【東大入試】白熱議論10時間!現役東大生が東大現代文をガチで解いてみた【2017年度解答速報】

LINEで送る
Pocket

設問(三):人間の営みは虚構でしかない!?

(三)「実践的判断が虚構的なものでしかないことは明らか」とあるが、なぜそういえるのか、説明せよ。

C5jfwsaUoAEP3Gd
icon_kodama-min

簡単にまとめると、「価値判断は論理的に基礎づけられないから、虚構に依拠するしかない」っていう話だよね。

icon_kameoka-min

それはそう。だけど、一歩進んで「なぜ価値判断は論理的に基礎づけられないか」を言いたいところだよね。設問は「なぜ」と問うてきているわけだし。

icon_taniguchi-min

そのあとの段落を見ると、価値基準が、時代や場所によって変動するというのが、一番大切な基準であると思う。価値基準が変動するなら、価値判断も確固たるものではありえないわけだし。

icon_kodama-min

ふーむ…。ユージンの話を聞いていて、傍線部の「明らか」には2つの解釈があると思った。一つが「自明」で、もう一つは「明白」。

icon_kameoka-min

なるほど。「自明」というのは演繹的に導けるということで、「明白」というのは経験的に根拠付けられるってことか。となると、ここで筆者が使っている「明らか」は「明白」の意味で、経験的な根拠しか持たないってことを意味する?次の段落はぜんぶ例示だし。

icon_kodama-min

もし、演繹的に解答しようと思ったら、背理法を使うしかない。そうすると、「価値判断が論理的な基礎付けを持つ」ことを仮定して矛盾を導かないといけない。しかし、本文にはそういった記述は見当たらない。だから、やっぱり経験的な話だけでいいのだと思う。

icon_kameoka-min

この問題は、傍線部の次の段落に長々と例示されている事柄をうまく一般化する問題だったということか。大学で使う頭の使い方を見るにはぴったりな問題だな。

icon_taniguchi-min

まとめると、「価値判断するのには価値基準が必要」→「価値基準は時代や場所によって変動する」→「価値判断するためには価値基準を虚構によって設定しなければならない」という論理になるよね。

icon_kameoka-min

概ねそれでよいし、これ以上は本文からは読み取れないと思う。だけど、それを分かった上で言うと、「なぜ人間はそもそも価値判断するのだろう」というところまで突っ込めたら素敵だなと思った。「虚構を紡いでまで、価値判断をするのはなぜか?」という問い。それはつまり「価値判断から人間は逃げられない」ということを僕たちに突き付けていると思う。

IMG_6333

<まとめ>

次のことをうまくまとめればOK!

  1. 倫理的判断(価値判断)は、ある基準によって支えられている。

  2. その基準は、時代や場所によって変動する。

  3. (2のことは)経験的に知られることである。

解答: 価値判断を支える基準は時代や場所によって揺れ動くことは経験的に明らかであるように、ある時点での想像によらない価値判断はあり得ないから (65字)

次ページ:人間のあり方が変わるとは?

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

解くから問うへ Inqiuring based learning https://schip.me

この記事に感想を送る▼

メールアドレス (必須)

メッセージ