【まだ間に合う新歓】謎めいた夜の部活、東大アイスホッケー部の魅力〜今運動会で一番Coolな部活の真実〜

LINEで送る
Pocket

 アイスホッケー部の魅力3:充実した私生活

「でも、アイスホッケーって深夜練って聞いたんだけど???」

「ええ、深夜練です。」

とりあえず、なぜ深夜練なのかというところから話していきましょうか。

東京大学アイスホッケー部は、週に二回ほど、高田馬場と西武新宿線の東伏見にあるアイスリンクで練習を行っています。アイスリンクは、昼間はフィギュアスケートのために一般開放されています。

だから、貸切練習をするためには夜間に貸し切る必要があるってわけです。ただ例外もあり、公式戦の場合は昼間に貸し切ることも可能です。

そして今から深夜練の良さについて語っていこうと思います。今回の最重要項目です。

例年のことなのですが、「この部活は深夜練なんですよ。」というと大抵の新入生がすごい怪訝そうな顔になります。

でも、心配ありません。食わず嫌いは本当にもったいないです。

真実を知ると、大抵の誤解は解けます。

ではいきましょう。

アイスリンクの貸切時間は90分、一時間半です。

「意外と短いな??」と思ったでしょ?そうなんです。なので、練習開始は大抵23:30や24:30などが多いのですが、それでも1時、2時に終わります。

「そこからは始発待ちなんですか…….???」なんていう疑問が次に湧いてくると思います。

いいえ。ちゃんと2時、3時までには家に帰れます。

なんと、車を所有している部員が家まで送り届けてくれるんです。

車を所有している、と書くとちょっと語弊がありますが、実家に住んでいる部員が家の車を借りて部活に来ており、ついでに家まで送ってくれるんです。都会で免許を取ってもペーパードライバーになりがちなんですが、部員は夜の環状線を走り回っており、車を乗り回せるという点でもいい部活ですね。

かくいう僕も、東京で一人暮らしなんですが、同期の部員に送ってもらいちゃんと家に帰れています。

「でも深夜練あると授業でれないんじゃ……??」

ちゃんと出れます。まさに自分次第です。

まず大前提として、深夜練は基本週に二回、火曜日と金曜または土曜日にあります。金曜と土曜は次の日は特に問題ないとして、問題は水曜ですね。

火曜の練習は固定で23:30から行われるので終了は1時、帰宅して2時から2時半。寝る時間は3時から3時半。1限に必修が入ると厳しいかもしれませんが、2限だと六時間は睡眠が確保できます。

第一、大学生は履修をある程度自由に組めることが強みなので、なんなら水曜を全休にしている部員もいます。(一年生は少し厳しいかもしれませんが)

また、運動会にありがちな、「朝練があるから1限が取れない〜」や、「夕練があるから5限は厳しい〜」みたいなこともありません。

そう、深夜練ならね。

さらに、昼間に友達とカラオケやランチにサークル活動、さらに夜にクラコンや友達との食事そしてライブも、バイトだって全部行けます。

 

そう、深夜練ならね。

ジョブズもニッコリですね (引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/スティーブ・ジョブズ 作者:Matthew Yohe 作成:2010年6月8日ライセンス:CC 表示-継承 3.0)

アイスホッケー部に入れば、運動会に所属しながら自分のバイタリティ次第で、

効率的な部活、充実した私生活。キャリアアイスマンです。

なんてことも言っちゃえます(笑)

あくまでも、自分のバイタリティ次第ですが、、、。

ちなみに、基本的に週に二日が深夜練の氷上練習で、さらに二日が夕方5限後に行う筋トレなどの陸上トレーニング、さらに一日が一般開放中にスケートを行うメニューとなっています。ただし、試合期間には氷上練習が増えるなどイレギュラーになります。

「深夜練ってそこまで多くないんだね。」

「意外と深夜練行けそう!」

「私生活と両立する運動会探してたんだ!!」

「アイスホッケー部入りたい!!!」

そう思ってくれたそこのあなた。

アイスリンクでお待ちしております。

アイスホッケー部の魅力4:マイナースポーツ

 

「え?マイナースポーツが魅力ってどういうこと?」って疑問に思うでしょう。その説明は置いといて、とりあえず日本でどれだけマイナーなのかを説明させてください!

日本のアイスホッケーの競技人口って何人か知ってる〜???(ブルゾンちえみ風

約2万

日本の人口で割ると6000人に1人の割合です。野球が810万人、サッカーが630万人と聞くとその少なさが実感出来ると思います。

でもでも、、アメリカの四大リーグって知ってますか?

アメフトのNFL、野球のMLB、バスケットボールのNBA、そして…….

アイスホッケーのNHL!!!!!!!!

実は、アメリカでは割とポピュラーなスポーツなんです。意外でしょ?NHLの一試合平均観客動員数は1万8000人だそうです。それだけで日本の競技人口に匹敵すると思うとアメリカでのアイスホッケーの人気がわかりますね。(すごい) 

去年のチームです。去年は40人弱の大所帯でした。

それはさておき、そんな日本でアイスホッケーをするとなると逆にコミュニティーが狭く他の大学の人との距離が近くなります。例えば、先程リンクの貸切時間は1時間半と言いましたが、それだけじゃ練習が足りないという人にはビジターという制度があります。

ビジター制度は、マネージャーが他の大学と交渉して他の大学の練習枠に東大のプレイヤーを乗せてもらうという制度です。代わりに東大の枠に、他大のプレイヤーが乗ることもあります。自分のやりたいだけアイスホッケーに打ち込めるという環境があるのもこの部活の魅力です。

このような制度は他の部活ではあんまりないんじゃないでしょうか。東大の運動会の印象として、各部活が自分たちだけの練習スペースを持っているというのがあります。アイスホッケー部は、いろんな大学といくつかのアイスリンクを共有してるため、他大との交流が活発で、選手同士の仲もよくなります。

これは京大戦での写真です。年に一回交流戦をします

→最後に語るのはゴーリーとユニフォームについて!必見です!!

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

アイスホッケー部

今年、3部から2部に昇格した今運動会で一番熱い部活です。新入部員、マネージャー募集中です。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ