【進学選択座談会】とりあえずで進学先、選んでない? ~進路を”選択”する君たちへ

LINEで送る
Pocket

どうも初めまして。効率的な単位取得、充実した大学生活……(?)

UmeeTで記事を書くことになりました、ナミト(七海統)です。七つの海を統べる使命を背負って生まれてしまいました。キラキラネームの先駆者です。本名です。

普段は学校行ってバイトやって趣味で音楽やって、とキャンパス内どこにでもいる普通の東大生です。ただ一つ、進学選択を経て理転したことを除いては……。

 

「文二だから経済学部に進む」は正解なのか?

僕は去年の進学選択を経て、前期教養の文科二類から農学部 環境資源科学課程 農業・資源経済学専修(以下「農経」と表記)に進学しました(主な勉強内容が経済寄りなので、実は理転と偉そうに言えるようなものでもありませんが……)。

 

文二から農学部へ。 決して何かの間違いではありません。

 

出身が文二ということもあり、進学選択直後は一緒になった学科の人たちはもちろん、同クラや高校の友人、先輩後輩、両親や親せきにあの言葉をよく言われたものです。

 

え、経済学部じゃないんだ

 

そうですこれです。2016年8月の進学先決定時期から始まり2017年5月の今に至るまで数えきれないほど聞きました。まず、「え、」の部分がポイントです。「文二=経済学部」という式が浸透しているためかちょっとした驚きが伝わります。「経済学部じゃないんだ」から「ナミトくんは経済学部に行けなかったフレンズなんだね……」感も漂ってくる気がします。いやこれは被害妄想かもですが。なんならすべて被害妄想かもしれませんが。それはさておきそんな僕から皆さんに声を大にして言いたいことがあります。

 

「”文二だから”経済学部にしよう」? 

自分の進路そんな安直に決めちゃっていいんですか!!!

 

進学選択座談会、開きました

さて、いきなりですが新2年生の皆さんはもうそろそろ進学選択の時期かなと思います。これからの2年間、就職先、将来、いろいろなことに関わる重要な決定を迫られているわけですよね。

 

先ほど「文二だから経済学部に行く」のは安直だと言ってしまいましたが、もちろん経済学部に進んで自分の勉強したいことができると思っていて、学部に進んだ後の生活や将来のこと、自分の選びたい基準でしっかり考えてのことなら満点の進学選択だと僕は思っています(偉そうにすみません)。

しかし、例えばですが、

他に勉強したい分野はあるけど、文二で入ったから経済学部にしようかな……

特に何も調べてないし別に法の勉強したいわけじゃないけど文一で入ったから法学部かな

という考えで選ぼうとしてる人は、進んだ後のことをもう一度考えた方がいいかもしれません。

 

ということで、周囲とは違う環境に飛び込んだ東大生たちと進学選択を経てどうだったかを共有する「ちょっと変わった進学選択をした人たちの座談会」を開いちゃいました!

以下、座談会の様子を記事にしています。これから進学選択を迎えるみなさんの選択肢を少しでも広げられれば幸いです。

 

★進学選択座談会参加者

 

 

 

 

ナミト:文二 → 農経。主に司会。

 

 

 

 

Hさん:理一 → 文学部 行動文化学科 社会学専修(以下「社学」と表記)

 

 

 

 

Kさん:理二 → 教育学部 教育心理学コース(以下「教心」と表記)

 

 

 

 

Tさん:理二 → 法学部 第1類

 

編集部:文二 → 経済学部

左から、ナミト、Hさん、Kさん、Tさん。 登場人物やや多めです。

 

次ページ:座談会スタート! 

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

長いので統べ男かナミトでお願いします。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ