは未定。エストニアに住みたいなあと夢みてます。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ