【髪降臨】誰もが振り向く東大生、浪人侍に迫る。

LINEで送る
Pocket

 

もう1つの相棒

ー服装にこだわりがあるとお聞きしましたが……。

・侍:基本的に靴ベースで考えてますね、服はそれに合うようにですね。

ー 確かにおしゃれですね! 

短パンは過ちだったそうです、寒そう

ー そもそもなんで靴にハマったんですか?

:親の影響ですかね、昔から靴が好きで、靴屋で二時間潰すとかは全然してましたね。
それが加速したのは多分中高でサッカー部に入ってから。中高の制服がダサかったのと、画一的なユニフォームを着ていたのがあって、靴とかスパイクで個性を出さないといけなかったんですよね。

ー 具体的にはどうやって?

:例えば、足の甲の部分が長い靴だと、細身の靴になるので、それを細く見えるように履かないと足がゴツく見えちゃうんですよね。その為に少し大きめの靴を買って、靴紐で縛り上げちゃえばいい。

靴紐一つの使い方でも、みんなが履いている靴にワンポイントのオリジナリティを出せるんです。

ー なるほど、色とかだけじゃないんですね。
ちなみに、今履いてるのはどんな感じのですか?

:これっすね、古い型なんですけど、最近復刻版が出て人気らしいですよ。

かっこいい

ー かっこいいですね!失礼ですが、いくらくらいでしたか?

:まあ、『普通』に12000くらいでしたかね。

ー 普段靴ごときに三、四千払うのおかしくね?って思ってるぼく「」

:ちなみに今家に靴が24足くらいあって、だいたい10000は超えてますね。

ー 靴なんて壊れてきたら買い換えればいいやと思っていたぼく「」

:でも、さすがに浪人中は一足しか履きませんでした、一種の禁欲ですね笑

逆に、その一足で、僕は浪人時代を乗り越えることができたんです。

その一足もまた、僕とともに歩いてきた相棒です。

 

「お前それ違くね?キッモ」

 

ー 座右の銘とかありますか?

:うーん、分をわきまえて……ならぬ、頭をわきまえて生きていくです。こんな頭髪なのを踏まえて。

ー (この人自虐もオッケーなんだ…)それはどういうことでしょう?

自分に見合ってないことをするのがしんどいんですよね。いい飯を食うとか、いいところに行くとか…いい靴買うっていうのは自分の中で引っかかってるんですけど笑、とにかくそういう類のことです。

自分の中に、もう一人のメタ的な自分がいて、そいつは顔も性格も超イケメンなんですよね。それで自分に見合わないこと、さっき言ったことだったり、あとは飲み会とかでのコールとかをしてる時だったり……そんな時に奴は出てきて、

自分にこう囁くんです。

「お前それ違くね?キッモ」

って。

多分自分の理想が出てきてるんですよね。そいつの言いなりになってます。

まっすぐ。

まとめ、そしてちょっとしたおまけ

正直悪ふざけみたいな感じで髪を伸ばしてると思ってました、今となってはその思慮の浅さに恥ずかしさすら覚えます。

浪人侍さんのひとつひとつの行動には、まっすぐな筋が立っている。決して外面だけにこだわらず(スナップは全力だったけど)内面のかっこよさもにじみ出している。

進振りもうまく行って、彼の髪がこれからも末長く伸び続けることを期待しています。

駒場キャンパスで見かけたらぜひ、祈ってみてください笑

あともうちょっと、おまけ見てって!

おまけ1 サークルについて

ー 失礼な言い方ですけど、サークルで浮いたりとかしませんか?

:僕フォークソング研究会(F研に所属してるんですけど、ぶっちゃけ余裕です。スキンヘッドの人とかもいますし、そもそも部員のキャラが濃いので笑

ー F研、どんなところですか?

:とりあえず名前から嘘ついてて、全くフォークソングやらないです フォークソングの反社会的な面を受け継いだのか、あんまり一般受けしないジャンルが多いですね、メタルとか…

ー 浪人侍さん自体はどんな音楽聴くんですか?

:親の影響で高校時代はU2とかSADEが好きだったんですけど、サークル入ったらやばい音楽聞いてる人とか結構いて、シューゲイザー、インディーポップ、ドリームポップとかを好んで聴くようになりましたね。
あと周りに創作活動が得意な人が多いですね、絵を描いたりとか、小説書いたりとか…

ー そういえばあのビラかっこよかったですよね!

ある人が三日で書き上げたそうな

こういう絵載せると、変な人しか来なさそうですけどいいんですか?

:むしろ大歓迎です。部員少ないんで、年中部員募集中です!

というわけで、フォークソング研究会についてでした!

 

おまけ2

:実は、今年度の入学案内に僕のってます。

ー ??!!

(東京大学 大学案内2017)より引用

おしまい

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

ここのところ全身が軋んでいます。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ