【まだ間に合う新歓】謎めいた夜の部活、東大アイスホッケー部の魅力〜今運動会で一番Coolな部活の真実〜

LINEで送る
Pocket

こんにちは!東京大学運動会アイスホッケー部二年の森です!

今日はアイスホッケー部について簡単に魅力を語っt….

え??

「アイスホッケー部なんて東大にあったの???」

、、、、実際そんな知名度ですよね。。

北海道ならまだしも東京でアイスホッケーしたことある!なんて人そうそういないんです。

アイスホッケーをやっている友達がいるという人も少ないんじゃないでしょうか。

身近にアイスホッケー部の人がいないと偏見が先走ってしまいます。

「氷の上でコケて怪我とかしないの??」

「毎日深夜練で大変だよね」

などなど……

読み終えた後には知り合いにアイスホッケー部がいない人がアイスホッケー部に持つ偏見などが解消されることを期待します。

それでは、アイスホッケー部の6つの魅力という点からアイスホッケー部のすべてを伝えていきます。

Twitterや、Facebookのタイムラインを遡る手を少しばかり止めて、読んで!!!

1分もかからないから!!テント列ばりの強引な勧誘

この集団に通せんぼされてテント列に入った新入生も多いことでしょう。

アイスホッケー部の魅力1:スピード感と激しさ。

「あなたはアイスホッケーを一度でも生で見たことがありますか?」

ダッシュをするときのスケート靴で氷をザッッザッッと削る音。パックを叩くときのパァーンという乾いた高い音。そしてそのパックがリンクの壁にバンッとぶつかる音。

初めて生でアイスホッケーの試合を見たのはこの東大アイスホッケー部の新歓の際でしたが、僕はその時にはもうアイスホッケーに魅了されていました。

アイスホッケーでは、パックと呼ばれる、重さ約160g、厚さ2.5cm直径7cmほどのゴム製の円盤とスティックを用います。

重さ160gといえば、学生証や定期券を入れたiPhoneを想像してもらうといいです。ですが、iPhoneよりも体積が小さいので少しずっしりしています。

 

いきなりですが、ここで問題です!以下のものを早い順に並べなさい。

・シュートした時のパックの速さ

・スケートの速さ

・ボルトの走る速さ

・井の頭線の急行の速さ

シンキングタイム、スタート!

答えは〜速い順にパック、井の頭線の急行、スケート、ボルトの順番です!じゃあ具体的な速度を交えて解説していきましょうか。

パックをしなるスティックで本気でシュートすると、160km/hほどのスピードが出ると言われています。一方で井の頭線の急行の最高速度は90km/hだそうです。圧勝ですね。(意外と井の頭線が遅い?)大谷のストレートの速度で氷の上をパックが行き来することを想像するとそのスピード感が少しは伝わるかな、、、?

そしてスケートを履いたアイスマンは、最高で60km/hものスピードで氷上を走り回るます。一方のボルトの最高速度は44km/hらしいので、間違いなく陸上では味わえないスピード感と言えますね!

陸上でボルトに勝てない人でも技術次第でボルトより早く走る感覚を味わえるんです!ちょっと興味湧きましたか??

シュートシーンです。真ん中の黒い円盤がパックです。とても小さいです。

ここで大事なのが「技術次第で」という部分です。どういうことかというと、一年間アイスホッケーをしてきて、スケートと身長の高さとはほぼ相関がないことがわかりました。

陸上で走る時と、氷上で走る時とは足の動かし方は全く違うので、氷上での走り方の技術を習得すればどんどん速くなります。今まで足が遅いと陸上のスポーツを毛嫌いしていたそこのあなた!今こそリベンジの時です!!!

さらにアイスホッケーの魅力といえば、氷上の格闘技と言われるほどの激しさですね。タックル、ボディチェック、危なくなければ何でもオッケーです。「危険そう!怪我しないの?」とかよく訊かれることがありますが、ほぼ怪我することはありません。安全です。

なぜなら、プレイヤーはレガース、エルボーをはじめとする合計10kg弱の防具を装着しているためです。実際に防具をつけて、氷上に乗るとコケても全く痛くないことに驚きます。新歓氷上などで是非防具をつけてスケートしてみてください。コケることが全く怖いと感じなくなりますよ!

新歓氷上は防具をつけてスケート体験ができる人気イベントです。

タックルの凄さは実際に試合を観戦してみないとわからないと思うので、ぜひ東大アイスホッケー部の試合を観戦して味わってください。

 

アイスホッケー部の魅力2:カレッジスポーツ

「アイスホッケー部って他の大学にもあるの??あんまりないよね??」

とよく訊かれるのですが、実は関東の主要な大学には大抵あります。関東の私立なら早慶上智MARCHも全てありますし、国立も旧帝の7大学をはじめ、関東では一橋、筑波にもちゃんと存在してます。

しかし、私立と国立では全く性質が違います。ズバリ経験者の数です。早慶をはじめとする私立の有名校は北海道や東北の小中高でアイスホッケーをしていた選手を推薦で獲得しており、関東の一部リーグでしのぎを削っています。

全員が昔からの経験者なのでスピード感が全然違います。早慶の定期戦も年に2回ほどやっているので気になる人は見に行ってみると凄さがわかりやすいと思います!お祭りみたいで楽しいので!

去年見に行った早慶戦での写真です。観客がとても多く、スポットライトも用いられていました。

東大の話に戻すと、東大は今年関東リーグで三部から二部に昇格しました。関東リーグは五部まで存在しており、二部はちょうど経験者主体のチームと初心者主体のチームが入り混じったリーグというイメージを持っていただけるといいです。

東京大学アイスホッケー部は一学年に一人経験者がいれば多いほうという圧倒的に初心者が主体のチームです。

二部の他の初心者主体のチームに比べても経験者は少ないほうです。二部定着を目標に掲げる東大ですが、そのために必要なことは言わずもがな、初心者のレベルアップですね。

二部昇格の瞬間です。感動が伝わってきますね。

二部で戦うために、東大アイスホッケー部は初心者に対するケアが手厚いのが特長です。東大には初心者歓迎と言いながら経験者8割、みたいな部活が多いなか、

アイスホッケー部は、

一般開放されている時間帯のリンクで上級生とほぼマンツーマンで一からスケート指導をする練習、

そして普段の練習では、上級生の練習の空いているスペースでできるよく練られたメニュー、

さらには一年生氷上という一年生のスキルアップのためだけの練習などを行い、

入って3ヶ月ほど経った夏合宿の頃には全員がある程度ホッケーが楽しめる程まで成長します。

初心者の場合、練習を重ねれば重ねるほどスケートの技術は向上するので、一氷上ごとに成長が実感できます。

マネージャーも新歓氷上の頃よちよちとペンギンみたいに恐る恐る氷上に乗っていた部員が、ぐんぐん成長して上手くなっていく姿を見るのが楽しいと言っていました。

新歓氷上での写真です。初めてスケートをする人は確実にコケます。

そのようにして初心者から手厚いケアで層の厚いチームを作った東大アイスホッケー部が、アイスホッケーをするために推薦で入ってきたプレイヤーの多い私立大に勝つ構図、どこかワクワクしませんか???

そこの「大学から何か新しいスポーツを始めたいな〜〜」と思っている新入生!!!

そこの「でも初心者で活躍できるスポーツがいいよな〜」と思っている新入生!!!

君の探しているスポーツはアイスホッケーかもしれないよ!!

→次は気になる深夜練について!

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

アイスホッケー部

今年、3部から2部に昇格した今運動会で一番熱い部活です。新入部員、マネージャー募集中です。

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ